2016-02-24 20:48

裏沖縄旅行記 Part2 龍柱



・龍柱へ

牧志公設市場がいまいちだったので、地元民に愛される本当の市場を見るべく「道の駅いとまん」に向う。県南部の糸満市にある道の駅で、立派なファーマーズマーケットが併設され、魚介類専用の施設もある。道の駅だから観光スポットでもある。

レンタカーに乗りナビをセット。

R君 「せっかくなんで龍柱見ますか?」

no-risu 「龍柱?、ナニソレ?(すっとぼけ)」

R君 「道中ですし、笑っちゃうほどでかいですよ(笑)」


龍柱とは、中国福州市との姉妹都市締結30周年を記念して、那覇市の新たなシンボルとして製造された、龍の彫刻をあしらった石柱だ。わざわざ中国に発注・製造し、3億円もの税金を注ぎ込む価値があったのか、市内外から疑問の声が上がる。

R君の提案にのって那覇港に向かった。運転は彼に任せて車窓から街を眺める。台風常襲地帯のため、建物はどれもごつい鉄筋でカクカク四角い。視界に斜めや曲線の無い世界は、圧迫感なのか威圧感なのか、何やらとても不快である。

沖縄ならではの看板が目に留まった。「軍用地専門!、資産運用は○社にお任せ!」。

no-risu 「軍用地で資産運用?(すっとぼけ)」

R君 「軍用地は絶対に儲かる超優良資産ですよ!」

no-risu 「じゃあ普天間返還されたら地主は困るかな?」

R君 「嫌がりますね、だから裏で辺野古反対を支援する地主も多いです」


目的地に到着。現場には小さな公園と有料駐車場があり、有料駐車場は最初の30分が無料。車を停めて外に出る。確かに巨大だ。15メートルとは聞いていたが、5階建てのビルに相当する高さ大きさは圧巻である。長くて太い。



龍柱3


しかし、この辺りは観光と無縁の通過地点にすぎない様に見える。龍柱は那覇港に来る豪華客船の客をお迎えするらしいが、誰にも見向きされないだろうと思う。3億円ねぇ。

龍柱の足元は青いビニールシートで覆われ、鉄柵で近づけないよう囲われていた。除幕早々の今年1月、龍柱に落書きされる事件が起きたから、その影響だろう。ビニールシートの隙間から、黒いペンキが見えた。まだ消していないらしい。



龍柱


R君 「龍の指が4本ですよね、中国の龍は5本です」

no-risu 「何か意味あるの?(すっとぼけ)」

R君 「4本龍は5本龍の格下、沖縄は中国の臣下ってことです」

no-risu 「すぐそこに建ち並ぶホテルに豪華客船の客は泊まらないの?」

R君 「あれはラブホですよ(笑)」


龍柱2
背後の建物は全てラブホ。マスコミらは絶対にこの角度で写真を撮らない。


車に戻りエンジンをかける。

日曜日の11時、龍柱付近は公園含めて我々以外に誰も来なかった。


次回、「裏沖縄旅行記 Part3 道の駅いとまん」に続く





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

 2010年に基地の地代についてエントリーした時に調べたら、利回り5%!の有料資産でした。

 ところが先日調べたら3%になっているのです。

 しかし地代が減額されたと言う話は聞きませんから、つまりは軍用地そのモノが値上がりしたのです。

 5年間で1.67倍!!の値上がり!!

 ホントに凄い有料資産です。 ワタシも買っておけば良かった。
  1. 2016-02-25 12:36
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

お高いですよ(笑)。

軍用地については、以前のエントリにcn2100さんからとても興味深いコメントをいただきましたので、それを紹介させていただきたいと思います。

以下、cn2100さんより

本土ではあまり知られていませんが、この「軍用地」は一般の土地と同じように売買取引が可能で、それを仲介する業者さんや専用の銀行ローンもあります。もちろん「軍用地」を担保に銀行から融資を受けることもできます。
沖縄では個人はもちろん、会社や団体・組合などのお金の投資先として重宝されています。

メリットとしては、

① 管理は国に丸投げできる
② 確実な収入が確保できる(毎年8月に払込まれます)
③ 値上がりが期待できる
④ 担保価値が高い(特に返還される見込みのない土地や返還係争地が高い)
⑤ 換金性が高い(先祖代々の土地を大事にする沖縄では売り手市場の傾向が強い)
⑥ 固定資産税が安い(国の借地権が付いている為に土地の評価額が低い)

ちなみに、普天間基地は銀行の評価ランキングで「C地域」、年間借地料の25~30倍の担保評価ということです。

借地料が100万円ならば、土地を担保にすれば単純計算でも3000万円の利益が得られる、しかも軍用地主会の共済借入れなら金利も銀行よりはるかに安い。沖縄の軍用地主が裕福だと言われる所以です。

参考のために、沖縄軍用地を扱う某不動産サイトによる販売価格をご紹介します。

売地:普天間飛行場全4区画 面積:184.38㎡
年間借地料:36万円
販売価格:1,156万円


以上、すごいですよね。

  1. 2016-02-25 20:24
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

no-risuさんのすっとぼけに大ウケ

no-risuさんも悪よのう(笑)

それは兎も角、軍用地の優良資産ぶりは凄いですね。
一般のヤマトンチューが持っているイメージと全然違います。
こういう情報はありがたいです。

それにしても龍柱って3億円払って支那の業者にやらせたんでしたよね。
せめて県内の業者に回せば良いのに。



  1. 2016-02-25 21:29
  2. URL
  3. もらもら #Fldqm66o
  4. 編集

To もらもらさん

こんばんは。

もともとR君とは政治的趣味の繋がりは無いので、関係をおかしくしない様になるべく政治色を薄めつつ、しかしさりげなく情報を聞き出すのが今回のテーマでもありました(笑)。

龍柱の現地評価ですが、材質が安っぽいとのことで、最初の台風シーズンを乗り切れるのかが大きな関心事項だそうです。メイドインチャイナですからね、どうなることやら。

  1. 2016-02-25 22:22
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

龍柱ー気になる話

出し遅れた証文ですが・・・。

西村幸祐xケント・ギルバード両氏の対談本「日本の自立」の一節です。

龍柱事業は翁長知事発案のとんでもない事業という話の流れの落ちとして、


西村 ・・・。石平さんとは一緒に本を何冊か出していますが、昔から仲が良くて、単刀直入に聞いてみたんですよ。

「沖縄のあの龍柱ね、あれ、元中国人だから分るでしょ。どういう意味なんですか」と。

そしたらね、石平さんはこう答えました。

「中国人なら誰でも分る。あれが建っていたら、そこは俺達の領土だと。中国人はそう思う」と。

  1. 2016-02-27 06:15
  2. URL
  3. かわた #qFCkdryo
  4. 編集

To かわたさん

こんばんは。

石平さんですか、爽快な中国論は産経新聞などでも執筆されてますが、内容の正しさは結構怪しいんですよね・・・。

龍柱があるから沖縄は中国領土、う~ん、怪しいです(笑)。

  1. 2016-02-27 23:08
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

おもてなし

いわいでもがなですが、素直に見ると、

龍柱、あれは(まだ見てないのですが・・・)

中国からのお客様への、翁長知事の心からの「おもてなし」なんでしょうね。
お客様が勘違いせずに、くつろいでだけ下さるといいんですが・・・。
  1. 2016-02-28 08:34
  2. URL
  3. かわた #qFCkdryo
  4. 編集

To かわたさん

こんばんは。

大丈夫ですよ、お客様は龍柱の存在に気が付きすらしませんから(笑)。

  1. 2016-02-28 19:34
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する