2015-10-20 20:58

政治献金は全廃すべき


kanegahosii.png


閣僚が替わる度に出てくる政治献金問題。問題発覚の度に、本人や党幹部らが見苦しい釈明を繰り広げ、自分を棚に上げた野党議員らが勢いづき、マスコミも大きく紙面を割き、やれ辞任だやれ任命責任だと騒ぎ立て、政治が停滞する。うんざりだ。

この問題について、産経新聞は19日の社説「不適切な献金 倫理性の欠如が連鎖招く」において、「政治家と経済界双方に高い倫理性が求められる」と苦言を呈した。一見すると正論だ。しかし、よくよく考えてみればこの主張はおかしい。

とどのつまり、産経新聞は政治献金を容認している。「高い倫理性があれば企業・団体献金はOK」、「下心の無い清く正しい献金はOK」、と言っているわけだ。ありえないだろう。献金と見返りは不可分であり、下心の無い献金なんて矛盾している。

その点、同日の朝日新聞の社説「銀行の献金 なし崩し復活は筋違い」は完全に正論だった。朝日は、「政党助成制度が導入されたのに企業・団体献金が温存されるのはおかしい」、「企業・団体献金そのものが段階的に廃止すべきもの」と指摘した。

うむ。朝日新聞もたまには良い社説を書く。政治献金は問答無用で全廃するべし。

no-risuに言わせれば、政治献金なんて本質的に全て賄賂だ。我々一般国民にとって、政治に声を届ける手段は選挙しかない。ところが、企業・団体は金の力で自分達に都合の良い政策を実現させようとする。裏口入学の謝礼金みたいなもんだ。

政治献金は、選挙と民主主義を歪める汚金としか言い様が無い。政治献金に高い倫理性を望んでも無駄だ。企業に高い倫理性があれば、そもそも政治献金などしないし、政治家に高い倫理性があれば、献金などとっくに廃止しているのである。




朝日:銀行の献金 なし崩し復活は筋違い
http://www.asahi.com/paper/editorial.html
 全国銀行協会の佐藤康博会長(みずほフィナンシャルグループ社長)は先週の記者会見で、政治献金の再開について「各行が独自に判断する」という立場を表明した。1997年を最後に、政治献金を自粛してきた銀行業界で、なし崩しに再開する可能性が出てきた。
 ときに政府の支援を受けることもある銀行が政権与党に政治献金をすれば、両者の関係に不信を招きかねない。どれほど国民にとって必要な措置でも、国民の理解は得られなくなる。銀行は政治献金を慎むべきだ。
 銀行業界が1998年から政治献金を自粛してきたのは、金融危機のもとで銀行に対して総額13兆円という巨額の公的資金が注入されたからだ。ところが最近では「献金再開の環境が整ってきた」と考える銀行もあるらしい。
 たしかに3メガバンクなどは公的資金を完済したし、長らく納めてこなかった法人税も最近では納めるようになった。とはいえ、今でもひとたび大手銀行が経営危機に陥れば、政府は公的資金を投じることになる。危機の教訓をふまえ、そのほうがコストが安いと多くの国民も受け入れるようになったからだ。
" 銀行には、それだけ公的な存在なのだという自覚がほしい。
 そもそも企業・団体献金そのものが段階的に廃止すべきものだ。いまだに放置されていること自体がおかしい。・・・・・"


産経:不適切な献金 倫理性の欠如が連鎖招く
http://www.sankei.com/column/news/151019/clm1510190003-n1.html
" 森山裕農水相が、談合で指名停止措置を受けた複数の企業から、自分が代表を務める政党支部に献金を受けていたことが表面化し、全額返金すると表明した。
 改造前の内閣では、西川公也氏が違法献金疑惑で農水相を辞任した。不適切な献金問題がなぜ後を絶たないのか。
 政治資金に対する現状の規制のあり方が問われようが、自民党や安倍晋三政権の「政治とカネ」の問題に対する意識の低さも指摘せざるを得ない。
 森山氏は、事実関係を認めたものの、道義的責任をとって閣僚を辞任する考えはないという。
 西川氏の場合、実質的には政治資金規正法で禁じられた補助金受給企業からの献金にあたると厳しく指摘された。国からの補助金にまつわる献金は、賄賂性が高いとの考え方からできた規制だ。
 談合で指名停止を受けた企業について、規正法は明示的に排除していない。だから許される、とはならない。より悪質な事例とも考えられる。森山氏も返金せざるを得ないのだろう。・・・・・"







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. 自民党
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

確かに閣僚が変わったら必ず政治献金の話題が
マスコミから沸いて政治が停滞しますね。
自分としては政治献金は賛成です。
金額制限も設ける必要も無いと思ってます。
その代り、政党では無く個人に献金する事、
全ての収入・支出を開示する事が前提ですが・・・
官僚崩れの政治家より自分を応援する団体が繁栄するような行動を
する政治家が増える方が良いと考えます。

まあどちらにしろ収支報告書は1円まで開示して欲しいものです。

  1. 2015-10-20 22:04
  2. URL
  3. 大門 #-
  4. 編集

To 大門さん

こんばんは。

献金する者は、献金相手の政治家に細かな使途の公表など求めないと思いますよ。
恩を売って、阿吽の呼吸で配慮させるのが、献金の肝でしょう。

百歩譲って献金を認めるのなら、せめて選挙前に献金してほしいです。

そして、堂々と特定業界に有利な政策を掲げて、選挙で勝ったならば、献金相手に配慮した政策に邁進することも問題無いかもしれません。でも、勝ち馬を後出しのニンジンで操作するのはどうでしょう。

人数か金額かの違いで、性格的にはシールズらのデモと大差ない様に思います。

  1. 2015-10-20 22:51
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する