2016-02-09 20:50

サヨクは事実より願望を認識し記憶する


政治的偏向報道は自民党絡みが圧倒的に多い。権力批判がメディアの責務と言えども、批判のための批判や誹謗中傷同然のレッテル張り、自社の思想実現を目的とした批判などは許されないと思うが、サヨクメディアはいとも簡単に一線を越えてくる。

だから、偏向報道に対して批判する人種は、自民党やその支持者、保守派やネトウヨばかりである。と思っている、あるいは感じている人が多いのではなかろうか。しかし、実はサヨク連中が偏向報道を批判することも決して珍しくない。

ただ、批判の内容は我々の視点と異なる。サヨク連中の批判は、「報じないことへの批判」を基本としている。よく問題視される「報道しない自由」のことではない。サヨクの言う「報じない」は、「彼らが望む量と質が満たされていない報道」を指す。

例えば、甘利収賄問題では各紙が大きく扱い、批判する社説や識者の見解を掲載し、あの産経新聞も精力的に追求しているが、ブロゴスの著名なサヨクブロガーは「どうしてマスコミは甘利問題を批判しないのか!」「偏向報道だ!」と憤慨していた。

もっと酷いのになると、某カリスマ反原発プロ市民のH・隆は、「甘利を原発再稼動の犯罪者と書かないのは偏向報道だ!」と激怒していた。自己中心的すぎる思い込み、被害妄想も甚だしいわけだが、彼らにとってはこれが「事実」である。

さて、「九条の会」が2月8日、緊急アピール「安倍首相の九条明文改憲発言に抗議する」を発表した。朝日新聞が全文掲載したのでエントリ下に紹介しておくが、改めていちいち指摘する気も失せる、まあ酷い内容だった。

それでも一点だけ指摘したいのは、抗議声明にサヨクが事実より願望を認識し記憶する性質が明確に現れている部分で、声明最後にある決意表明がそれだ。

 私たち九条の会は、自らの憲法尊重擁護義務をまったくわきまえないこうした一連の安倍首相の明文改憲発言に断固抗議します。2007年、9条改憲を公言した第1次安倍政権を退陣に追い込んだ世論の高揚の再現をめざして、戦争法を廃止し、憲法9条を守りぬくこと、そのために、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます。

客観的な事実として、安倍総理の退陣理由は難病「潰瘍性大腸炎」だった。しかし、9条の会の認識する事実は違うらしい。「9条改憲に反対する世論の高揚」こそが、安倍総理を退陣に追い込んだ真の理由であるらしいのだ。

そんな高揚あったか?(笑)。

まあ、確かに国民投票法で改憲議論はなされたが、当時は民主党も対案を提出するなど前向きだったし、せいぜい社民党がキーキー喚いていたくらいではなかったか。世論の高揚など彼らの妄想の産物だ。

で、彼らはそれを「再現」するそうだ。存在しないものを再現することは不可能だと思うが、9条の会の皆様には可能なのかもしれない。何故ならば、彼らにとっての事実とは、必ずしも事実である必要性は無いからだ。

ひょっとしたら、9条の会が認識する憲法9条も、世間一般的な認識とは違うのかもしれない。護憲派にとっては、甘美で魅力的な、麻薬みたいな存在なのかもしれない。

だって、彼らの言動はラリッた薬中と大差ないじゃないの(笑)。




朝日:九条の会、安倍首相に抗議する緊急アピールの全文
http://www.asahi.com/articles/ASJ285TG2J28UTIL03Z.html
 安倍首相が憲法9条の改正にも言及したことを受け、護憲派の文化人らでつくる「九条の会」が8日に発表した緊急アピール「安倍首相の九条明文改憲発言に抗議する」の全文は次のとおり。
 安倍晋三首相は、2月3日と4日と5日の連日、衆議院予算委員会の審議において、戦力の不保持を定めた憲法9条2項の改定に言及しました。その際に、「7割の憲法学者が自衛隊に憲法違反の疑いをもっている状況をなくすべきだ」という逆立ちした我田引水の理屈や、「占領時代につくられた憲法で、時代にそぐわない」という相も変わらぬ「押しつけ憲法」論などを理由に挙げました。これらは、同首相が、憲法9条の意義を正面から否定する考えの持ち主であることを公言するものに他なりません。
 昨年9月、政府・与党は、多くの国民の反対の声を押し切って、日本国憲法がよって立つ立憲主義をくつがえし、民主主義をかなぐり捨てて、9条の平和主義を破壊する戦争法(安保関連法)案の採決を強行しました。この時は、「集団的自衛権の限定行使は合憲」、「現行憲法の範囲内の法案」などと、従来の政府見解からも逸脱する答弁で逃げ回りました。ところが今度は、そうした解釈変更と法律制定による憲法破壊に加えて、明文改憲の主張を公然とするに至ったのです。それは、有事における首相の権限強化や国民の権利制限のための「緊急事態条項」創設の主張にも如実に現れています。
 私たち九条の会は、自らの憲法尊重擁護義務をまったくわきまえないこうした一連の安倍首相の明文改憲発言に断固抗議します。2007年、9条改憲を公言した第1次安倍政権を退陣に追い込んだ世論の高揚の再現をめざして、戦争法を廃止し、憲法9条を守りぬくこと、そのために、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民
ジャンル:政治・経済

  1. プロ市民
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

俺様ミンイガー

俺様絶対、異論は認めない、平和念仏九条踊り、もはや六十年の伝統芸能、脳ヘル症より、無能文化財として、代々木が登録すれば?
ミンイガーでも、俺様ミンイガー、ロボトミーでもよくならない。
楽しかった、で結果は?いや行働にイミガー
だめダコリア。
  1. 2016-02-12 03:45
  2. URL
  3. プロ市民嫌いガラケー崩壊 #a3VXqt5.
  4. 編集

To プロ市民嫌いさん

こんばんは。

ダメな人種ですね。
どうにか改善する手段があれば良いのですが・・・。

  1. 2016-02-12 21:08
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する