2016-02-23 21:32

裏沖縄旅行記 Part1 国際通り・牧志公設市場


ANA.png



沖縄県に行ってきた。個人的な興味を優先したので、一般的な観光旅行とは言い難いけど、それなりに面白い旅になった。るるぶ等のガイドブックには載らないであろう「沖縄」について、実際に見て聞いて感じてきたことを書き記しておきたい。

・ガイド

今回の旅行は現地ガイド付き。仮にR君と呼ぶ。彼は友人であり会社の後輩だが、10年前に転職して今は那覇市在住。仕事柄、沖縄の様々な事情を知るポジションにある。ちなみに、彼はno-risuの政治的思想や本ブログについて何も知らない。

・いざ国際通りへ


国際通り


全長1.6キロの国際通りは、一般的には沖縄観光の名所とされる。沖縄料理店をはじめとして、おびただしい数の飲食店や土産物屋が並ぶ。派手な土産物屋が多く、どの店も売っているものは同じだ。経営者が同じなのかもしれない。

最初こそ、大都市に引けをとらない煌びやかな賑わいに驚いた。しかし、過ごすうち「ここは沖縄じゃないな」と痛感するようになった。「沖縄」から最もかけ離れた仮初の世界、観光客向けに作られた異空間、それが国際通りの実際だ。

no-risu 「張りぼてだな」

R君 「まあ、地元民はほとんど近寄りませんし」


地元民に愛されない観光名所。道頓堀やアメ横や鎌倉参道などとは違い、国際通りにマイナス感情を抱く根源的な理由だ。国際通りは、道は直線的でも中身は歪んでいる。

R君 「昔はここまでじゃなかったのに、年々ひどくなってます」

有名な「石垣島ラー油」を発見。1個1000円。高すぎると文句を言ったら、売り子のお婆さんが「仕入れ値が820円だからねぇ」と言う。なら仕方ないかと我慢して購入。

後日、その近くの別の店で800円で売られていた。クソババアめ。

R君 「ここらの商人は平気で観光客を騙します(笑)」


・牧志公設市場へ

no-risu 「牧志公設市場に行きたい」

R君 「ええ~・・・(嫌そう)」

no-risu 「どうした?」

R君 「あそこは地元民が寄らない観光市場ですよ」

R君 「それに値段は高いし、観光客に平気で嘘もつきますよ」
 


no-risuは市場が好きだ。ズラリと並ぶ農産物や海産物は見ているだけで心を癒す。R君の反対は無視した。

歩いて国際通りから公設市場通りに入り、牧志公設市場に向かう。牧志公設市場はメジャーな観光スポットで、ガイドブックには必ず紹介されている。国際通りから歩いてすぐだから、国際通りとセットのお決まり観光ルートである。

公設市場通りをしばらく歩くと、唐突にR君が「着きました」と言う。「どこよ?」とno-risu。彼が指差す方向には暗く狭い入り口があり、上に「牧志公設市場」と書かれていた。



牧志入り口

外観は想像していたよりもはるかにボロい。入り口が暗く狭いから入るのに躊躇しそうだ。でも、この感じは嫌いではない。むしろ風情や人情味があってよろしい。

青果物は市場の外で売っていて、見慣れない農産物、特に果物が面白かった。スターフルーツを購入。2個で350円。大きさ質ともに上等で、良心的な値段設定だ。柑橘風味の梨みたいな味がする。クセが無くとても美味しい。


スターフルーツ


市場内部に入る。まず漬物屋があって、島ラッキョウの試食の猛攻を受ける。高いので購入は拒否。沖縄グルメはいずれまとめて紹介するが、たいして美味いものが無い沖縄グルメの中で、島ラッキョウは食べるに値する。

奥に進むと肉屋と魚屋が並ぶ。魚屋には、テレビや図鑑でしか見たことのない、美味そうな海老や貝がゴロゴロしている。市場の2階は食堂になっていて、買えば2階ですぐに料理してくれるらしい。



牧志エビ2


美しく巨大なイセエビ、ウチワ海老、セミ海老、ノコギリガザミ、夜光貝。これらの生簀を見ながら興奮するno-risuに、R君が申し訳なさそうな顔でそっと耳打ちしてきた。「東南アジアあたりからの輸入物が大量に混じっていますよ」。

言われて冷静に見渡すと、「どこどこ産」といった産地表示が全くされていない。完全に違法行為である。まあ、一々咎めようとも思わないが、仮にも「公設」市場のくせに、食品表示法をガン無視するのはいかがなものか。

no-risu 「あっちの豚肉屋はどうなんだ?」

R君 「ここのは本物でしょうけど、アグー(沖縄ブランド豚)は偽物だらけです」

no-risu 「マジ?」

R君 「生産量に対して流通量が多すぎますから(笑)」 



次回、「裏沖縄旅行記 Part2 龍柱」に続く




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

めんそーれ!no-risuさん!(もう帰られていますかね?) 沖縄のいう観光立県の形というのは、本土の昔の屋台村よろしく大小にかかわらずチンケな張りぼての事です!観光客の方々は過激な思い入れで、よくもあんな物やサービス?に、お金払ってくださるよな~って思っています!どうぞ卑猥なガイドパンフを信用せず暖かいのと海だけが取り柄の沖縄を探訪なされて下さいね!
  1. 2016-02-24 00:01
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

二弾、三弾が楽しみです。

スターフルーツの鮮やかな黄色が美味しそうです。
画像をオカズにミカンを食べました(笑)
  1. 2016-02-24 12:06
  2. URL
  3. もらもら #Fldqm66o
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

すでに沖縄にはいません(笑)。

このシリーズは沖縄に辛口な路線になりますが、そんなに卑屈になる必要はありません。私はぜひまた沖縄に行きたいと思います。不思議な魅力がありますよ。

  1. 2016-02-24 19:33
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To もらもらさん

こんばんは。

もう少し長いシリーズになりそうです。

スターフルーツの写真はネットの拾いものですが、現物もあんな感じです。
おそらく、この写真からイメージされる通りの味がしますよ。

  1. 2016-02-24 19:36
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する