2016-03-03 20:26

裏沖縄旅行記 Part9 沖縄を食べる➁

5.ソデイカの刺身
評価:無味無臭の白い塊


sodeika sasimi

ソデイカ(セーイカ)は深海性のイカで冬が旬。一年で1メートルに成長するが寿命も一年。その刺身には味や香りが全く無い。白い塊が口の中でネットリ溶ける。個人的には面白いと思うけど、世間一般的には「不味い」の部類に入ると思う。

なお、ソデイカもちゃんと調理すれば美味しいはずだが、イカに限らず、沖縄料理には「美味く料理する」という発想が無い。

6.ソデイカの燻製
評価:煙臭いだけの白い塊


sodeika kunnsei

「燻製は美味いですよ!」とR君が推すので購入。1パック800円。期待して食べたが、表面が煙くさいだけで、イカ自体は相変わらずの無味無臭。ソミュール液に浸すとか、燻製的な味付けや工夫は一切なされていない。燻製と呼べるのか悩む。

加熱により、唯一の特徴だったネットリ感も消えている。褒めるべき点は何も無い。

7.モズクのかき揚げ
評価:油まみれのかき揚げ


mozukukakiage.jpg

沖縄はモズクの大産地。養殖もしており全国シェアは何と99%。様々な形で食べられるが、揚げ物が大好きな沖縄県では、「モズクのかき揚げ」もメジャーな食べ方に挙げられる。ただ、正確に表現すれば「モズク入りかき揚げ」。

モズク自体には味も無いし、普通のかき揚げより美味しい!、何てことは全く無い。しかも、沖縄のテンプラはあまり油を切らないから、油ベトベトのかき揚げを食わされる。モズク比率を上げて、カラリと揚げれば美味しくなるかも。

8.石垣牛のステーキ
評価:美味い


isigakigyuu.jpg

石垣牛は最高峰の和牛だ。F1ブランド牛とは違う正真正銘の「和牛」で、洞爺湖サミットに供され一躍脚光を浴びた。そんな石垣牛の、推定A3ランクの高級霜降りステーキ。調理も焼くだけだし、そりゃ美味いに決まっている(笑)。

沖縄県民は、米軍統治時代の影響でステーキを良く食べる。飲んだ後のメも、ラーメンよりステーキが定番とか。ちなみに、沖縄(特に観光地)にステーキ店は多いが、県民はアメリカ的に赤身肉を好み、霜降り高級肉は観光客向けらしい。

9.テンプラ
評価:不味いしテンプラではない


tenndonnokinawa.png

厚すぎる衣がズッシリと油を吸っている。

沖縄のテンプラはフリッターに近く、尻尾が見える海老以外は食べるまで中身が分からない。天丼は食欲をそそらない黄色(衣色)単色で、シュールな色彩・外見に爆笑した。もちろん、丼のご飯は例のマズメシ。 ※写真は拾い物、美味しそう。  



次回、「裏沖縄旅行記 Part10 沖縄を食べる③」



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

天ぷらが弱点?

本土の天ぷら職人が沖縄で店開いたら流行るかもしれませんね。
逆に現地のウチナーさん達には油滴る天ぷらの方が好みかしらん?

この前のコメント返事でも教えて貰いましたが、飲んだ締めにステーキってのは凄いですね。こちらはラーメンとかお茶漬けとか雑炊という炭水化物がメインです。
油脂とかたんぱく質の消化ノウリョクが違うのかも知れません。

この前から文字化けが……
  1. 2016-03-04 12:47
  2. URL
  3. もらもら #Fldqm66o
  4. 編集

To もらもらさん

こんばんは。

エントリも文字化けしてますね、後で直しとかないと。。。

天ぷらですが、最近は本土式の天ぷら屋もあるにはあるみたいです。
ただ、やはりフリッター式の天ぷらが沖縄の天ぷららしいんですよね。
「天ぷらとはこういうものだ」と考えているフシがあり、本土式のは別の何か扱いみたいな。

ちなみに、沖縄にはほっともっと等の弁当チェーンもありますが、それらの天ぷらも沖縄ナイズされているそうですよ。

  1. 2016-03-05 19:03
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する