2015-04-01 22:12

無花粉杉では間に合わぬ


国民病となった花粉症の撲滅に向け、国や自治体は無花粉杉・少花粉杉(従前品種の1%程度)を開発し、順次植え替えていくよう支援を行っている。平成27年度予算では、ようやく林野庁が補助金付きの植え替え支援を盛り込んだ。大変結構!。

杉の苗木定植数は、林業・林業者の縮小に伴い年々減少しているが、それでも年間1500万本になる。その内、無花粉・少花粉杉は200万本程度が使用されてきたが、林野庁は補助金をつけることで1000万本にまで増加させたい意向だ。素晴らしい!。

しかし、大変結構で素晴らしい話ではあるものの、実際問題として喜んでばかりもいられない。というのも、植え替えペースが遅すぎて、効果が現れるまで待っていられないからだ。待っていたら、花粉が無くなる前にno-risuの寿命が枯れ落ちる。

現在、杉林は人工林の面積だけでも448万haだ。杉の苗木は1haあたり1600本くらい定植される。苗1000万本なら植え替え面積は0.625万haだ。1000万本と聞くと頼もしく感じられるが、このペースでは全てが植え変わるまでに717年かかる。

もちろん、ある程度植え替えた段階で改善効果が見られ始めるだろう。でも、何割植え替えれば効果が出現するのかは不明だし、1割植え替えるだけでも70年以上かかるわけで、どう考えても効果が出る前に今の患者全員が死んでしまう。

大袈裟では無く、花粉症は憲法で保障された基本的人権の侵害である。人生の1/4を花粉症で苦しむとか、そんな哀れな人生は真っ平ごめんだ。我々は、日本政府は、花粉に蹂躙された人権を直ちに取り戻すべきではないのか。患者を救え。

方法はある。花粉症患者なら、誰もが一度は願うであろう杉林の根絶方法だ。その技術は太古の昔から存在し、費用対効果が高く、必要な労力や財政負担は少ない。やれ。


焼き払え! 

blog_import_524d6e3f0c5b7.jpgblog_import_524d6e3ff4102.jpg



東京:少・花粉スギ 後押し 林野庁 花粉症対策に本腰
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2015031202000124.html
 国民病と呼ばれる花粉症の対策に林野庁が本腰を入れる。補助金を出して従来のスギを伐採し、花粉の出にくい苗木に植え替えを促すのが柱だ。これまでも花粉症対策の苗木は供給されていたが、全体の約一割にすぎず、植林を順調に進めるには林業現場の協力を得られるかが鍵を握る。 (小野谷公宏)
 戦後、日本では木材の供給量を増やすため、成長が早いスギの植林が進んだ。現在、人工林のうち四割強をスギが占めており、花粉症が広がる原因の一つとなってきた。
 改良した苗木は、一般のスギと比較して花粉の発生量を1%以下に抑えたのが特徴。林野庁はこれまでも普及を後押しし、苗木の供給量は二〇〇〇年代半ばから増えているが、伸びは緩やかだった。一三年度に供給された約千六百万本の苗木のうち、花粉症対策の苗木は約二百万本にとどまっている。
 新年度予算案では、従来のスギを切って、新しい苗に植え替える場合に支給する補助金を盛り込んだ。伐採や除去、植栽などの経費に対して国と都道府県が合わせて約七割を負担する。一七年度には花粉症対策の苗木供給量を一千万本に引き上げたい考えだ。
 しかし、新しい苗木がうまく成長していくか判断するには時間がかかるため、「林業業界では実績のある従来の苗木へのこだわりが強い」(林野庁)ことが植え替えのハードルとなっている。林野庁は関係者の理解を得ることが重要だとして、今後は新しい苗木の成長性の高さなどを訴える啓発活動にも力を入れる。
 また、林業の低迷も植え替えの逆風になっている。国産のスギ価格は近年やや持ち直しているが、ピークだった一九八〇年と比べると、三分の一程度で推移。「木材が高く売れる保証はないのに、わざわざ新しい苗を植えようという意欲はわかない」(岐阜県の山林所有者)と冷めた声もあり、花粉症対策には林業再生もカギになりそうだ。


産経:安倍首相、花粉症撲滅を宣言 自らも花粉症「話をするだけで目がかゆくなる」
http://www.sankei.com/politics/news/150327/plt1503270035-n1.html
 安倍晋三首相は27日の参院予算委員会で、自らも花粉症に悩まされていることを告白した上で「来年度から発生源のスギの伐採と同時に、花粉の少ない苗木への植え替えを支援する。花粉の少ない森林への転換を進めていきたい」と述べ、花粉症撲滅に向け対策を進める考えを示した。
 維新の党の小野次郎氏は「今週は(花粉症の症状が)特にひどい。スギ花粉症は日本にしかなく、人災であり公害の一種だ」と指摘し、政府の取り組みをただした。
 首相は、国民の約3割がかかっているとして「社会的、経済的にも大きな影響を与えている。政府を挙げて対応すべき大きな課題だ」と強調。同時に「スギ花粉の話をしているだけで、何となく目がかゆくなってくる」と症状を訴え、場内の笑いを誘った。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本を正常な国に戻したい
ジャンル:政治・経済

  1. 花粉症
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

私はかつて花粉症で悩んでいた時期がありました、高校生のときに発症しまして、ピーク時には何の感覚もないまま鼻水が垂れてきて、この状態が社会人になって以後も続いたものですから何度か恥ずかしい思いをしたことがありました。
それが今は特にこれといった治療はしていないにもかかわらず、花粉症はほぼ消えています。
その理由として一番可能性が高いと思っているのが体質改善のために飲みはじめたビフィズス菌の粉末でした、飲み始めてから3年位経ったころ「そういえば今年は花粉症ずいぶん楽だな」状態になり、年を追うごとに症状が改善し今に至ります。
ポイントは体質改善を図ることであり、花粉症の時期だけの対処療法的なものではなく、毎日を数年にわたってすることが効を奏したのだと思っています。
今は飲むのをやめてから5年以上過ぎましたが、再発の兆しは無いようです、体質が改善されたからだと思います。
ビフィズス菌はひと月分1000円もしない安物でした、まだお試しされていなければno-risuさんも試されてみてはいかがでしょうか。
ご参考までにということで、失礼しました。
  1. 2015-04-02 15:00
  2. URL
  3. 忘れた #cptS1ulI
  4. 編集

To 忘れたさん

こんばんは。

こんなエントリーを書いておきながらあれですけど、今年の花粉症はとても軽いです。「今年の花粉は例年の数倍!」なんて脅されていましたが、大した症状も出ないまま収束シーズンになろうとしています。

で、ビフィズス菌ですか。体質改善が花粉症を軽減するだろうとは思いますが、ビフィズス菌を毎日飲むなら舌下免疫療法を試したいと思います。

思いますが、こっそり試してみる可能性も無きにしもあらずです(笑)。情報ありがとうございました。

  1. 2015-04-02 21:01
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

恒例の

no-risuさん、こんばんは。

今年はいつか今年はいつか、と桜の開花とともに待っておりましたが、よりにもよって風邪で寝込んでいるうちにアップされているとは!無念!

「焼き払え!」とまではしなくていいと思いますが(延焼怖いし)、このご時世では思い切って一度スギをなくしてしまってもいいような気はしますね。

代わりに、無花粉スギが十分な数になるまで、林業従事者には「花粉症患者基金」から一定の補助を出すようにすればいいのではないかなどと考えてしまいます。花粉症患者一人から100円ずつ集めても十分な額になりそうな…。
今や、不要なスギ林もあるわけで、焼き払うついでに広葉樹に植え替えるものいいと思いますよ。
秋には紅葉見ながら美味しいお酒が飲めますし。
  1. 2015-04-03 23:29
  2. URL
  3. mine-y #-
  4. 編集

To mine-yさん

こんばんは。

はて、恒例とは何のことやら・・・。

今年は花粉症の症状が軽く、例年ほど憎悪の念が強まらないので遅くなりました。

基金を作るのなら、国がガッツリ予算をつけるのもわりと本気でありだと思います。花粉症は明らかに国の経済に悪影響を与えていますし、基金を作って花粉症撲滅の官製ビジネスを創出すれば良いかと。誰も文句は言わないでしょうし。


  1. 2015-04-04 18:56
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する