2016-03-23 20:48

議論から逃走したサヨクの御意見番


「メディアとして安保廃案に向けて声をずっと上げ続けるべきだ」

岸井成格は2月29日の会見で、放送法違反を指摘された自身の発言に対する公開質問状について、「低俗なあれにコメントするのは時間の無駄」、「本当に低俗だし、品性どころか知性のかけらもない。恥ずかしくないのか」、等と痛烈に批判した。

いつも不思議に思うのだが、どうしてリベラル有識者はこうもアホなのか。

思想信条の違いを抜きにして、客観的かつ論理的に人間性を比較した場合、品性・知性の欠片も無く恥ずかしい人間と批判されるべきは、公開質問状を出したすぎやまこういち氏らではなくて、岸井成格の方だ。嘲笑すべきクズ野郎である。

「低俗」、「品性・知性が無い」、「恥知らず」、これら岸井の批判文句には全く根拠が無い。事実無根の言いがかり、レッテル貼りによる誹謗中傷、理不尽極まりない逆切れである。それは、すぎやま氏らの出した公開質問状を読めば一目瞭然だ。

・公開質問状
http://media.wix.com/ugd/5fed6f_daf16ea230824af5aaea6ad57ee3a12b.pdf

公開質問状の文言は実に丁寧で、最初に自分達の団体の性格について明かし、質問の趣旨及び根拠や理由についてもちゃんと説明がなされている。岸井が口にした様な、感情的、挑発的、攻撃的、反知性的な文言はどこにも無い。

会見での岸井の発言は産経新聞が報じている。その全てが理解の範疇を超えていた。

「公平・公正という言葉にみな、だまされてしまう。でも、政治的公平は、一般的な公平・公正とは全く違う」

完全に岸井個人の主観・願望。政治的だろうと一般的だろうと、公平は公平で同じはずだ。違うと言うのなら、違いを論理的に説明してほしい。

「権力は絶対に腐敗し、暴走する。それをさせてはならないのがジャーナリズムの役割だ」

それこそ公開質問状が出された理由だろう。ジャーナリズムという権力が腐敗し、岸井みたいなアホが暴走しているから、すぎやま氏らは公開質問状を出さねばならなかった。

「政治的公平を判断するのは国民であり、事実をチェックするメディアだ」

これもそうだ。岸井らのやっていることは、事実の「チェック」ではなく「選別」だ。事実の選別、すなわち偏向報道により、国民が正しく判断するための情報を得られないから、すぎやま氏らは公開質問状を出さねばならなかった。

「安保法制については、憲法違反で、自衛隊のリスクが一気に高まり、戦後の安保体制が180度変わる。それをあんなに反対の多い中で形で強行採決していいのか。誰が考えたって、批判するのは当たり前のこと。それがダメだと言われたら、メディアは成り立たない」

憲法違反は岸井の主観、リスク上昇も主観、強行採決も主観、誰が考えたっても主観、全部テメーの主観じゃないか。そして、すぎやま氏らは「安保法批判がダメ」と言っているのではない。「批判しかしない」ことに疑問を呈しているのだ。

こんなこと「誰にだって」分かる話だと思うが、それはno-risuの主観であって、岸井みたいなアホには一々説明する必要がある。まあ、説明しても理解するとは思えないが。すぎやま氏らの公開質問状こそ、「説明」の役を担っていたわけだし。

岸井はまがりなりにも言論人だろう。言論で飯を食い、己の言論に責任を持つべき立場の人間だ。その言論人が、自身の発言の問題点を指摘・質問されたのに、質問に答えないばかりか口汚く罵ることは、言論人として誠意ある態度なのか。

「言論には言論で解決すべき」、岸井ら言論人の卑劣な常套句だ。大多数の国民は言論で戦う術を持たない。で、たまに戦う術を持った人々が現れても、まともに向き合わず誹謗中傷罵詈雑言を浴びせて逃げる。恥ずかしくないのかね?。




産経:岸井成格氏「品性、知性のかけらもない」「恥ずかしくないのか」 自身への批判に反論
http://www.sankei.com/entertainments/news/160229/ent1602290023-n1.html
 田原総一朗氏らジャーナリスト有志が高市早苗総務相の「電波停止」発言に抗議した29日の記者会見では、TBS系報道番組「NEWS23」アンカーを務める岸井成格氏が安保報道をめぐる自身の発言への批判について、「低俗」「品性のかけらもない」と語気を強めて切り捨てる場面もあった。
 岸井氏は会見で、番組編集に当たっての政治的公平などを定めた放送法4条に絡み、「公平・公正という言葉にみな、だまされてしまう。でも、政治的公平は、一般的な公平・公正とは全く違う」と主張。「権力は絶対に腐敗し、暴走する。それをさせてはならないのがジャーナリズムの役割だ」として、「政治的公平を判断するのは国民であり、事実をチェックするメディアだ」と訴えた。
 岸井氏は昨年9月の同番組で、国会審議が大詰めを迎えていた安保法案について、「メディアとして廃案に向けて声をずっと上げ続けるべきだ」と発言。これに対し、作曲家のすぎやまこういち氏が代表呼びかけ人を務める「放送法遵守を求める視聴者の会」が、政治的公平を定めた放送法違反の疑いがあるとして岸井氏らに公開質問状を送ったが、岸井氏は回答しなかった。
 岸井氏は同会からの批判について、「低俗なあれにコメントするのは時間の無駄だ。だが、安保法制については、憲法違反で、自衛隊のリスクが一気に高まり、戦後の安保体制が180度変わる。それをあんなに反対の多い中で形で強行採決していいのか。誰が考えたって、批判するのは当たり前のこと。それがダメだと言われたら、メディアは成り立たない」と主張した。
 また、同会が産経新聞や読売新聞に発言を問題視する意見広告を出したことについては、「最初は何の広告か、さっぱり分からなかった。本当に低俗だし、品性どころか知性のかけらもない。ひどいことをやる時代になった。恥ずかしくないのか疑う」と、痛烈に批判した。
 一方、鳥越俊太郎氏は「日本の社会が戦後70年たち、全体として右側に保守化している事実は認めなければいけない。その空気の中で、日本会議という右翼的な団体があって、そこからお金が出て、産経と読売に意見広告が出ている、ということがある程度分かってきている」などと発言。
 その上で、「メディアが政権をチェックするのではなく、政権がメディアをチェックする時代になっている。そこから戦っていかなければいけない。戦いですよ。負けられない戦い。負けたら戦前のようになる。大本営発表のようになる」と強調した。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

こんにちは。

殺人のような不変の価値観と同じように安保法制を扱うことは完全な驕り、腐敗ですね。
俺様は絶対正義である、俺様がダメというものはダメなんだ俺様の反対を押し切って強行し、推し進めることはファシズムだ~
ってとこですかね。
こんな奴をキャスター(だっけ)に据える放送局は放送法に基づき停波にすべき。
もしくは確信犯で安保法制が国益に反する国の意向とか、それなら総務省ではなく公安の出番。
  1. 2016-03-24 08:54
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

パヨクは、日本国憲法の濫用者

俺達には、権利があるが、異論は受け付けない。
俺達に、反対する奴らは、日本国憲法の権利がない。
パヨクは、本気でそう思っています。
護憲ではなく、利憲です日本国憲法の平等の原則を、俺達の物、反対する奴らには、日本国憲法の権利が無い。
本気で思っていますからカルトです。
利憲カルト、薄気味悪い連中です。
まさに、プロ市民見てきたような嘘をつく。
民主主義の、原則はお互いの意見を、尊重し話し合う事でしょう?
でも、自称リベラルは、俺様正義、反論する奴は、敵だから何してもいい、頭がおかしい気印カルト、日本国憲法は、お前の物じゃない!
  1. 2016-03-24 16:55
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #6txGS3Mk
  4. 編集

連投すいません、パヨクは嘘つき

パヨクは、歴史修正主義者で、大嘘つき。
例えば、江上波夫、騎馬民族征服王朝説なんて、でっち上げの嘘ついて、論争で負けたくせに、撤回も、謝罪もせず。
死んだ、ろくでなし、江上波夫の嘘が、韓国に利用されています。
騎馬民族は、平原でしか力を持たず、弓も魏史東夷伝倭人之条、でも日本人は長弓を使うとあり、騎馬民は短弓を使います。論争で証拠を、提示されても、しらばっくれて、逃げ回り、死んだ奴です。馬は当時の船で運べ ません。また、支那の歴史書にも、何ら記述がなく、埴輪の馬が、去勢されていない、証拠も無視、いい加減な嘘話で日本人を騙したろくでなしです。
  1. 2016-03-24 18:11
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

キャスターではなくコメンテーターですね。似た様なもんですが。

で、ご指摘の通り、岸井らは身勝手な独善を振りかざし、それに疑問を持たず、疑問を持つ者には攻撃を加える。実にサヨクリベラルらしい言動を続けてますね。

まあ、岸井を起用したくらいで停波まで求めようとは思いませんが、岸井と同族一色の人選をして偏向報道を続けるのなら、何かしらの制裁が欲しいところです。

  1. 2016-03-25 21:18
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 政界ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

>原則はお互いの意見を、尊重し話し合う

まずはコレでしょうね。
何故サヨク連中は対話をしないのか、それを恥と思わないのか、馬鹿だと思わないのか、ダサいと思わないのか、実に不思議です。

  1. 2016-03-25 21:21
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 政界ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

彼らはウソつきですが、ウソをついている、間違えている自覚が無いのが問題でしょうね。で、それを指摘しても受け入れないし理解もしようとしない。

江上波夫は・・・、あれくらいなら目くじら立てなくてもいいような。歴史のロマンの部類だと思いますし。

  1. 2016-03-25 21:26
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する