2016-02-27 23:25

裏沖縄旅行記 Part4 イオンライカム


※タイトル詐欺です

・イオンモール沖縄ライカムへ

ionnraikamu.jpg


2015年4月、イオンが中頭郡北中城村に開業巨大ショッピングモールを開業した。コンセプトは「リゾート」。webサイトで確認すると、そこそこ魅力的な施設に映った。せっかくの沖縄旅行だし、少しくらいはリゾート成分も取り入れたい。行くべし。

no-risu 「次はライカムに行きたい」

R君 「ただのイオンですよ(笑)」

no-risu 「リゾート・ショッピングモールだぞ?」

R君 「でも中身はイオンですよ(笑)」

no-risu 「200店舗以上入ってるぞ!」

R君 「沖縄と関係無い店舗ばっかですよ(笑)」 


ナイチャーの浮ついた観光心を軽く粉砕するウチナンチュー。ぐぬぬ。しかし、ご指摘はもっともなので、ライカムは外から眺めるだけにして、ドライブメインの行程に変更した。とりあえずライカムに向けて車を走らせる(走らせてるのはR君だけど)。

那覇市内はやたらと渋滞が多い。ナビを広域にすると、そこかしこが渋滞を示す赤線表示になっていた。日曜日とはいえ、オフシーズンにこれではオンシーズンが心配だ。沖縄は観光客増加を目指しているが、キャパは大丈夫なのか。

渋滞の原因は、計画性の無い道路整備と車の多さにある。「全ての道は那覇中心部に通ず」と表現すべき道路網は、出来の悪いクモの巣状になっている。ちょっとやそっとのことでは改善できそうにない。そこにきて、致命的に車が多すぎる。

沖縄の公共交通機関は脆弱だ。鉄道は無くモノレールが1本だけ。必然的に県民の車保有率は高くなる。R君の説明によると、県民保有の車を国道に並べた場合、車間距離わずか1メートルの間隔で国道を埋め尽くすそうだ。

自動車は圧倒的に軽自動車が多い。しかも古い車が多い。R君によると、沖縄県は世帯所得が低く、税金の安い軽自動車を選ぶ人が多いとのこと。そういえば、最近の沖縄メディアや沖縄行政は、やたら「沖縄の子供の貧困」で騒いでいるナ。

no-risu 「どうして沖縄の貧困率は高いの?」

R君 「産業も不足してますが、特徴としてシングルマザーが多いです」

no-risu 「そんなに離婚が多い?」

R君 「バツ2バツ3がゴロゴロしてます」

no-risu 「どうして離婚が多いのだろう?」

R君 「沖縄の女は働き者なのに、男がぐうたら飲兵衛だからですよ(笑)」

R君 「嫁の親も、孫をこさえてくれりゃ御の字、くらいに考えてるフシがあります」


no-risu 「結婚するなら沖縄にかぎるな(笑)」

no-risu 「・・・あぁ!、それで沖縄は出生率が高いのか」


R君 「おかげで子供の貧困率も高くなってますけどね」 


翁長ら沖縄行政は、子供の貧困対策として基金を積んだり児童館を作ったり子供食堂を提供したりしているが、これらは全て対処療法だ。問題を根幹から改善するために、まずは禁酒令から始めてみてはいかがか。男性限定で。



沖縄マラソン


那覇市の渋滞を抜けてしばらく走ると、今度は沖縄マラソンの交通規制渋滞に捕まった。予想以上に大会規模が大きかったらしい。遅まきながら調べてみると、今のルートは交通規制でライカムに入場できない。目の前まで行けるのに。

渋滞のライカム坂をノロノロ走る。イオンライカムはすぐそこだ。横の対向車線をランナーが次々と通過していく。これはある意味、最高のマラソン観戦方法ではあるまいか。

no-risu 「ときにR君、ライカムって名前はどうなのよ」

R君 「何かおかしいですか?」

no-risu 「ライカムの由来はGHQ司令部だろ」

R君 「それは知りませんでした」

no-risu 「イオンGHQ司令部は県民感情的にどうなの?って話よ」

R君 「う~ん、問題になったことは無いと思いますねぇ」



ライカム交差点に到着。手を伸ばせば届きそうな距離にあるイオンライカム。しかし反対方向に誘導する無慈悲な交通整理。まあいいか。外から眺めるだけの予定だったし。どうせ中身はただのイオンだし。全然悔しくなんかないし。

さて、沖縄のマラソンも渋滞も十分すぎるほど堪能した。ライカムもちゃんと見た。
「もういい、東シナ海に向けて走れ!」、「そうですね!」。


次回、「裏沖縄旅行記 Part5 おんな村」。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

怠け者男子

>沖縄の女は働き者なのに、男がぐうたら飲兵衛だからですよ(笑)

これ読んで沖縄に行きたくなりました(笑)

以前村上もとか(だったかな)がタイを舞台にしたマンガを描いてました。
タイの女性は働き者だけど男性は怠け者。その代わり男性は女性にとても優しくする(ナンパもしまくる)とありました。ほんの子供の頃からそうだとか。
そういえば、タイも沖縄も何となく似たイメージがあるような…

今回改めて沖縄の地図を眺めたのですが、最も大きい沖縄本島でも、細長い両端の長さは100㎞程度なんですね。鉄道の発展はそもそも厳しいのかも知れません。
自転車とかバイクの活用という方向は無いのでしょうか?
  1. 2016-02-28 15:25
  2. URL
  3. もらもら #Fldqm66o
  4. 編集

To もらもらさん

こんばんは。

あくまでR君の私見なので、まるっと信用しない様にお願いします(笑)。

鉄道ですが、今のままなら不可能だろうと思いますよ。だからこそ、普天間基地返還後に南北の鉄道なり高速道路なりをズバッと通したいですね。それが出来れば、状況は劇的に変わると思います。今回痛感しましたが、普天間基地は本当に邪魔です。理屈抜きに邪魔。

自転車ですが、沖縄ではほとんど自転車・バイクがありませんでした。島が全体的に起伏が激しく、自転車は普及していないと聞きました。原付含めてバイクも少ないですが、こちらの理由はよく分かりませんねぇ。バイクはし好品の類だからなのかもしれません。

  1. 2016-02-28 19:40
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

そもそも県民の男性は酒漬けで脳は機能低下の一途を辿っています!操り人形ばかりですね!  ライカムイオンは1回行きましたが魅力の無い(単にワタクシが高級ブランドに対して無知なだけ?)高値の衣料品テナントばかりで金太郎飴の様な巨大モールってだけと思います。貧困地元民はさておき観光客の、お財布だけ?をあてに遣っていけるのか興味がありますので、物見遊山気分で、もう1度行ってこようかと考えておりますよ!
  1. 2016-02-28 22:46
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

ライカムは普通に面白そうなところだと思いましたよ、本土の美味しそうな店舗も多々入ってますし。イオンと言うだけで毛嫌いする人も多いですが、私はイオンタウンって結構好きです。一日遊べそうですよ(笑)。

  1. 2016-02-29 19:29
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する