2015-04-02 21:26

妖怪ウォッチをエサに集められた幼児達、子を騙したDQN親


あまりにも醜い護憲派のエゴとしか言い様が無い。


youkaikennpou2.png


3月31日、川口市で人気アニメ「妖怪ウォッチ」の「ようかい体操第一」を踊る護憲イベントが開催された。妖怪ウォッチ体操で憲法を学ぶ、護憲派風に言えば妖怪ウォッチ・de・憲法か。自分で書いておきながら、何を言っているのか意味が分からない(笑)。

妖怪ウォッチと憲法改正反対、両者にいったい何の関連性があるのか。その意味はさっぱり分からないが、はっきりと分かることもある。多くの幼児らが護憲派DQN親のエゴの犠牲になったこと、唾棄すべき幼児洗脳教育が強行されたことだ。

当たり前だが、妖怪体操を踊ったのは護憲派DQN親ではなくその子供達だ。まあ、中には一緒に踊り狂った気色悪いアホ親もいたかもしれないが、当日の写真を見る限りでは、年端もいかぬ無垢な幼児らが踊っている。



youkaikennpou.jpg


客観的な気持ちで画像をご覧いただきたい。一見すると楽しげな妖怪ウォッチのイベントだ。しかし、それが実は護憲教育イベントだと知らされたらどうか。何とも背筋の寒くなる光景ではないか。

断言するが、「憲法を学びたい!」なんて動機で参加した幼児は一人もいない。幼児は「妖怪ウォッチのイベント」を目的に参加している。要するに、護憲派DQN親が妖怪ウォッチをエサに我が子を誘い出した。これは何らかの犯罪と呼ぶべきではあるまいか。

イベントは朝日新聞と東京新聞が報じていて、東京新聞の記事では「楽しく踊りながら憲法を学んだ」と書かれいてた。楽しく踊ったのかもしれないが、楽しく憲法を学んだわけではあるまい。どう見ても、幼児らは憲法を理解できる年齢にない。

まあ、親の方は楽しかったに違いない。第三者から見れば、親に騙され連れ出され刷り込み教育を受けさせられている哀れな幼児でも、護憲派DQN親にとっては清く正しい教育なのである。

まるでカルト教団の洗脳集会だ。これだから護憲派は嫌いなのだ。こんなイベントが堂々と開催され、大手メディアも微笑ましく報じるおぞましさ。no-risuは、意見が違うというだけで他人を嫌ったりはしない。護憲派の人間性が大嫌いなのだ。




東京:楽しく踊って憲法学ぼう 川口でイベント ラッキィ池田さんも参加
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20150401/CK2015040102000152.html
 人気アニメ「妖怪ウォッチ」で「ようかい体操第一」の振り付けを手掛けた振付師のラッキィ池田さんと弁護士が共演し、子育て世代の女性に憲法への関心を高めてもらうイベントが三十一日、川口市の川口駅前市民ホールで開かれた。県内の園児や母親ら約三百五十人が参加し、楽しく踊りながら憲法を学んだ。
 主催したのは、全国の弁護士有志でつくる「明日の自由を守る若手弁護士の会」。同会会員で、母親らに憲法を分かりやすく伝える「憲法ママカフェ」を県内や東京都内で開いている竪十萌子(たてともこ)弁護士(33)=埼玉弁護士会=の活動に、ラッキィさんが賛同し実現した。
 この日はラッキィさんの指導で親子がようかい体操第一を踊り、竪弁護士は「自由に楽しく踊れるのも憲法のおかげ」と説明。母親たちは「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」の憲法三大原則を覚える早口言葉にも挑戦した。
 三歳の長女と参加した富士見市の主婦小栗知美さん(40)は「普段は育児に追われ学ぶ時間がなく、このようなイベントはありがたいです」と話していた。
" 三十日には草加市内で「憲法親子カフェ」も開かれ、参加した小学生や母親ら二十五人が竪弁護士から憲法の意義を学んだ。
 過去の憲法ママカフェに参加した同市内の主婦遠藤良美さん(34)が知人らに声を掛けて開催した。竪弁護士は、憲法九条などの改正論が出ていることに触れ「国民が関心を持ち続けないとあっという間に日本の形は変わる可能性があります」と語った。"
 参加した同市の西間木優也君(9つ)は「何で戦争が起きるのか気になっていたけど、よくわかりました」と話していた。 (竹内章、鷲野史彦)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:憲法九条
ジャンル:政治・経済

  1. プロ市民
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

こんばんは。


>「普段は育児に追われ学ぶ時間がなく、このようなイベントはありがたいです」と話していた。

このようなイベントに参加する暇があるなら、自主学習する時間はあるはずですがねぇ。

>「自由に楽しく踊れるのも憲法のおかげ」

日本国憲法はダンスまで規制していませんし、強大な軍事を保有するアメリカや支那でさえ、ブレークダンスや太極拳(厳密にはダンスではありませんが)なんかは、当該国の憲法が禁止してませんが。彼等にとっては子供向けダンスはただのダシなんでしょう。
  1. 2015-04-03 01:57
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

 頭に象のジョーロを乗せて踊るって、オウム真理教のダンスを思い出しました。

 カルトのやる事は皆同じですね。
  1. 2015-04-03 19:03
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

こんばんは。

ただのダシ、間違いありませんよ。他に何と言えば良いのか適当な表現は思い浮かびません。

でも、護憲派DQN親にそう言えば、全力で否定してくるに違いありません。でも、何が違うのか聞けば答えに詰まるでしょうね。

まあ、現実には問い詰める良識派の隣人も居ないでしょうから、DQN親は勘違いしたまま子供を道具に利用し続けるのでしょう。何か悲しいですね。

  1. 2015-04-03 22:47
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

頭にジョウロはラッキー池田の芸風だそうです。何の意味があるのかはよく知りませんが・・・。


  1. 2015-04-04 18:50
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する