2015-12-22 23:57

朝日新聞がユニバに敗訴、東京地裁のトンデモ判決


あまりに不可解、理不尽とでも言うべきトンデモ判決が東京地裁で下された。12月21日、東京地裁はパチンコ大手メーカー「ユニバーサルエンターテインメント(通称ユニバ)」の訴えを認め、朝日新聞にweb記事の削除と損害賠償330万円の支払を命じた。

およそ3年前、朝日新聞はフィリピンのカジノリゾート開発に関する不正疑惑を報じた。ユニバは外資規制緩和を目的に、規制当局の政府高官らに接待を繰り返し、フィリピン娯楽賭博公社会長の側近の関連会社等に4000万ドルの裏金を送金したとされる。

かなり力の入った記事で、no-risuの記憶にも強く残っている。ユニバは飛ぶ鳥落とす勢いの人気メーカーだ。パチマネーにどっぷり浸る新聞が、そのトップ企業を敵に回す暴露記事を書いたことに衝撃を受けた。「やるな朝日」、と感心したものだ。

これにユニバが激怒、朝日新聞を相手取り、名誉毀損による賠償金1億円、謝罪広告及びweb記事の削除を求めて、東京地裁に提訴したのだった。その結果、朝日新聞の敗訴になったのだが、東京地裁の判決は異常としか言い様が無い。

東京地裁も、朝日記事の「接待」と「送金」は事実と認めている。その上で、東京地裁は以下の判決理由を示した。

接待は事実だが→有利な取り計らいを受ける目的があったとは言えない。
送金は事実だが→ユニバの意思決定によるものではなかった。


アホかと。

ユニバの下心は誰の目にも明らかだ。他に接待する理由は無い。接待相手、カジノ計画、巨額の送金、全ての条件がユニバのクロを示している。「見返りを求めない清く正しい懇親会」のわけがなく、東京地裁の判断は結論ありきを疑いたくなる。

送金の見解もおかしい。金の性格は賄賂であり、裏金を会社として正式決定・処理するわけがない。だいたい、一部の人間が勝手に送金したのなら、巨額横領・背任による刑事事件だろう。しかし、ユニバが「犯人」を処分や告訴する気配は無い。

裁判について、朝日新聞は勝訴を確信していたはずだ。100%勝つと思っていた。これは断言出来る。何故ならば、11月に前例が発生していたからだ。

ユニバの不正疑惑については、朝日新聞だけでなくロイターも同時期・同内容で報じていた。理由は不明だが、情報源の人物が複数のマスコミに持ち込んだのかもしれない。そして、ユニバはロイターに対しても、同様に名誉毀損で訴えを起こした。

その地裁判決が11月25日に下され、結果はユニバの全面敗訴だった。地裁の裁判長は、「悪事は事実であり、報じられて会社の社会的信用が失墜しても、そんなものが名誉毀損になるかボケ!」、とユニバの訴えを一蹴したのである。

当然、この常識的判決は朝日新聞の耳にも届いただろう。そして、ユニバ全面敗訴の判決を下した「地裁」とは、何と「東京地裁」なのである。同じ記事、同じ訴訟理由、さらには同じ東京地裁、朝日新聞が勝訴を確信したことは想像に難くない。

では、どうして同じ東京地裁が、ロイターと朝日新聞で判決を180度変えたのか。実は、同じ東京地裁でも、担当した裁判官が違ったのだ。ロイターは阪本勝裁判長、朝日新聞は松本利幸裁判長だった。

松本利幸の名前には聞き覚えがある。よく覚えていないが、no-risuの記憶に残っている裁判官なら、どうせろくでもない理由に違いない。

朝日新聞の敗訴について、読売らいくつかの記事を目にしたが、一様に「捏造記事で朝日新聞に賠償命令」の印象を受ける見出しが用いられていた。そのせいか、ネットでは「また朝日が捏造記事か、ザマミロw」といった朝日批判が多く見られた。

しかし、本件については朝日新聞が正しく、東京地裁・松本裁判長の考え方がおかしい。朝日新聞は素晴らしい記事を書いた。報道の名に相応しい、勇気ある告発記事を書いた。真に批判されるべきは、ユニバと東京地裁・松本裁判長の方だ。

朝日新聞は、判決を不服として即日控訴を決めた。当然の控訴である。正義は朝日新聞にありだ。no-risuは、高裁での逆転勝訴を信じている。





読売:記事「真実でない」朝日に330万円支払い命令
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151221-OYT1T50122.html
 フィリピンのカジノリゾート開発を巡る不正疑惑を報じた朝日新聞の記事で名誉を傷つけられたとして、パチンコ大手メーカー「ユニバーサルエンターテインメント」(UE社、東京)が朝日新聞社に1億円の損害賠償などを求めた訴訟で、東京地裁は21日、同社に対し、330万円の支払いとウェブサイト上の一部記事の削除を命じる判決を言い渡した。
" 松本利幸裁判長は、一部記事の内容について、「真実ではなく、真実相当性も認められない」と述べた。
 問題となったのは、2012年12月~13年2月の計5本の記事。UE社がカジノ免許の許認可権を持つフィリピン政府高官らに接待を繰り返し、UE社の子会社が同国のカジノ規制当局側に4000万ドル(約37億円)を送金したなどと報じた。"
" 判決は、接待や送金は認める一方、接待に有利な取り計らいを受ける目的があったとはいえず、一部の送金はUE社の意思決定によるものではなかったなどとして、5本中4本の記事について名誉毀損(きそん)を認めた。
 朝日新聞社広報部の話「ただちに控訴する
」"






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

>そのせいか、ネットでは「また朝日が捏造記事か、ザマミロw」といった朝日批判が多く見られた。

 オオカミ少年がオオカミに襲われても、誰も助けに来てくれない事の証明ですね。
  1. 2015-12-23 14:20
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

自業自得なのですが、哀れでもあります。
信用失墜がどういうことなのか、朝日新聞やリベラル連中を見ていると良く分かりますね。

  1. 2015-12-23 19:06
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

アカヒだもの

頭のおかしな裁判官と、頭のおかしなアカヒ、仲良く潰しあってもらいたいです。
  1. 2015-12-24 08:12
  2. URL
  3. プロ市民嫌い #a3VXqt5.
  4. 編集

頭のおかしなプロ市民嫌いへ

プロ市民嫌い
お前みたいな糞は、在特会でも入って仲間にボコボコにされりゃいいんだよタコ右翼。どうせそのうちバチが当たって病死か事故死だろうよ。no-risuさんに失礼だよ。
  1. 2015-12-24 14:54
  2. URL
  3. 右翼崩れ #-
  4. 編集

To プロ市民嫌いさん

こんばんは。

例え朝日でも、良い報道は褒めましょうよ。
批判だけでは朝日は更生しませんし、面白くないじゃないですか。

  1. 2015-12-24 20:50
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 右翼崩れさん

こんばんは。

お気遣い感謝します。

ですが、私は不快に思っていません。
本当に問題のあるコメントは私が放置しませんので、どうかそこは信用願います。

  1. 2015-12-24 20:52
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

パチスロ大手
パチンコ中小
  1. 2015-12-25 14:25
  2. URL
  3. ななし #-
  4. 編集

To ななしさん

こんばんは。

そうですね、ユニバと言えばパチスロですねぇ。

  1. 2015-12-25 21:14
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する