2015-10-26 20:52

ジュンク堂問題の本質はサヨクの愚劣な人間性


junnkudou.jpg



丸善ジュンク堂書店(東京都)の渋谷店には、サヨク思想にかぶれた間抜けな従業員がいた。このアホは、「自由と民主主義のための必読書50」なるフェアを開催していた。名前からしてピンとくるだろうが、フェアの実態・内容は反政権の政治活動だった。

反政権活動であることは、従業員自身がジュンク堂のバカッターで明言していた。これがネットで話題になり、ジュンク堂本部に通報され、本部はフェアを中断させた。今頃、フェアを企画した従業員はネットや本部を逆恨みしているだろう。ざまあ(笑)。

このことについて、反政権メディアの琉球新報が、コラム「<金口木舌>本と書店の素晴らしさ」で苦言を呈した。言うまでも無く、間抜けなサヨク従業員を問題視したわけではなく、素晴らしい反政権フェアを中止に追い込んだネトウヨへの批判だ。

コラムには次の通り書かれている。

 ▼発信意図の是非は別にして、フェアが批判で中断されたのは残念だ。例えば嫌いな作家のコーナーが設けられても素通りすればいいだけだ。それでも気に食わなければ個人的に利用しなければいい。書店に圧力をかけたり、ネットを通じ利用しないよう呼び掛けたりするのはいかがなものか

つくづく、サヨクは自己中心的な思考しか出来ない人種だと思う。その人間性が凝縮された一文だ。

「嫌いな作家のコーナーが設けられても素通りすればいいだけだ」と言うが、だったら不快なネットの書き込みもスルーすれば良いだろう。「気に食わなければ個人的に利用しなければいい」と言うならば、嫌いなネットコンテンツも利用しなければ良い。

嫌なら読むなと言うのなら、書店もネットも同列に扱うべきだろう。琉球新報みたく、身勝手な都合で一方のみを批判する行為はダブルスタンダードだ。だいたい、お前らサヨクメディアは嫌韓本ブームを批判し社会に圧力をかけていたではないか(笑)。

また、「ネットを通じ利用しないよう呼び掛けたりするのはいかがなものか」というのもおかしな話だ。反安保集会では、まさに「ネットを通じて」法案反対が呼びかけられた。法案通過後は、「ネットを通じて」落選運動が呼びかけられている。

反原発集会なども同様だ。それなのに、琉球新報らはそれらに「圧力」などとレッテルを貼らないし、「いかがなものか」と苦言を呈しもしない。「健全な民主主義」と呼ぶ。まさにご都合主義、新聞を通じてネトウヨに圧力をかけるのはいかがなものか(笑)。

そもそも、この問題の本質はフェアで並べられた書籍の種類ではない。反政権的書籍を集めたフェアを実施しても、そんなことは何も問題にならない。問題なのは、自己中なサヨク従業員が、プロパガンダにジュンク堂の店と看板を悪用したことだ。

つまり、従業員の政治的意図が問題になる。従業員の人間性が問題なのだ。ところが、琉球新報のコラムは「発信意図の是非は別にして」と問題の本質を封殺した。そこが肝要なのに、不都合な情報は排除・隠蔽するのがサヨクメディアなのだ。

本と書店を個人的な政治主張に利用したフェアは、明らかに本と書店を冒涜する卑劣な行為だろう。これを批判せずして、「本と書店の素晴らしさ」を語る資格はあるまい。




琉球:<金口木舌>本と書店の素晴らしさ
http://ryukyushimpo.jp/column/entry-160493.html
 スマートフォンを使うようになり、読書する時間が減った。これまでは空いた時間に小説を開いたが、今はスマホを手にする
▼それでも定期的に書店には足を運ぶ。書棚を眺めると今、何が流行しているか知ることもできる。独自のコーナーを設ける書店もあり、個性が感じられ楽しい
▼丸善ジュンク堂書店(東京都)は渋谷店が開催していたフェア「自由と民主主義のための必読書50」を政治的に偏っているとの批判を受け、中断した。従業員とみられる人物がツイッターで個人的な見解を発信したことがきっかけのようだ
▼発信意図の是非は別にして、フェアが批判で中断されたのは残念だ。例えば嫌いな作家のコーナーが設けられても素通りすればいいだけだ。それでも気に食わなければ個人的に利用しなければいい。書店に圧力をかけたり、ネットを通じ利用しないよう呼び掛けたりするのはいかがなものか
▼東日本大震災では、本や書店が特別な存在だということにあらためて気付かされた。水や食料も不足する中、復興した書店には長蛇の列ができた。流通が止まった際、仙台のある書店が1冊の少年ジャンプを回し読みさせ、子どもたちを勇気づけた
▼27日から読書週間。読書推進運動協議会が選んだことしの標語は「いつだって、読書日和」。ネットと違い、環境や時、場所を選ばない本の素晴らしさを再確認しよう。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民
ジャンル:政治・経済

  1. プロ市民
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

知人からの話ですが琉球ちん報は、昨今の基地問題で注目されるまで会社の金を横領する常習魔が確実に2名いたようです(注意だけで社内で収めているのが常らしいのですが)琉球ちん報が主催する催物やイベントは駆り集められた団体、出演者(おおかた決まっています)には長時間拘束の上、弁当すら出ないという醜さです! 国から補助されているポンコツ会社だと私個人は思っていますが。
沖縄2紙だけでも、これだけ全国的にも悪名高くなったからには国が特別に会計監査を行って金の流れを公示していただきたい!
アホな文章で、いつもすみません。なんとなく解読していただけますでしょうか?no-risuさん。
ps:ジュンクは那覇にも6年前くらい前に鳴り物入りでオープンしましたが教養がない私には、もう1度行ってみようという気には今現在もなっておりません!
  1. 2015-10-27 00:37
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

なぜこんなに常識に欠けるのか

今回の件、Twitterで会社の名前でつぶやかなければ騒ぎにならなかったでしょう。
自分が勤めている会社の名前を何と心得ているのかという話ですよね。自分の政治的主張を公にするのに、会社の名前を私物化・利用して恥じない。さらにその会社の看板背負ったまま、ぶつけられた質問に「ネトウヨ寝てろ。」とやり返してしまう。
常識の無さに気付かない。
琉球新報も鉄板のダブスタですね。沖縄の1本屋が「リアル安全保障フェア」とか銘打って沖縄の地政学的位置と米軍基地の重要性を解説する本とか、米軍兵士によって助けられた沖縄県民の話や琉球王朝時代の圧政を書いた本等を取り揃えて、インターネットでアピールしたらどう反応したのでしょうか。
火病間違いないと思います。
  1. 2015-10-27 06:40
  2. URL
  3. もらもら #Fldqm66o
  4. 編集

ワタクシが小学5年生頃(昭和54年頃)学校で「試験的に今年から琉球史という科目が週1~2時間、行われます」と言われ薄っぺらな教科書手渡しで配給し出しました(今現在ヤッているかはわかりませんが)。
米軍公衆衛生局関係の事務方で働いていたいた母親からアメリカの権威のある博士等と会った話や環境衛生技術の進んでいるアメリカ社会の事を知っていたので、そんな途上国時代に逆行するような琉球王国バンザイや薩摩からの過酷な課税とかの恨み節等、現代の崇高な日本社会の恩恵の中にいるのに何故イキナリ授業に組み入れてくるのか不思議に思っていましたが 全ての元凶は沖縄経済を牛じっている久米三十六姓(福建省渡来人)の工作だったのだと思います! 最近になって歴代の知事は、久米三十六姓の末裔というのを知ってポ長の出現により従来、沖縄県民は飼いならされた家畜だという事が解りました!頼む!ポ長と沖縄の経済連どうにかなってくれ!
  1. 2015-10-27 17:22
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

To 三助さん


こんばんは。

昨夜は泥酔していたのでコメント返信は控えました。

で、お怒りはよくわかりますが、琉球ちん報という呼び名は少々品に欠けるかと。あと、琉球新報に国の助成金は支払われていないと思いますよ。

何らかの補助事業に申請・採択されていたら別ですけどね。なお、その場合は会計監査も入りますから、心配ご無用です。

また、本件は渋谷のサヨク店員が悪いのであって、ジュンク堂は悪くないですから、気が向いたら利用してあげてください。

  1. 2015-10-28 19:47
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To もらもらさん

こんばんは。

馬鹿ほどアピールしたがるものですが、その典型的事例でしょうね。ツイッターがバカッターと呼ばれる所以ですよ。

逆のフェアを行った場合の琉球新報の反応ですが、さすがにそこまでしないような・・・。本屋は仲間ですし。

ただ、保守系教科書についてはガンガン批判していましたけどね(笑)。

  1. 2015-10-28 19:48
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

むむ、琉球史の副教材(?)とか、久米三十六姓(福建省渡来人)とか、歴代知事がその末裔だとか、それらは私の知らない情報です。

後でどんなものか、どんな人物か、事実関係はどうか、調べてみたいと思います。情報ありがとうございます。

  1. 2015-10-28 19:49
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する