2016-01-19 20:51

年金運用は民間金融機関に任されている


漫画家の小林よりのりが、ブロゴスでTBSの「時事放談」について書いていた。お気に入りの番組らしい。直近では、丹羽宇一郎前中国大使が年金運用損失で官僚批判したそうで、「いちいち話が納得できて、すごく面白かった」と手放しに称賛していた。


 年金積立金を株式で運用する暴挙について、「国民のお金で博打をしてはいけない」と明確に批判してくれた。
官僚は、人のカネだからって勝手に博打をやって、 職も失わない、給料も減らない。そんな連中が年金を直接株式で運用するなんて、一体誰が責任取るのだ!
と怒っていた。
まったくその通りだ


番組を観ていないので確かなことは言えないが、事実であれば丹羽前大使はかなり頭の悪い人間だと言える。何故なら、上記丹羽の発言は、ほぼ全てが事実誤認に基づいており、間違った認識で不当に他人(官僚)を批判しているからだ。

運用と賭博を混同しているもどうかと思うが、まあそれくらいは目を瞑ってもいい。問題はその次だ。よしのりみたいなアホはコロリと騙されるかもしれないが、丹羽の主張は完全に間違っている。おそらく、同様に信じ込む国民も多いだろう。

順に説明していこう。まず、「人のカネ」の部分だ。

個人投資家の一部を除き、資金運用とは他人の金でやるものだ。金融機関でも企業でも、社員が自分の金を自分で運用しているわけではない。個人投資家だって、多くは金融機関に委託する。そして、銀行が他人の金を運用している。

次に「(官僚は)職も失わない、給料も減らない」の部分だ。要は、官僚は「責任をとらない人種」と言いたいのだろう。世間一般でも似た様な認識の人は多いと思うが、とんだ間違いである。官僚だって、失敗すれば給料は減るし職も失うのだ。

むしろ、官僚は公務員の中でもそのリスクが高い。官僚は人事で責任をとる。取らされる。官僚は熾烈な出世競争の世界だ。失敗すれば、出世どころか全国各地に容赦なく異動させされ、生涯報酬は激減し、その後は早期退職が待ち構えている。

つまり、官僚だって給料は減るし職も失うのだ。そして何より、「官僚」を持ち出すこと自体、根本的に間違っているのである。

年金運用を任されているのは、「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」だ。独立行政法人である。独法職員は官僚ではない。「どうせ天下ってるんだろ?」との意見もあるかもしれないが、天下っていようがいまいが関係ない。

何故なら、実際に年金基金を運用するのはGPIFの職員ではなく、GPIFから委託を受けた金融機関だからだ。当然だろう。職員に運用の知識は無い。およそ20のそうそうたる顔ぶれ金融機関が、我々の年金基金を運用しているのだ。

委託先は全て公表されている。Wikipediaにも載っている。年金運用とは、丹羽前大使が言う様な「無責任な官僚による他人の金を使った博打」ではない。こんな出鱈目をTBSの番組で述べたなら、「余程頭の悪い人間」と考えざるを得まい。

そして、愚かにも「まったくその通りだ!」と納得し、「いちいち話が納得できて、すごく面白かった!」とブログに書く小林よしのり。奴は自分でも自覚しているが、発信力と影響力は中々のものだ。だが、知性は伴っていない。アホすぎる。

もし、丹羽や小林みたいな認識を持っている人がいれば、恥をかく前に認識を改めた方が良い。しっかし、小林よしのりも堕ちたものだな。以下に当該エントリの全文を掲載するが、リベラルに汚染されるとこうも激しく劣化するものか。



Blogos:TBS「時事放談」の丹羽前中国大使が面白かった(小林よしのり)
http://blogos.com/article/155292/
 ネトウヨは安倍政権に批判的なテレビ番組がとにかく嫌いだ。それにしてはよくテレビ番組を見ていて、TBSの番組を必ずけなす。
日曜の番組だと、「時事放談」と「サンデーモーニング」をけなし、「報道2001」を称賛する。この評価を見ると、番組が右派か左派か分かるようなものだが、それにしても「時事放談」までネトウヨがチェックしているのが可笑しい。
 日曜朝は、以前はサラリーマン向けにもっと知的な政治報道番組をやってたのに、今はどのチャンネルも バラエティーで、政治も芸能も一緒くたに無責任な放言を するばっかりの番組だらけになってしまった。その分、「時事放談」が異彩を放っている。
 「時事放談」は「放談」という割には硬派で、藤井裕久が出るときは特に見るのだが、今朝は丹羽宇一郎 前中国大使が出ていて、いちいち話が納得できて、すごく面白かった。
" 年金積立金を株式で運用する暴挙について、「国民のお金で博打をしてはいけない」と明確に批判してくれた。
「官僚は、人のカネだからって勝手に博打をやって、 職も失わない、給料も減らない。そんな連中が年金を直接株式で運用するなんて、一体誰が責任取るのだ!」
と怒っていた。
まったくその通りだ。"
 すでに去年、GPIF「10兆円運用損」というニュースが あったが、年金積立金を「ジャンク債」にもつぎ込んで いるというから、もう年金は戻ってこないと考えた方がいい。 今年になって株価はどんどん下がってるから、もっと損失が出るだろう。
" 丹羽氏の話で引っ掛かりのある部分は中国の評価だけだ。 中国の株価が暴落しているが、株価と実体経済は違うと言い、中国の実体経済は株価の暴落ほどではないような言い方をしていたが、果たしてそうなのだろうか?
 この件では藤井氏の悲観論の方が正しいように思えた。いくら人口が多くても、今までの中国の経済は外需に依存してたはずで、内需では回らないのではないか?"
" 日本では確実に株価と実体経済が乖離している。しかも内需で回るはずの日本経済を、わざわざ外需依存に転換しようと政府がしてるのだから、おかしな話である。
外需頼みは発展途上国型の経済であって、日本は そういう段階をさっさと卒業できる国だろうにという思いが消えない。"







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題
ジャンル:政治・経済

  1. 公務員
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

わたしにとって何故か昭和の良い想い出のTV番組の一つであるTBSの「時事放談」が、まだ演っていた!と思い2年前くらい前に見ましたが 此処ぞとばかりに集まっている爺婆の憂さ晴らしだけのモノになっていて・・・。
  1. 2016-01-19 22:00
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

>日本では確実に株価と実体経済が乖離している。

 乖離って?
 明らかに低い方に乖離しているんですけどね。

 株価って普通、PER(株価収益率)や株価純資産倍率(PBR)を基準に考えます。 

 株価収益率 = 株価 ÷ 一株当たり当期純利益

 株価純資産倍率 = 株価 ÷ 一株あたり純資産額

 日本株はそのどちらもアメリカ等に比べてまだ低い状態です。

 バブルまでは日本株はこれが高過ぎたのですが、バブル崩壊以降ドンドン下がって、今は世界最低水準です。

 逆に言えばまだ高くなっても問題ありません。

 そして年金運用資金に対する株式の比率も、他の資本主義国に比べて少な目です。


 小林よしのりはこれをわかって言ってるんでしょうか?
  1. 2016-01-20 11:09
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

年金は博打ではありません

預貯金がきちんと元本保証なように、年金運用も基本的に元本保証です。それも、一部運用です、あとは、いわゆる掛金型で、仕組みとしては、共済に違いはずです、だから運用益のほうが高いようです。
  1. 2016-01-20 12:27
  2. URL
  3. プロ市民嫌い #e8dqewdg
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

私は見たこと無いか記憶にないのですが、そこそこ続いているんですねぇ。
気が付いたら今度見てみますよ。
  1. 2016-01-20 20:42
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

小林よしのりに経済の知識は無いと思いますから、深読みしても意味ないと思いますよ。

乖離というのは、あくまで思い込みや偏見にすぎないでしょう。
アベノミクスは失敗しているはずだから、景気は最悪なはずだから、株価は現実経済と乖離している!、と言っているだけだと思います。

  1. 2016-01-20 20:45
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To プロ市民嫌いさん

こんばんは。

年金は元本保証じゃないですよ。共済とも違います。
「年金掛け金」とは言いますが、積立ではないですからね。

  1. 2016-01-20 20:47
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

知ったかぶりで申し訳ありませんでした

お詫び申し上げますm(_ _)m
  1. 2016-01-22 05:12
  2. URL
  3. プロ市民嫌い #e8dqewdg
  4. 編集

To プロ市民嫌いさん

こんばんは。遅くなりました。

いえいえ、お気になさらず。
  1. 2016-01-24 17:57
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する