2015-12-16 21:24

国民目線を見失った民主党の行く末


最近の民主党は「国民目線」と言わなくなった。無能傲慢議員共が国民目線を理解していたとは思えず、大衆迎合そのものだったが、庶民感覚に近い政治を目指す理念に賛同する有権者は多く、国民目線は民主党の存在意義をなす大きな柱だった。

振り返ってみると、民主党の国民目線離れは海江田代表が退いた時期から顕著になった様に思う。その頃から、民主党は露骨な政局・選挙優先路線に舵を切り、政策を捨て、打倒自民・反安倍政治を掲げ、「何でも反対路線」に傾倒していった。

その心理は理解出来なくもない。焦っているのだろう。圧倒的規模と支持率を誇る自民党に対し、没落し続ける民主党は、最大野党にもかかわらず常に存続の危機を抱えている。まずは選挙で勝たねばならぬ、負けて政策もクソもあるか!、と。

仕事がら、no-risuはこれとよく似た人種を知っている。業績不振に陥った中小零細企業の経営者で、会社建て直そうとして頭に血が上り、あるいは精神的に追い込まれ、冷静な判断力を失った人々だ。

彼らは会社を守ろうとするが、利益を上げるための商品やサービスを考えない。消費者や企業のニーズを考えず、中長期経営計画に頭が回らず、目先の資金繰りしか見えず、その場凌ぎの融資を求めたり、社員に過大なノルマを課したりする。

後はお決まりのコースだ。消費者金融に手を出したり、怪しげなコンサルタントの儲け話にコロリと騙されたりして、最終的には高確率で倒産する。例えば、過去にこんなケースに出くわした。

A氏は某大企業の部品下請け会社を経営していた。下請けは会社売上の実に95%を占めていたが、リーマンショックの余波で取引を打ち切られた。まるで、ドラマの下町ロケットみたいな話だ。そのA氏から、再建計画について相談を受けたのだった。

彼が持参した事業計画書を読んで、no-risuは絶句した。部品製造から撤退して異業種に参入、新規設備投資に2億円必要、その費用は国と銀行に全額出させてA氏の負担はゼロ、商品は飛ぶように売れて将来はバラ色、そんな計画書だった。

また、コスト計上すべき販管費や製造原価が大量に抜け落ちており、べらぼうな利益率でボロ儲けの経営予測がなされていた。当然、no-risuは問題点を指摘・説明し、直ちに計画の抜本的見直しを提案した。ところが、何故かA氏は頑なに拒んだ。

実は、計画書を作ったのはA氏ではなく、Bというコンサルタントだった。Bは「国のナントカに認定されたコンサルタント」を名乗り、A氏はBを強く信用していた。そして、BはA氏に「no-risuの指摘は嘘っぱち、オレを信じろ」と吹き込んでいた。

A氏は会社を守りたい一心で努力していたが、追い詰められ冷静な判断力を失い、会社経営の本質や基本を見失い、悪徳コンサルの美味そうな話にコロリと騙された。その姿は、まさに現在の民主党に重なる。A氏もよく言っていた。「会社最優先」と。

経営不振に陥った民主党が復活するには、顧客である有権者を満足させる商品、すなわち政策を開発・販売するしかない。有権者は魅力的な政策に対価(票)を払う。ライバル社を批判するだけでは、その顧客まで奪うことなど出来ないのだ。

そして、民主党の商品の売り文句、コンセプトこそ「国民目線」だった。なのにそれを捨てた。捨てたどころか、国民を蔑ろにし始めた。明らかに冷静さを欠いている。

12月15日、民主党の枝野幹事長はおおさか維新が来夏の参院選に全国規模で候補者を擁立することを「邪魔」と言い放った。「1人区では一番勝てそうな候補以外は降りろ」、「民主党の邪魔をする政党は野党じゃない」、等とのたまった。

完全に政局目線であり、国民目線は欠片も無い。「商品の選択肢を無くせば不人気商品でも買うだろ」、という、人を馬鹿にした販売戦略に他ならない。こういう手法で経営危機を脱した会社、売上を伸ばした商品を、no-risuは一例も知らない。

おまけに、「反自民」などという誇張された「民意」にコロリと騙されて、共産・社民支持者らの巣窟である国会前デモにノコノコ出かけ、高揚感から顔を紅潮させ高らかに「みなさんの受け皿になる!」と演説する滑稽さ。見てるこちらが恥ずかしい。

現状、民主党の経営方針は最悪と言って良い。ビジネス目線で見た場合、その行く末は分かりきっている。典型的だ。経営破綻するか、大幅に規模縮小するか、解体され他の企業に吸収合併されるのだ。まあ、お似合いの末路か。

余談。

A氏の件だが、Bの悪巧みは叩き潰した。奴の肩書きも嘘だった。逆恨みしたBは、国に「no-risuとかいう悪徳コンサルがいる」とチクったが、逆にBの悪質性がバレて、関係機関や団体へ「Bに注意せよ」との注意喚起がなされた。ザマア(笑)。

まあ、A氏の会社は潰れたが。




時事:おおさか維新は「邪魔」=民主幹事長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-00000172-jij-pol
" 民主党の枝野幸男幹事長は15日、さいたま市で講演し、おおさか維新の会が来年夏の参院選に全国規模で候補者を擁立することを「邪魔」と断じた。
 おおさか維新側の反発が予想される。"
 枝野氏は「奈良、滋賀、三重に(候補者を)立てても結果的に民主党の邪魔をするだけだ。邪魔するだけの選挙区に立てる政党は野党じゃない」と述べ、おおさか維新の動きをけん制した。
 また、「(改選数1の)1人区では一番勝てそうな候補以外は降りる。それがまさに安倍政治と戦うということだ」と語り、他の野党に譲歩を促した。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:民主党
ジャンル:政治・経済

  1. 民主党
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

お久しぶりですミンスなぞ選挙互助会

国民なぞ二の次、バッヂ付ければ偉いなんとかなる。
頭の悪い馬鹿集団、岡田克也なぞ、イオンと東京新聞及び中日新聞を、支配する。独禁法違反の一族国民目線なぞ、ありようが無いです。
  1. 2015-12-17 06:07
  2. URL
  3. プロ市民嫌い #e8dqewdg
  4. 編集

To プロ市民嫌いさん

こんばんは。

そんなに久しぶりな感じはしませんが(笑)。

岡田はそれほど馬鹿じゃないと思いますよ。家業はおいておいて、民主党幹部の中ではかなりマシな部類と言うか、これ以上の人間は居ない様な気がします。邪魔ですね(笑)。

  1. 2015-12-17 20:07
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する