2015-05-14 21:14

応援演説に見せかけた橋下殺し

5月17日に迫った大阪都構想に係る住民投票。橋下市長ら維新大阪組は総力を挙げているが、江田代表ら維新東京組からはまるで熱が伝わってこない。仲間のくせになにをしているのかと思っていたが、ようやく江田も応援演説に入った様だ。

しかし、江田の応援演説を報じた朝日新聞記事を読んで絶句した。江田は都構想と橋下市長への理解を求める一方で、「都構想否決=橋下市長の政治家引退」をやたら強調していたからだ。当該発言を以下に抜粋する。


 「大阪都構想が住民投票で否決されれば、橋下徹という政治家は完全に引退をします。彼も明言をしています。私は半年以上前から聞いております。」

 「これだけの年月をかけ、これだけの労力をかけ、600回以上のタウンミーティングをして説明をし尽くしているのに、大阪市民の信頼が得られないとなれば、政治家否定ですから、これは橋下徹という政治家は完全に引退をします。」


なんだこれは!?。

好意的に解釈すれば、大阪市民の橋下愛の強さを信用し、市民の感情に訴える応援演説にも聞こえる。しかし、都構想反対派の明白な優勢が伝えられる現状で、「否決したら引退」をことさら強調するのはあまりにも不自然だ。

第一、どうして都構想の否定が橋下市長という政治家の否定になるのか。政策の否定イコール政治家の否定なんてロジックは理不尽だ。議論の分かれる政策で少数派になれば、それをふまえて政策を修正するのが政治家の責務だろう。

しかも、橋下市長は一貫して都構想を掲げて選挙に勝利し続けてきたわけで、江田の理屈なら橋下市長は完全に肯定された政治家だ。それを1回の住民投票で負けたら全てご破算、完全否定して政治家生命を絶つとか、どう考えてもおかしい。

まして江田は維新の代表だ。橋下市長が負けたら引退と無茶をぬかすなら、全力で慰留すべき立場にあるはずだ。少なくとも、応援演説で積極的に触れるべき内容ではない。あえて強調したのは、裏に別の意図が込められているからに決まっている。

江田は釘を刺したのだ。都構想の否決を見越し、万が一にも橋下市長が引退を撤回しないよう、牽制し念押したのだ。要は応援演説を利用した橋下殺しである。何故そんなことをするか?。分かりきったこと、江田にとって橋下市長は邪魔だからだ。

江田は権力欲に取り憑かれた政治ゴロである。維新は野党再編までの仮宿で、橋下市長にも都構想にも興味は無い。だから、みんなの党の存続に固執する渡辺代表をDHCと組んで潰し、党を解体させた。次は首尾良く寄生した維新の乗っ取りだ。

これは明白で、江田は大恩ある維新に対して不義理を繰り返してきた。党名から維新の名称を消滅させようとしたり、民主党と勝手に連携を進めたり、党運営から大阪組を排除しようとしたりと、露骨なまでに維新を牛耳ろうとしてきた。

そんな江田の目論みをことごとく阻止したのが橋下市長だ。目障りでしかたないが、橋下市長は人気が衰えず迂闊に手を出せない。ところが、ここにきて橋下市長が自分から「住民投票で負けたら引退」と言い出した。しかも敗色濃厚ときたもんだ。

千載一遇の好機到来、江田は応援演説に見せかけた橋下潰しを決行した。何度でも言おう。江田は人間のクズであると。都構想は住民投票ばかりに目が行くと思うが、江田を中心とした維新の内部抗争にも是非とも注視していただきたい。




朝日:維新・江田氏、橋下氏の進退に言及 大阪都構想めぐり
http://www.asahi.com/articles/ASH5F72PMH5FUTFK017.html
 (17日に実施される大阪都構想の住民投票について)否決されれば、橋下徹という政治家は完全に引退をします。彼も明言をしています。私は半年以上前から聞いております。
 これだけの年月をかけ、これだけの労力をかけ、600回以上のタウンミーティングをして説明をし尽くしているのに、大阪市民の信頼が得られないとなれば、政治家否定ですから、これは橋下徹という政治家は完全に引退をします。
 しかし、今までどおりの大阪でいいんでしょうか。いいという方はどうぞ、反対票を投じてください。少しでも大阪をよくしようと思われている方は是非、賛成票を投じていただけませんでしょうか。
 橋下徹を見殺しにしないでください。(橋下氏は)稀有(けう)な政治家です。いろいろご批判はありますけど、この突破力、行動力、リーダーシップを備えた政治家はほとんどいません。そういう橋下徹を生かすも殺すも、この日曜日の皆さんの1票にかかっているんです。(大阪市の街頭演説で)







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:橋下徹
ジャンル:政治・経済

  1. 橋下徹
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

こんにちは。

まさか江田さんまで辞任するとは思いませんでした。
しかし、今回の「負けたら辞める」戦法は、私は反則だと思います。なぜなら、「橋下市長は支持するけど、都構想には反対」という人を愚弄しているからです。この発言で、「都構想に反対だけど、橋下さんに辞めてもらいたくないから賛成に入れた」という人も少なからずいるでしょう。逆に「都構想には賛成だけど、橋下さんには辞めてほしい」という人はほとんどいないでしょう。
都構想に自信があるなら、純粋に市民に聞いてほしかったです。その上で、負けたから辞めるならそれは勝手ですが・・・。

私は、橋下氏には部分的に評価できる部分はあるにしても、全体的には不支持です(都構想については、部外者なのでどっちでもいいです)。「辞める」宣言をしながら反対票が過半数ですから、大阪市民も周りが思うほど橋下氏を支持していないということでしょう。
  1. 2015-05-18 14:40
  2. URL
  3. kachikachi5120 #-
  4. 編集

To kachikachi5120さん

こんばんは。

江田の辞任は余裕で想定内です。橋下無き後、没落一直線の維新の代表に居座るメリットはありませんから。責任を取るポーズだけ示しつつ、同様に責任を取らせるべき松野幹事長を次期代表に推薦するあたり、奴の本心が透けて見えるでしょう。

>今回の「負けたら辞める」戦法は、私は反則だと思います。なぜなら、「橋下市長は支持するけど、都構想には反対」という人を愚弄しているからです。

私もそう思います。でも、橋下市長の敗戦の弁を聞いて、もうそういった批判はしたくないと思いました。それだけ本気で、全精力を注いできたんだな、ということがよく伝わってきたからです。

>「辞める」宣言をしながら反対票が過半数ですから、大阪市民も周りが思うほど橋下氏を支持していないということでしょう。

私は逆だと思います。

都構想のような大胆な改革を現実的選択として突きつけ、それで市民の判断がこうも僅差となったことは、ほとんど勝ったも同然の結果だと思いますよ。私は、もっと圧倒的大差で負けると思っていました。

いずれにしろ、本件についてはこれからエントリをあげさしていただきます。

  1. 2015-05-18 20:33
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する