2015-04-23 21:22

枝野ってこんなにアホだっけ?


3月頃から、民主党の枝野幹事長が政権批判を連発するようになった。しょうもない批判内容なので軽く聞き流していたが、こうも執拗に続けられるとさすがに耳障りだ。そして、不愉快に感じると同時に、「枝野ってこんなにアホだったか?」と首を傾げたくもなる。

3月25日、枝野は安倍総理が自衛隊を「我が軍」と表現したことに噛み付いた。「我が国の自衛隊であり、安倍さんのものではない」と。しかし、過去には民主党も「我が軍」と発言しており、当時の自民党やメディアらは特に問題視しなかった。

当たり前の話だ。一般的な常識として、「我が軍」の「我が」は個人的所有物などと解釈しない。「我が社」の意味が「私達の会社」であり、「我が国」が「私達の国」を意味する様に、「我が軍」も「私達の軍」「日本の軍」と解釈するのが妥当だ。

そもそも、安倍総理が自衛隊を個人の所有物と考えるなど、確認するまでも無く普通に考えればありえないと分かる。枝野は憲法まで引き合いに出して「我が軍」発言を批判したが、自身の国語能力の低さを世間に知らしめる結果となった。

4月9日、政府が2030年のエネルギー構成で再エネ比率を20%台と想定したことについて、「産業競争力強化の観点からこんなに低い目標は論外」と吐き捨てた。しかし、再エネ比率を高めれば産業競争力は低下するはずで、枝野の主張には何ら根拠が無い。

4月19日、自民党がNHKとテレビ朝日の事情聴取を行うと、枝野は「公然と呼び出して圧力をかけるなんて、普通は恥ずかしくてできない」「ボコボコにされるのが分かってるのに、のこのこついて行った方も報道機関としての矜持がない」などと批判した。

しかし、民主党は籾井NHK会長の糾弾会を強行しているし、政権時代はメディアに対する恫喝や取材拒否など、その傲慢な姿勢は自民党の比ではなかった。自民党の聴取は放送法が背景にあり、感情的にメディアを恫喝した民主党に批判する資格は無い。

さらに4月22日、官邸の屋根に不審なドローンが発見されると、「自衛隊の海外派遣などにうつつをぬかしている前に、対策をしっかりとやるべきだ」と安倍政権を批判した。だったら、民主党はこの問題に取り組んだのか。

民主党は何もしていなかった。問題意識も無かった。何て卑怯な奴だ。何か事件が起きてから、後出しで批判するならは誰にでも出来る。

いくつか抜き出して紹介したが、枝野の稚拙な政権批判は他にもまだまだある。どうした枝野。枝野は民主党の中で比較的マシな人間だと思っていたが、あれは無能集団民主党の中にいたから相対的にまともに見えただけだったのか。

幹事長がこのレベル、民主党はますますもってお先真っ暗だな(笑)。




産経:枝野氏「自衛隊海外派遣にうつつぬかす前に対策を」
http://www.sankei.com/politics/news/150422/plt1504220027-n1.html
 「自衛隊の海外派遣などにうつつをぬかしている前に、対策をしっかりとやるべきだ」と語り、安倍晋三政権の対応を批判した。

朝日:民主・枝野氏「NHKとテレ朝、のこのこ出て行って」
http://www.asahi.com/articles/ASH4M6451H4MULFA00C.html
 自民党のやっていることは、「ちょっと気にくわないから体育館の後ろに来いよ」って呼び出すみたいなもんです。ボコボコにされるのがわかってるくせに、のこのこついて行った方も、報道機関としての矜持(きょうじ)がない。
 自分に都合の悪い報道をしたから、公然と呼び出して圧力をかける。もちろん、この2年間だって公然とは呼び出さずに圧力をかけていたんだと思うが、普通は恥ずかしくてできないですよね。うっぷん晴らしですよ。我々は厳しくやっていかないと危ない。政治が右傾化するというレベルではないと思っていて、社会が幼稚化している象徴だと思っています。


WSJ:再生エネ20%台「論外」=枝野民主幹事長
http://jp.wsj.com/articles/JJ10266947220273263544719368595051879811648
 政府が2030年時点の総発電量に占める再生可能エネルギーの比率を20%台半ばで調整していることについて、「産業競争力強化の観点からこんなに低い目標は論外」と批判した。

産経:首相「わが軍」答弁に菅氏「まったく問題ない」 民主・枝野氏は批判
http://www.sankei.com/politics/news/150325/plt1503250036-n1.html
 安倍晋三首相が国会で自衛隊を「わが軍」と答弁したことについて「憲法に陸海空軍その他の戦力を持たないと明記されている。説明がつかない」と批判した。「わが国の自衛隊であり、安倍さんのものではない」とも語った。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治
ジャンル:政治・経済

  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

困ったものですね。

アホなのでしょうね。

ダメ菅さんとフクイチの無能な対応がトラウマになって脳内お花畑になったのでしょうね。

民主党は朝日新聞と一緒でとにかく自民党、安倍政権の一強政治対し天敵のごとくに批判しないと野党の存在感が示せないと思ってるのではないでしょうか。

もっと論理的に是々非々の対応が民主党浮揚のチャンスだと思うのですが。

なかなか・・・・。
  1. 2015-04-24 07:01
  2. URL
  3. そうかせんべい #-
  4. 編集

 民主党に限らず最近の反安倍派の劣化が無残で、愚にも吐かない言葉狩りや、幼児の喧嘩のような罵詈雑言や、民主党式ブーメラン投擲しかできなくなっています。

 これじゃ安倍さんも安心でしょう。
 
  1. 2015-04-24 10:33
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To そうかせんべいさん

こんばんは。

ですね、もっと論理的に人々を説得させる政治力を見せなければ、民主党は終焉まっしぐらでしょう。まあ、浮揚しなくても全然問題ありませんけど(笑)。

余談ですが、朝日新聞は近々べた褒めする予定です。

  1. 2015-04-24 21:00
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

安倍総理は、もうすでに民主党ごとき眼中にないかもしれません。

国会でのやり取りを見ていても、余裕を通り越して呆れている感があります。批判内容があのレベルでは、敵対勢力としてプレッシャーを感じることもないでしょうね。

  1. 2015-04-24 21:03
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

いつも拝見しています。
枝野のアホぶりって今に始まったことでは無いのでは?って気がします。
現在はどうか知りませんが、民主党の事務方は殆ど旧社会党の残党組とかって何かで読んだことがあります。政権担当時代はなんだかんだと言っても官僚から情報がきますが、野党になってからはその情報ルートが無くなってしまったのでは?腐っても鯛で自民党はずっと政権担当してきましたから、野党時代も情報のルートを持っていたと推測するのですが。事務方が何でもかんでも与党反対の社会党の残党組であれば、何も情報が無いのでは?実際国会でも、週刊誌ネタや新聞ネタでウダウダ言ってましたからね。また、以前だったら築地の新聞社や六本木のTV局が後追いの報道をして援護射撃してくれましたが、この頃援護射撃されるとむしろ一般大衆はソッポ向いてしまうのではないかなって気がしてなりません。
それにしても、枝野もそうですが岡田・細野・R4等々顔つきが醜くなっていくのでは何故でしょうか?
  1. 2015-04-25 14:00
  2. URL
  3. 稲羽の白兎 #0MXaS1o.
  4. 編集

To 稲羽の白兎さん

こんばんは、ありがとうございます。

やはり以前からアホでしたか(笑)。

民主党の事務方は殆ど旧社会党の残党組、正確な割合などは知りませんが、たぶん当たっていると思いますよ。旧社会党組はベテランが多いので、必然的に役職組になりますからね。

官僚とのつながりですが、政権時代の民主党は政治主導を掲げ政務三役を置き官僚を無視していました。政権時代に情報ルートを構築できず、今もそのままルート無し、といったところだと思います。

顔つきについて、私もよく思います。特に枝野。かなり人相が変わりましたね。逆に、岡田は昔とあまり変わっていない様に思います。昔も今も変わらず、魚の死んだような目をしています(笑)。

  1. 2015-04-25 19:35
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

やっぱり枝⭕は国民に真実を公表しなかったんだな、中国の民兵船長の巡視船への体当たりを隠し通した仙谷共々、国民をナメトンのか、この野郎、こんな奴らの政府は危なくて仕方がない、気がついたら中国陣営だったって事が起こりえる
  1. 2016-06-17 12:15
  2. URL
  3. 枝⭕はアホ #-
  4. 編集

枝⭕、⭕也共々、国民を守るより、憲法を守る事の方が重要だと思ってるらしい、馬鹿か、憲法を抱っこして静に寝てろ、馬鹿
  1. 2016-06-17 12:21
  2. URL
  3. 民進党はアホばっか #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する