2015-10-14 21:07

翁長琉球王朝こそ悪しき前例


10月13日、とうとう翁長知事が辺野古の埋め立て承認を取り消した。支援するサヨクメディアやプロ市民らは、「これからが本当の闘いだ!」と気勢を上げているらしいが、これからも何も、承認取り消しは最後の手段だ。事実上、「あらゆる手段」とやらの矢は尽きた。

承認取り消しに対して、沖縄防衛局は即座に行政不服審査を起こした。沖縄メディアは「翁長知事は長期間考えたのに、即座に対抗措置をとる国の姿勢は不誠実」と批判していたが、アホかと。翁長が長時間考えたということは、国にも考える時間が有ったのだ。

さて、防衛局の行政不服審査請求について、翁長は「同じ内閣の一員である国土交通大臣に審査請求を行うことは不当というしかない。行政不服審査法のあしき前例になる」とコメントを発表した。開いた口が塞がらないとはこのことよ。翁長、お前が言うか?。

承認取り消しの最大にして唯一の根拠は、翁長が設置した御用第三者委員会の報告だ。同委員会の決定に法的拘束力はなく、裁判所でもないから違法合法の判断を下す権限もなく、およそ承認取り消しの根拠にはなりえない代物だ。

しかも、同委員会は最初から「法的瑕疵がある」の結論ありきたった。発足当時、沖縄メディアの取材に対して、複数の委員が「法的瑕疵により辺野古移設を阻止するのが委員会の目的だ」などと述べていた。そこはウソでも「公正に議論する」と言わんかい。

予定通り、委員会は「法的瑕疵あり」との報告書を提出した。もちろん、報告書によって法的瑕疵の有無は確定しない。埋め立て承認を撤回する根拠にもなりえない。ところが、翁長は根拠に用いて撤回した。菅官房長官は「撤回は違法」と批判したが、当然だろう。

この事実一つとってしても、翁長が防衛局の行政不服審査を批判する資格など無いことが分かる。自分はお仲間で第三者委員会を立ち上げて承認取り消しをしておきながら、防衛局に対して身内批判するとは恥を知れと言いたい。

翁長はダブスタが酷すぎる。同じ美ら海の埋め立て事業なのに、那覇軍港移設も那覇空港第二滑走路も泡瀬も、どれ一つとして反対しない。しかも、翁長は那覇軍港移設の推進派だ。那覇軍港移設に伴う埋め立て面積は辺野古の比ではない。

何が「悪しき前例」か。翁長の承認撤回こそ、まごうことなき悪しき前例である。悪しき前例が繰り返させないためにも、国は全力で叩き潰さねばならない。そして、必ずそうなる。承認取り消しにより、翁長の最後の戦いが始まった。終わりの始まりだ。




沖縄:翁長知事「同じ内閣で審査請求は不当」
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=137073
 名護市辺野古の新基地建設をめぐる沖縄県の埋め立て承認取り消しに対し、沖縄防衛局が無効の審査請求と執行停止の申立書を国土交通省に提出したことに翁長雄志知事は14日、「同じ内閣の一員である国土交通大臣に審査請求を行うことは不当というしかない。行政不服審査法のあしき前例になる」とコメントを発表した。
 翁長知事は取り消し翌日の審査請求に「政府の強硬姿勢を端的に示すものだ」と指摘。沖縄防衛局が「私人」として行政不服審査法の審査請求をしていることに、「国民の理解を得られない」と主張した。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(11)

コメント

翁長知事の末路が見えるようです。

翁長知事が撤回の根拠に示した瑕疵は本当に瑕疵なのか説明が無いように思います。

前知事時代に辺野古承認の根拠を調査した県の事務方は第三者調査委員会に瑕疵の根拠が有るとは認められないと反発したようですから堂々と瑕疵が有るとは断定出来てないように思います。

また翁長知事は辺野古を移設先と判断することが抑止力の上でベストではないと、判断できないと言ってるようですが地方自治体が国防上の国の判断を批判するというのは有り得ないことと思いますが翁長知事はそこまで思い上がってるのでしょうか。

国を徹底的に批判しておいて沖縄への特別予算は別問題だから一緒くたにすべきではないと、よくもまあ抜け抜けというものだと笑ってしまいます。

最初から徹底して辺野古反対の意思を貫いているのに政府は歩み寄る姿勢が欠けているとはずっこけるオチを言うもんだと呆れてしまいますね。


  1. 2015-10-14 22:00
  2. URL
  3. そうかせんべい #-
  4. 編集

To そうかせんべいさん

こんばんは。

委員会の報告書は沖縄県公式webに掲載されていて、そこにはっきり瑕疵があると書かれているので、翁長知事としてはその見解(瑕疵があったと断定)に立っているのでしょう。もちろん、一般的常識で判断すれば、報告書は断定の根拠になりませんが。

地方自治体首長であっても、国防上の国の判断を批判するというのは「あり」ですよ。言論の自由です。

ただし、そこには合理的・論理的・法的な理由が必要で、それらを抜きにした感情論は倫理的にも政治家の資質としても不適切ですし、まして強硬手段に出ることは言語道断です。

翁長が思い上がっているのか、追い詰められているのか、馬鹿なのか、こればかりは断言できませんけど、どれもありえそうだと思いますねぇ。

  1. 2015-10-14 23:07
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

翁長知事の仕掛ける世論戦には注意を

翁長知事が狙っているのは裁判に勝利することではない様に見えます。

司法の場で辺野古移転の違法性を問う考えなど念頭にはない。そもそも、法的に勝つ見込みなんて最初から持っていない。
国から不当な弾圧を受ける沖縄を演出して「可哀想な沖縄」「非道な安倍政権」をアピールし世論戦に持ち込むのが主目的。

沖縄だけでなく中央の大手メディアも沖縄被害者論に傾いていますから、県民だけでなく国民有権者を扇動して政府の支持率を下げるくらいは朝飯前でしょう。

裁判やら行政手続でグズグズと時間を稼いで来年の参院選で安倍政権にダメージを与え、政府の軟化を待ち交渉に引きずり込む。

今朝の沖縄のサヨク2紙の記事からは、そんなシナリオがちらほら見え隠れして仕方ありません。
  1. 2015-10-15 11:31
  2. URL
  3. cn2100 #-
  4. 編集

日本広しといえど不正を日常的に日課とし執務と称して正々堂々と大胆に行い続けられる政治家はまず、いないですよね! 
この人と、この県民にしか出来ません!コイツが4期もやってた那覇市長時代からアホ県民も一緒になって続けている因習な常習プレイの1つです!
ワタクシもアホなので、この案件の動きが把握出来てません。 13日のワイドニュース(全国、ローカル)では翁長側の弁護団?、支持者達が選挙で勝ったが如く狂喜乱舞している映像が流れていましたが何に県税や補助金を垂れ流して、コノようなキチガイじみた自己満足感を味わっているのかが分かりません。 次の様な動画や本土の方々の情報でなんとなく分かってくる次第です (ノД`)

【沖縄の声】特番!翁長知事、またも埋め立て承認「取り消し」実行せず[桜H27/10/7]
  1. 2015-10-15 15:06
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

【沖縄の声】特番!翁長知事、またも埋め立て承認「取り消し」実行せず[桜H27/10/7]
http://www.nicovideo.jp/watch/1444214441
  1. 2015-10-15 15:08
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

To cn2100さん

こんばんは。

cn2100さんが懸念されている通り、翁長らは「世論の喚起が勝敗のカギ」だと言い始めていますね。野党の国会外闘争から学んだのかもしれません。馬鹿ほど悪いことだけはすぐに覚えるもんです。

そんな簡単に世論は動かせないと思いますが、確かにこれは油断するべきではなさそうです。なんせ、安保法案などの時と異なり、辺野古問題は長期戦になりますからねぇ。

参院選もそうですが、思わぬ落とし穴にはまらないよう、自民党には頑張っていただきたいものです。

  1. 2015-10-15 18:50
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

不正を日常的に日課とし執務と称して正々堂々と大胆に行い続けられる政治家、地方には結構いますけどね(笑)。まあ、翁長と比べれば小悪でしょうけど。

承認取り消し時の翁長支持者の狂喜乱舞、たぶんこれが最後のお祭りですから、生暖かい目で見てあげようじゃありませんか。行政不服請求により、すでに彼らのお祭りムードは消し飛んでますし(笑)。

チャンネル桜、悪いとまでは思いませんが、これはこれでまるっと全て信用するのは危険だと思いますので、ご注意いただければと思います。

  1. 2015-10-15 18:58
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

自民党沖縄県連

とある保守系まとめサイト(正義の見方)で、エントリーの件に関して、自民党沖縄県連の議員が知事を追及する県議会の動画を紹介していたので見てみました。YouTubeでした。
http://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/46526075?guid=ON

色々やり取りしていましたが記憶に残ったのは、

「報告書で指摘された瑕疵は、国がやった部分ではなく、沖縄県がやった部分だ。それを問題にするなら県知事としてまず国に謝れ。」
→翁長知事は「国の瑕疵だ」という様な正面の反論はせず「仲井間さんが~」と前知事に押し付ける形でモニョモニョ

「国連スピーチでの自己決定権とは何か、沖縄県民は日本人ではなく、先住民族なのか、先住民族としての独立を目指す話なのか、正面から議論しようではないか。」
→翁長知事は正面から答えず「自己決定権は一般名詞」「我々の背後には色々な考えの人達が居る。」「サンフランシスコ講和条約締結時、沖縄の意思は無視された。」等、恨み言を含むはぐらかしに終始モニョモニョ。

このような論点は今後もポイントになると思います。特に先住民族どうのこうのは、それこそが翁長を焚き付ける左翼更には中共の目指す方向ですが、まだ県民の抵抗が強くて、知事として明言出来ない部分だと感じてます。

自民党には頑張って頂きたいです。
  1. 2015-10-15 20:49
  2. URL
  3. もらもら #Fldqm66o
  4. 編集

To もらもらさん

こんばんは。

沖縄の自民党系県議、最近頑張ってますよね。沖縄メディアでもよく見かけます。もちろん、苦々しい思いで報じているのでしょうけど(笑)。

沖縄県議会の様子って動画アップされていたんですね。私はニコ動しか見ないから初めて知りましたよ。情報感謝です。
しかも面白そうな動画ですねぇ。

もらもらさんのコメント、ぜひとも動画で確認させていただきます。


  1. 2015-10-15 21:23
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

ご指摘ありがとうございます。
最後のお祭り醜くいですね! ぜひとも後世に汚名を残して欲しいものですが奴らの事、ハイエナの様に生き残るでしょうね!?
  1. 2015-10-15 23:50
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

To 三助さん

こんにちは。

ずっと残るでしょうねぇ。沖縄問題は辺野古だけじゃありませんし。

  1. 2015-10-17 12:12
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する