2015-10-31 20:00

戦争法案反対派は、どうして南シナ海問題に沈黙しているのか

rassenn.jpg


安保法案に反対する人々は、「戦争法案」のレッテルを貼って法案に反対していた。法案が成立した今も、戦争法案のレッテルは捨てていない。何故、彼らは戦争法案と呼んだか。その最大の理由は、「アメリカの戦争に巻き込まれる」ではなかったか。

ご存じの通り、アメリカの最新鋭イージス艦「ラッセン」が、南シナ海に派遣され、中国の人工島の「領海(仮)」を航行した。ヘタレ韓国や華僑国家のシンガポールは別として、中国に苦しめられてきた多くのASEAN諸国がアメリカに喝采を送った。

中国は激烈にアメリカを批判したが、アメリカは毅然と突っぱね「航行の自由作戦」の継続を宣言し、あれほど聞く耳持たなかった中国の海軍トップを電話会談に引きずり出した。そして、ラッセンを口火に中国に対する国際社会の猛反撃が始まった。

日本はアメリカと南シナ海での合同軍事訓練をぶち上げ、オーストラリアも人工島領海(仮)への軍艦派遣の準備が整っていることを発表した。さらに10月29日、ハーグの常設仲裁裁判所はフィリピンと中国の係争案件で中国の主張を却下した。

一連の動きは、まだ始まったばかりで、今後さらなる拡大と継続が予想される。そして、この一大反攻作戦は、表だって始めたのはアメリカでも、日本が非常に重要な役割を果たしたことで実現することが出来た。安倍総理の地球儀外交の成果が開花した。

アメリカが、どうして今頃、このタイミングでラッセンを派遣したか。理由は様々あるだろうが、TPP大筋合意と日本の安保法案成立が大きな要因となったことは間違いあるまい。アメリカ単独でなく、日本と国際的連携体勢が整ったから、派遣に踏み切れた。

報道されている通り、ラッセン派遣作戦において日米は緊密に情報共有している。ラッセンは横須賀が母港でもある。日本無くして本作戦の実現は無かったに違いない。そして、日本の貢献は大きかったが故に、日本に対する中国の怒りも大きいだろう。

さあ、今こそ安保法案反対派の皆様の出番だ。出てこいや。お前らの危惧したことが現実化しかねない緊急事態に、いったいどこにお隠れになっているのか。国会前でもアメリカ大使館前でも横須賀港でも、いつもみたく緊急集会を開催したらどうだ。

軍艦を派遣したアメリカを、水面下で連携する日本政府を、母港の横須賀を、戦争になりかねない危険な作戦を強行したことに抗議してみせろ。「戦争反対!」「誰の子供も殺させない!」の絶叫はウソだったのか?、すでに熱意も消え失せたか?。

アホ共が。両の眼を見開いて、南シナ海で起きている現実をその目に焼き付けよ。自由と平和を守るために、ゴロツキ中国と命がけで戦う人々・国々から目をそらすな。あれこそ、お前らサヨクが毛嫌いする「抑止力」の現実であり真実なのだ。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民
ジャンル:政治・経済

  1. プロ市民
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

野郎どもは今になって国民様にも相手にされない事を知ったのですね!でも、奴らにとってありがたい事に 3歩歩いたら綺麗サッパリ忘れる習性があるので一息入れたらまた吠えてくるでしょうね!
  1. 2015-10-31 22:46
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

合衆国大統領

こんばんは。
オバマさんやってくれました。
マケイン上院軍事委員長辺りから「遅すぎる」と文句言われてはいます。
軍を動かす事に慎重な大統領であることは間違いないです。
そのオバマ大統領でさえ軍を動かさざるを得ないほど、支那のやり方が酷いものだということです。

サヨクが静かなのは、沖縄の件が有るような気がします。フィリピンが自国の米軍基地を追い出した挙げ句、支那に島を侵略されたという分かりやすい事例が有ります。南支那海の件で騒ぎ立てれば、この事例を表に出さざるを得なくなるのではないでしょうか?
  1. 2015-11-01 00:04
  2. URL
  3. もらもら #Fldqm66o
  4. 編集

 おお、そう言えばこの米海軍の作戦に、反安全保障法案を喚いた政党は、全部揃ってだんまりを決め込んでいますね。

 何も言えないのでしょうね。
  1. 2015-11-01 12:14
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

忘れたと言うよりは、都合の悪い事実を脳味噌が拒絶しているのでしょうね。自己中、ご都合主義、ダブスタ、それが連中の性質です。

  1. 2015-11-01 18:08
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To もらもらさん

こんばんは。

オバマのくせに頑張りましたね(笑)。
まあ、オバマですら無視できなかったくらい、中国の横暴が酷かったわけですね。

フィリピンの件、サヨクは単純に知らないのではないでしょうか。知っていたら、米軍を追い出した実例としてもっと活用しそうな気がします。もらもらんのご指摘の通りの可能性も十分考えられますけど、奴らはそこまでお利巧かどうか・・・。

  1. 2015-11-01 18:11
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

見事にダンマリ決め込んでますね。国会前で野党そろって戦争法案反対に気炎を吐いていたくせに、実態はこんなもんだったわけです。情けない連中ですよ。

  1. 2015-11-01 18:14
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

恐らく、中国を刺激するなって言いたいのでしょう。でも、それを言ってしまったら批判されますから、黙りするしか出来ないのでしょう。

  1. 2015-11-03 16:52
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

To 雄の三毛猫さん

こんばんは。

「人工島は中国様の領土だ!」、と言いたくて言えなくて黙っているのかもしれません(笑)。

  1. 2015-11-04 20:17
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

旧新南群島地域と呼んでおります

南砂なんぞ、言わせません、スプラトリーもなじみが、無いので旧新南群島地域と呼んでおります。
一度米軍を、追い出した、フィリピンはママの間違いを、息子が頑張っています。
なにしろ、空軍が十年なく、(古い戦闘機が駄目になったので)海軍は、第二次世界大戦の米軍のお古、艦齢70オーバー、でも3000トンしかなく、すべての武器が、手動なれど、中共海軍と対峙し追い払った度胸は、すごいです。
慌てて、米軍呼び戻し、海上自衛隊と、海難訓練の名目で、見事合同軍事演習をしました。
また、ベトナムもカムラン湾から、追い出した、ロシア軍どころか、米軍でも、英仏でも自衛隊でも、補給港として自由に使ってほしいと、言い実際、仲良く各国の海軍が停泊しています。
ベトナムらしいのは、硬軟使い分けで、ロシアから潜水艦6隻、戦闘機多数買いながら、口先では中共に使節団を送り、色々お世話になりまして、なんて言いながら、YouTubeでは、1988年の海戦のプロパガンダフイルムを、最低でも5、6ヶ国語で流して、宣伝活動をしています。
YouTubeは、各国のプロパガンダフイルムの宝庫ですね、フィリピン、ベトナム、マレーシアの、旧新南群島地域の、正当性をばらまいています。日本も上手くや
  1. 2015-11-07 04:23
  2. URL
  3. プロ市民嫌い #luHOg6ls
  4. 編集

To プロ市民嫌いさん

こんばんは。

どこの国も必死なんですよね。
日本は、これまで国際情勢を甘く見過ぎてきました。

自民党以外の政党とマスコミと外務省、どいつもこいつも平和ボケしてました。
でも、ようやくまともになってきましたよ。

日本の反撃はこれからです。

  1. 2015-11-07 21:09
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する