2016-02-28 20:18

裏沖縄旅行記 Part5 おんな村


・おんな村へ

渋滞を脱出したところでコンビニトイレ休憩。沖縄のコンビニには、ローソン・ファミマ・ココストアがある。セブンイレブンは無い。コンビニであの新聞を購入。もちろん沖縄タイムスと琉球新報だ。ついにその実物を手にした。感無量(笑)。

「買うならタイムスの方が良いですよ、新報は新聞じゃありません」とR君。自分も常々そう感じていたが、現地民から見てもそうらしい。それとも、元は本土の人間だから同感覚なのか。でも今回は2紙とも購入、帰りの飛行機で読むのだ。

R君と運転を交代。晴れ渡った空の下、国道58号を気持ち良く北上する。ちなみに、2月の沖縄は天候が悪い日が多いらしく、今日みたいな好天は稀とのこと。

車窓から見る沖縄の住宅は、相変わらずどれもごつくて四角かった。集合住宅の割合が異常に高く、一軒家は少ない。コンクリ打ちっぱなしなのか灰色の建物が多く、大半が薄汚れている。築年数の浅そうな物件はほとんど見当たらない。

たまにオレンジ色の沖縄瓦をふいた建物が現れ目を引くも、その多くは台風で破損していた。面倒くさくて直さないのか、直す金が無いのか。優雅なリゾート地は外向けの顔であり、一歩内に入れば途端に厳しい現実が見えてくる。



Y.jpg


前方を走る車のナンバーが「Y」で始まっている。Yナンバー車両は米軍関係者だ。普天間基地周辺でわんさか見かけた。R君が憤慨して言う。「米軍の奴らは、事故を起こすと基地に逃げ込むから、まず泣き寝入りになっちゃいますよ」。

レンタカーを借りるとき、やたらとオプション保険を勧められたが、まあそういう理由なのだろう。沖縄で運転する旅行者は気をつけた方が良さそうだ。ただし、見たところ運転マナーはYナンバーよりウチナンチューの方が圧倒的に悪い。

沖縄県民は頻繁に車線を変更する。しかも意味の無い車線変更だ。斜め前に空間が出来ると、灯りに誘引される蛾の様に、あちこちで軽自動車が右にフラリ左にフラリと移動する。何割かはウィンカーも出さない。沖縄でしか見られない光景だ。

観光名所の琉球村を素通り。しばらく行くと海に出て、海沿いを走ると目的地の「おんな村」が見えてきた。ムフフ。おんな村。ここで我々は、金の力に物を言わせて、たぎる欲望を開放するのである。高鳴る気持ちを抑えて素早く駐車。

店の入り口にズラリと写真が並んでいる。この店は写真を見て選ぶシステムだ。店一番の色白もっちり肌を選び、先に会計を済ませて呼ばれるまで外で待つ。この待ち時間がたまらない。10分ほどでお呼びがかかり、いざ店の中へ。

「アバサー汁、お待たせしました!」



abasa-jiru.jpg


アバサーとはハリセンボンである。棘だらけの皮を剥くと、もっちりプリプリの白身が姿を現す。市場等ではその状態で売られている。狙って獲れない高級魚で、ここのアバサー汁は単品1200円。他のメニューと比較してかなり高い。

なお、汁はトラウマ級の味に悶絶した(笑)。たまごポークおにぎり200円、テビチ400円、魚介ウニソース200円~500円、黒糖ポーポー200円、牛筋の煮物などを追加。朝から生カキ1個、限界に達していた我々の(食)欲は大いに満たされた。


onnnamura.jpg


ちなみに、「おんな村」とは「恩納村」(オンナソン)にある道の駅だ。まさか、何か別の想像や期待をした人はいませんね?。

道の駅の入り口に見慣れないものを発見。そこそこ大きくて、色は様々で、伝統を感じさせる建物の一部の様な、得体の知れない何かが、山裾に大量に放置されている。



okinawaohaka.jpg


no-risu 「あれは何だ?、建築資材か?、不法投棄か?」

R君 「いやいや、あれはお墓ですよ(笑)」

no-risu 「おお!?、随分と立派だな!」

R君 「これはまだ小さい方ですね」

no-risu 「庭付きみたくなってる」

R君 「旧正月に親族が集まり、そこで宴会することもあります」


旧正月は2月23日、ちょうど沖縄タイムスが写真つきでそれを報じていた。

いいね。こういう伝統はいつまでも残ってほしいと思う。



okinawakyuushougatu.jpg



次回、「裏沖縄旅行記 Part6 海中道路」



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

パート4の最後に記された予告タイトルから釣られてました…

ひどい…
沖縄慰安婦村へのマル秘潜入レポートが読めるのでは…と期待したのに。
朝日新聞よりひどいですよ(笑)
まあ沖縄慰安婦村なんぞを妄想する大和のゲス男の方がひどい訳ですが。

それにしても河豚の仲間であるハリセンボンの汁物で、値段もそれなりなら相当美味しいのではないかとイメージするのですけど、「トラウマ的に悶絶」とはそんなに不味いのですか?



  1. 2016-02-28 23:21
  2. URL
  3. もらもら #Fldqm66o
  4. 編集

いやあ~。面白いですね。
no-risuさんの文才に惚れ惚れします。
私は沖縄旅行はしたことないんですが、no-risuさんの紀行文だけで十分かなw
沖縄旅行した同僚からは、飯マズ、ボッタクリでえらい目にあったと聞かされました。
  1. 2016-02-29 12:48
  2. URL
  3. よしえもん #-
  4. 編集

To もらもらさん

こんばんは。

アバサー汁の詳細はまた後日。

ちなみに、沖縄にもムフフな店は沢山あるらしいですよ。しかも朝から営業している店もあるとか。沖縄もなかなかお盛んですねぇ。ちなみに、那覇市はそちらも観光価格らしく、R君はお勧めしないと言ってました。

  1. 2016-02-29 19:36
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よしえもんさん

こんばんは。

楽しんでいただければ幸いです。

飯マズは事実だと思います。探して選べば、あるいは金を惜しまなければ美味しいでしょうけど、スタンダードな沖縄グルメは総じて微妙でした。

ちなみに、沖縄グルメに関してはパート8あたりから始める予定です。

  1. 2016-02-29 19:40
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する