2015-09-11 20:44

安保法案と戦争法案は区別しよう


9月9日、「安保関連法案に反対するママの会宮城」が、仙台の弁護士会館で法案の問題点などについて勉強会を開いたそうだ。安保法案反対派の勉強会は各地で開催されているが、no-risuはいつも疑問に思う。「本当は何を勉強しているの?(笑)」と。

「ママの会宮城」の勉強会では、大平聡・宮城学院女子大教授(古代史)、藤野美都子・福島県立医大教授(憲法)が講師に招かれたらしい。勉強会を報じた河北新報によると、大平と藤野は勉強会で次の様に述べた。


大平:
「軍事訓練が小学校の校庭で行われ、先生は子どもたちに陸軍や海軍の学校に進学するよう勧めていた」
「現行憲法がなぜ生まれたのかを考え、『誰の子どもも殺させない』と掲げていくしかない」


藤野:
「首相は抑止力になると言うが、軍拡競争が激しくなり国の経済を圧迫するだけだ」


まず、大平の専攻は古代史であって、安保問題の専門家ではない。太平洋戦争時代は専門外だし、年齢的に戦争経験者でもない。安保問題に関しては、大平も我々一般人も変わりないが、教授の肩書きで専門家面して講義したわけだ。

藤野は憲法学が専攻なので、安保法案の講師に招く意味はあるかもしれない。しかし、河北新報で紹介された発言内容は、憲法ではなく安全保障と経済だ。そもそも、両氏の発言は安保法案とは無関係、戦争法案の話としか思えない。

戦争法案は、安保法案に反対するサヨク連中が作った架空の法案だ。反対したけりゃ好きにすれば良いが、無関係の安倍総理を批判するのはいただけない。それにしても、架空の法案の勉強会とは、余程の物好きか、暇人なのだろう。

彼らの勉強会を戦争法案勉強会と見れば、講師に大平や藤野が招かれた理由も納得出来る。大平は「みやぎ憲法九条の会」の世話人だし、藤野は社民党と懇意で、社民党の戦争法案勉強会で講師を務め、デモにも参加している。適任だ(笑)。

まったく。紛らわしい真似は止めて頂けまいか。

報道を読めば、誰だって安保法案に反対し、安保法案を勉強したかの様に感じる。団体名も紛らわしい。メディアは安保法案と戦争法案を正確に使い分けて報じるべきだし、団体名は「戦争法案に反対するママの会宮城」に改名すべきである。



河北:<安保法案>「子ども守る」ママら法案学ぶ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150910-00000005-khks-soci
 安全保障関連法案の廃案を求める「安保関連法案に反対するママの会宮城」は9日、仙台市青葉区の仙台弁護士会館で、シンポジウム「子どもたちの未来はどうなるの?」を開いた。仙台弁護士会有志と「安保関連法案に反対する被災3県大学教員有志の会」のメンバーが、法案の問題点などを解説した。
 市民ら約60人が聴講。戦時下の教育を調査している大平聡宮城学院女子大教授(古代史)は「軍事訓練が小学校の校庭で行われ、先生は子どもたちに陸軍や海軍の学校に進学するよう勧めていた」と指摘した。
 その上で、大平教授は「現行憲法がなぜ生まれたのかを考え、『誰の子どもも殺させない』と掲げていくしかない」と訴えた。
" 安倍晋三首相が唱える「積極的平和主義」に関し、藤野美都子福島県立医大教授(憲法)は「首相は抑止力になると言うが、軍拡競争が激しくなり国の経済を圧迫するだけだ」と批判した。
. 教授2人に弁護士、ママの会メンバーらを加えた意見交換も行われた。"







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民
ジャンル:政治・経済

  1. プロ市民
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

遠くなると嘘つきが増える

私の父もう八十代母七十代昨年94歳で母方の祖母は亡くなりましたが
私変わっ子供で親、両方の祖母から昔話を聞くのが好きでした
両方とも私が生まれる前に亡くなっていたから、最近の捏造嘘つきは、すぐにわかります
母方の祖母に昔「こんど旅行でサイパン行く」と言ったら「あたしゃいやだはあそこはたくさん人が亡くなったのよ」と言われて祖母の中生きている戦争が、なんとなく私に座学ではなく、血の通った者になりました
父が米戦闘機に追われて草むらに逃げたり
母は自費疎開でしたが、茨城かどこで食事に卵がついて嬉しかったとか、曾祖父は日露戦争に従軍し一兵卒から叩きあげで軍曹なった話
また田舎で曾祖父が従軍する前に写真舘で撮った写真、見てみんなすぐわかりました
遺影のつもりの写真だって
父方の祖父は、徴兵年月を過ぎていたけれど、徴用で常磐炭鉱で石炭掘っていました
祖父に父が送った葉書も普通に家にありました
父は換気扇の唸る音が、嫌いで聞いたら、B-29を思い出すからと
他にも両親、祖母から色々当時の話を聞いています
だから、日教組の馬鹿教育や嘘だらけの教科書なんて、私には通用しません
なんて言えばわかりませんが私の中には生身の歴史、戦争が生きています、
  1. 2015-09-12 00:43
  2. URL
  3. プロ市民嫌い #e8dqewdg
  4. 編集

誤字脱字失礼

祖父は両方とも私の生まれる前に亡くなっています
でも、両親、両祖母から伝わった話です
生身の歴史、だから嘘つきどものお涙ちょうだい話なんて
すぐに私には、ばれます
  1. 2015-09-12 00:50
  2. URL
  3. プロ市民嫌い #e8dqewdg
  4. 編集

もっと言えない話

メールください
  1. 2015-09-12 01:32
  2. URL
  3. プロ市民嫌い #e8dqewdg
  4. 編集

おはようございます

凄い地震でしたが大丈夫ですか?
  1. 2015-09-12 07:27
  2. URL
  3. プロ市民嫌い #a3VXqt5.
  4. 編集

>戦時下の教育を調査している大平聡宮城学院女子大教授(古代史)

 古代史が専門と言う事ですが、きっと古代スパルタの話でしょうね。
 スパルタならスパルタ市民の子供達は幼少期から戦士になるべく育てられました。

 安全保障法案の話に絡めるなら、全く関係ないけれど。
 
  1. 2015-09-12 10:22
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

「ママの会」なる団体がネットで集めた署名を自民党本部や参議院会館に提出すべく、土砂降りの中を子供を連れて都内を走り回ったと聞きました。
茨木で鬼怒川が氾濫するほどの記録的豪雨が降った10日木曜日のことだそうです。おそらく都内も相当降ったでしょう。メンバーのブログにも「豪雨で雨宿りした」との記述もあります。

いや、ちょっと待てよと。隣県で川が氾濫するほどの大雨の中、子供を連れ回していただと?

この団体、確か子供の命を守るとか言っていたような。

自分の子供や常総市で洪水に流された子供は対象じゃないのでしょうか。
  1. 2015-09-12 11:35
  2. URL
  3. cn2100 #-
  4. 編集

To プロ市民嫌いさん

こんばんは。

自信は問題ありません、都民ではありませんから。
また、知らない人にブログでも書けない様な話をメールで送るなんてこともしませんよ。

偏向した日教組の教育や教科書について、具体的に指摘されれば説得力がますと思いますよ。
御家族の体験談は貴重な情報ですが、他人を納得させる材料としてはあまり効果が無いものですし。

  1. 2015-09-12 18:50
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

残念ながら、世界史ではなく日本史が専門のようです(笑)。

スパルタを研究しているのなら、侵略国家を隣に持った彼らの末路を知っているはずですし。

  1. 2015-09-12 19:15
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To cn2100さん

こんばんは。

署名の提出してましたね。宮城ではないですが、埼玉でしたっけ?。

非常時に何やってんだかと思いましたよ。隣県の人々の命より自己主張を優先する最低の人間性、連中の本性がよく分かるエピソードですね。

とどのつまり自己中心的なんですよ。自分基準でしかものごとを考えられない、愚かで哀れな人間なんですね。

  1. 2015-09-12 19:20
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

≫誰の子どもも殺させない≪
これって一見美しい言葉です。

でも、現実的に中国が尖閣諸島に武力行使で侵略してきたときに、誰も殺させないから安保条約の通り米軍が戦ってよとでも言うのでしょうね。

先日のBS8でオウンゴールの主張がされてました。
ママの会の代表の女子大生がやはり戦争法案絶対反対!!「誰の子も殺させない」と訴えてましたが別の出演者から、でも先頭に立つ自衛隊の人も誰かの子供でありママさん達の子供と同じ立場なのですが自衛隊員の親はどうすれば良いのですか? それと日本を助ける米軍の兵士も親はいるのでしょうがその米軍は殺されても良いのですかと質問されました。

そうしたら子供の命を天秤にかけるような反論は狡いとママさんの会の代表が怒ってました。

ママさんの会や仙台のママの会はもし外国が攻めてきたら誰の子も殺させたくないから、国民は全員、自衛隊も含め座して待って殺されるのを待つだけなのでしょうか。

でもこれって子どもだけでなく親も兄弟も友人も誰も彼も
死んでしまうのでありこのことをどう考えているのでしょうか。

これがリベラルの人たちの考えなのでしょうね。

敵が攻めてきたときに一緒に酒を飲んで友達になり話し合えば戦争を防げるとか言った学生がいましたが、本当にこういうリベラルの人って脳内お花畑の頭脳なんでしょうね。
  1. 2015-09-13 07:44
  2. URL
  3. そうかせんべい #-
  4. 編集

To そうかせんべいさん

こんばんは。

>でも、現実的に中国が尖閣諸島に武力行使で侵略してきたときに、誰も殺させないから安保条約の通り米軍が戦ってよとでも言うのでしょうね。

言わないと思います。彼らが言わずとも米軍は戦うはずで、彼らは日本のために戦う米軍を批判するだろうと思います。

「誰の子も殺させない」ですが、これはそもそも議論の対象にすることがおかしい。だって、子供を殺すなんて主張をしている人は誰もいないし、もちろん安保法案も無関係です。そりゃ戦争法案の話だろ、と。

現実を見るなら、「誰の子の親も殺させない」ですね。だって、自衛隊は相手から攻撃されなければ反撃できません。殺されるまで反撃できないのです。安保法案は、そのゆがみを是正して、自衛隊の子の親を守る意味もありますから。

  1. 2015-09-13 16:55
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To そうかせんべいさん

こんばんは。

>でも、現実的に中国が尖閣諸島に武力行使で侵略してきたときに、誰も殺させないから安保条約の通り米軍が戦ってよとでも言うのでしょうね。

言わないと思います。彼らが言わずとも米軍は戦うはずで、彼らは日本のために戦う米軍を批判するだろうと思います。

「誰の子も殺させない」ですが、これはそもそも議論の対象にすることがおかしい。だって、そんな主張をしている人は誰もいないし、もちろん安保法案も無関係です。そりゃ戦争法案の話だろ、と。

現実を見るなら、「誰の子の親も殺させない」ですね。だって、自衛隊は相手から攻撃されなければ反撃できません。殺されるまで反撃できないのです。安保法案は、そのゆがみを是正して、自衛隊の子の親を守る意味もありますから。

  1. 2015-09-13 16:57
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

流れが変わりつつあるのか?

こんばんは。
民主党の蓮舫議員が、「民主党は安保法案の事を戦争法案とレッテル貼りしたことはない。」とTwitterで呟いて現在炎上中のようです。
http://twitter.com/renho_sha/status/641570508853506048
あれだけ戦争法案と民主党も蓮舫さん自身も叫んでいたので、炎上は当たり前ですが、ポイントは、戦争法案と叫んでいた事実から逃れようとしているかのような姿勢です。
このレッテル貼りが、どうもうまくないという事に今更ながら気付いた…という事でしょうか。
このへんの弱気の虫が出てくる所が、社民党や共産党等、ある意味別世界の左翼と違うところかもしれません。
評価を下げるだけですけどね。
  1. 2015-09-13 20:34
  2. URL
  3. もらもら #Fldqm66o
  4. 編集

To もらもらさん

こんばんは。

ほう、そんなツイートがありましたか(笑)。

つい先日も、国会前デモで4党並んで戦争法案糾弾をやっていたはずですが、本当に民主党は鳥頭ですねぇ。
面白そうなので、この返信をしたら紹介いただいたアドレス先を覗いてみます。

  1. 2015-09-13 21:59
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

人殺しとは誰のことでしょう。

 「誰の子供も殺されない」と言って、横田めぐみさんをはじめとした拉致被害者を見殺しにしようとしているのが他ならぬ旧社会党出身の社民・民主の連中です。既に人殺しに着手しているのが他ならぬ左翼なのです。
  1. 2015-09-15 21:29
  2. URL
  3. 凍え馬 #-
  4. 編集

To 凍え馬さん

こんばんは。

見えない敵と戦い、現実の敵からは目を背ける、それがサヨクと言う人間の性質ですからね。サヨクは人間のクズです。

  1. 2015-09-15 21:45
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する