2015-03-27 21:30

サヨクの異常性を社会が認知し始めた


埼玉県新座市のプロ市民団体「にいざジェンダー平等ネットワーク」が、中学生向けの慰安婦展示を行うため市営ギャラリーに申請を行ったところ、ギャラリー使用要領に反するとして却下された。新座市教委は、全員一致で不適切と判断したらしい。

中学生に慰安婦問題を教え込むという発想自体がおぞましく、未然に防いだ新座市教委の良識に安堵する。拒否は当然の判断だが、その当然の判断を下すことが難しい。何故なら、拒否すればプロ市民共から抗議が殺到することは目に見えていた。

本件においても、プロ市民共はただちにサヨクマスコミにリークして、東京新聞らが「ゆゆしき問題」等とプロ市民支援記事を書いている。最悪、訴訟を起こされるリスクもあるのに、市民を守るため毅然と突っぱねた市教委の勇気は賞賛に値する。

もちろん、市教委はしっかりルールに基づいて判断を下している。ギャラリー使用要領によると、次の5条件に該当する場合は利用を拒否できる。

(1)宗教的活動を目的とするもの
(2)政治的活動を目的とするもの
(3)営利行為を目的とするもの
(4)各種事業、行事、活動等の啓発および推進を目的とするもの
(5)公序良俗に反するもの


今回は、(4)の「啓発目的」に該当すると判断された。個人的には、(3)以外は全て該当すると思う。ジェンダー教の普及が目的だし、どうせ共産党や社民党あたりとも協力関係にあるだろうし、事実に基づかない中学生向け性奴隷教育は公序良俗に反する。

一方、拒否されたプロ市民団体は激怒し、馬鹿の一つ覚えの「表現の自由の侵害」を主張している。自由をはきちがえた身勝手な権利主張だ。また、市教委は展示物を確認せず判断したらしく、そのことについても反発を強めている。

笑わせるな。ジェンダー教団の啓蒙資料など、見なくても内容は分かる。面倒な手間を省いてくれた市教委に感謝しろと言いたい。それに、事前提出させ内容をチェックして拒否すれば、「検閲」だの「戦前回帰」だのと批判するのだ。付き合ってられるか。

最近、公的機関がサヨクプロ市民の支援から手を引く事例が増えてきた。

これはつまり、社会のサヨクプロ市民に対する認識が変化してきたのだろう。平和とか人権とか社会正義を訴える「市民団体」が、実は社会や人々を惑わし害をなす「プロ市民団体」であると認知され始めたのだ。要は連中の正体が社会にバレた。

かつては社会の良識とされたサヨク思想の、幾重にも塗られたメッキは剥がれに剥がれ、露出したおぞましい姿に社会は嫌悪した。この速度で社会の認識が正常化すれば、サヨク思想が市民権を失う日もそう遠い未来ではあるまい。実に楽しみだ。




東京:新座市が「慰安婦」展拒否 「啓発的事業」理由
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015032502000121.html
 埼玉県新座市の市民団体が「慰安婦」をテーマにした中学生向けのパネル展を市施設のギャラリーで開催しようとしたところ、市教育委員会が内容を把握しないまま拒否したことが分かった。市教委は、ギャラリーの使用要領で許可しないと定めた「啓発的な事業」に当たるとするが、識者はこの要領自体も疑問視。市民団体は「表現の自由を侵害している」などと反発している。
 パネル展「中学生のための『慰安婦』展」は、「にいざジェンダー平等ネットワーク」が今月二十七日~四月七日、市施設のふるさと新座館一階ギャラリーで、十三枚の展示を企画した。「戦後、『慰安婦』たちはどうなったのですか」といったQ&A形式の文章に、図や写真を添えている。韓国や中国、フィリピンの元慰安婦の証言も紹介している。
 共同代表の谷森桜子さん(67)らによると、一月二十二日、館長がいったん申請を受け付けたが、数時間後に「市教委の許可が必要」と電話があり、求められてパネル展のチラシを提出した。二月十日に文書で「使用要領の『啓発的な事業』に該当するため許可できない」と回答があった。
 この新座市民ギャラリー使用要領は、一九九八年に定められたとみられる。第六条では「各種事業、行事、活動等の啓発および推進を目的とするもの」は許可しないとあり、幅広く適用できるようにも読める。
 ネットワークは、使用許可を求めて市教委に請願を提出。市教委は二十四日の定例会で、全会一致で不採択とした。金子広志教育長(67)によると、館長や教育長を含む教育委員全員がパネルの内容は把握していないという。
 パネルは、東京都新宿区の「女たちの戦争と平和資料館」(wam)が制作。昨年十月から全国の希望者に貸し出し、公共施設など十七カ所で展示された。東京都三鷹市の市民団体「フィリピン元『慰安婦』支援ネット・三多摩」は一月、武蔵野市の武蔵野芸能劇場で戦争がテーマの写真展を開き、今回のパネルも展示した。
 wamの池田恵理子館長(64)は「公共施設が開催を拒否したケースは記憶にない。『慰安婦』は一九九七年度採択の中学校教科書に掲載されたことがあり、現在も高校の教科書に登場する。抗議を恐れて市教委が自主規制したのであれば由々しき問題だ」と話している。
"【新座市民ギャラリー使用要領】
第6条 庁舎管理責任者は、次に該当する使用については、許可しないものとする。ただし、庁舎管理責任者が特別の事情があると認めた時は、この限りではない。"
"(1)宗教的活動を目的とするもの
(2)政治的活動を目的とするもの
(3)営利行為を目的とするもの
(4)各種事業、行事、活動等の啓発および推進を目的とするもの
(5)公序良俗に反するもの"
"◆「啓発」制限 使用要領は問題
 筑波大の手打(てうち)明敏教授(社会教育学)の話 「啓発的な事業」を制限する使用要領はおかしい。「中学生のための」とタイトルにあるなら、教育的な配慮から内容について一定の制限や条件をかけることはあり得る。"
 ただ今回のケースは展示内容を十分に精査したとは思えない。日韓問題や歴史認識を背景に「慰安婦」というテーマに敏感に反応したのではないか。開催拒否は市民の学習機会を奪うもので、もっと慎重に判断するべきだ。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民
ジャンル:政治・経済

  1. プロ市民
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

こんにちは、

安保闘争時以左翼が礼賛されましたが、内ゲバだのハイジャックだの民間企業爆破だので民衆は離れました、安田講堂選挙と間山荘事件は決定打でした。
現在かつての事件群は忘却の彼方にあり、彼等の新たな拠り所は下半島に移っています。昔の日本は悪かった。安倍はそれを無視しているので悪人だと。
少しずつですが、下半島の馬鹿さ加減も手伝って「民意」はまたも彼等から離れていっているようで。
  1. 2015-03-28 11:20
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

こんにちは。

常識的に考えれば、どんな施設でも借りるに際して、事前に利用規約を確認するのが大人のやり方です。
してみればプロ市民側は、問題を大きくするために知っていながら後から騒ぎを演出した、という事になります。
利用規約を知らなかったという言い訳は通用しません。

新座市と市教委は、プロ市民団体のPR戦術にまんまとハメられたことになります。特にWAMの池田理恵子氏は元NHKディレクターなので、こうしたやらせ演出はお得意でしょう。
このような自作自演騒ぎはサヨクが得意とする戦術なので、行政側も十分な注意が必要です。

追伸:先日の金秀建設によるキャンプシュワブ駐車場建設の落札の件ですが、入札・契約状況調書が沖縄防衛局HP上に記載されていました。

http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/01nyusatsu/kensetsu/kekka/h23nyusatu-kouji/198.pdf

沖縄防衛局はこの他にも様々な入札情報を掲載しているので、興味ある方は是非御覧になられる事をお勧めします。

表にはなかなか出てこない、沖縄の現実が垣間見えます。
  1. 2015-03-28 16:05
  2. URL
  3. cn2100 #-
  4. 編集

To kogumaさん

こんばんは。

死傷者を出す内ゲバや大きな犯罪を起こせは民意が離れるのは当然なんですけど、現在の凋落はもっと身近なと言いますか、小さな積み重ねが嫌悪感を蓄積させ、それによって静かに民意が離れて行っている様に思います。それこそ、嫌韓が広がったみたいに。

ですから、韓国なんぞとお近づきになったところで逆効果でしょうね(笑)。

  1. 2015-03-28 20:14
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To cn2100さん

こんばんは。

沖縄防衛局の入札結果、言われてみればのぞいたことがありませんでした。沖縄県のデータは漁ったことがあるのですが、情報が多すぎて投げ出しました(笑)。

防衛局はは面白そうですね、時間のある時に色々と調べてみようと思います。

新座市の件ですけど、これまで同様の資料を用いたイベントは何度も開催していて、問題になったことはなかったそうです。であれば、突然拒否されたプロ市民共が困惑し怒るのもやむ得ないかと。

しかし、いくら連中が怒声を上げても、この潮流はもういかんともしがたいでしょうね。ざまあです(笑)。

  1. 2015-03-28 20:22
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

 2009年に三鷹市でこの仲間が同様に中学生の為の慰安婦展をやって、その時は在特会が強硬に抗議しました。
 
 その時わかったのですが、会場になった三鷹市市民協力センターの運営の出鱈目さです。

 http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-3075.html

 叩けばこの種の問題が色々でてくるんじゃないでしょうか?
 だからもう自治体側も禁止するしかなくなったのでしょう。
 
  1. 2015-03-29 10:11
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

2009年とは、そんな古いエントリーをよく覚えてますねぇ。私なんぞは書いたはじから忘れていきます(笑)。

にしても、三鷹の事例は酷いですよね。保守派というアリの反撃を、サヨクという巨人が踏み潰す戦いで、現在からみると隔世の感がありますし、10年もたたずしてここまで世の中が変化したことに喜ばしくもあります。
 
仰るとおり、同様の問題は全国にいくらでもあるでしょうね。一々話題にはなりませんけど、私の身の回りでもプロ市民団体のイベントはよく見かけます。まあ、徐々に駆逐されていきますよ。きっと。

  1. 2015-03-29 19:14
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する