2016-05-23 20:23

民進党(民主党)のお仕事


民進党の支持率は一向に上がらず、それどころかジリジリと下がっている。こうなる理由は誰の目にも明らかで、端的に言えば「レベルが低すぎる」からだ。恐ろしいことに、民主党時代を含めても民進党には何一つとして「功績」が思い当たらない。

それもそのはず、民進党には個別議論に必要な政策が未だに作られていない。ただでさえ能力不足なのに、党内の主義主張がバラバラで、ガバナンスはもとより存在せず、岡田ら幹部にはリーダーシップも無いから、政策決定は非常に難しい。

民主と維新が野合するとき、彼らは新党名は公募で決めた(という嘘をついた、実際には江田が決めた)。民進党に看板を掛け替えると、こんどは新党のロゴマークを公募した。ロゴマークは4案に絞られ、現在も選定作業中らしい。

民進党の公募は、自らの無能を隠し有権者を騙すパフォーマンスだ。これを見抜いた有権者は、「どうせなら政策も公募すればいい」と嘲笑した。ほどなくして、民進党はマジで政策公募を発表し、有権者から大いに失笑を買った(さすがに撤回したが)。

さて、国政政党のくせに政策を持たない民進党。まるで商品を持たない会社の営業マン状態だが、彼らは政策も無いのにこれまで何をしてきたのか。政権交代後3年以上経過したが、高い報酬を得ながらどんな仕事をしてきたのか。

答えは簡単、「仕事はしてない」の一言に尽きる。

民進党がしていたのは、野党間の権力闘争と政権批判だけだ。政権批判は政権監視という職務でもあるが、それはあくまで正当な批判に限られるわけで、嘘・レッテル張り・誹謗中傷にまみれた民進党の政権批判は全く該当しない。

夏に選挙を控え、さすがの民進党も少しはマシになるかと思いきや、どうもますます酷くなっている。民進党の痴性は底無しのようだ(笑)。

16日の衆院予算委員会で、民進党の山尾が「男尊女卑政権!」と安倍総理を批判した。保育士給与の上げ幅をめぐる質疑で、安倍総理が「女性の平均賃金に近づけるよう段階的に改善する」主旨の至極真っ当な答弁をしたら、何故か山尾がぶち切れた。

直前、山尾がしょうもない批判をキーキー喚いていたので、安倍総理は「この問題はただ誹謗中傷して解決する問題じゃありませんよ」とたしなめた。大人が子供を諭すかのごとき態度に、山尾の高過ぎるプライドは大いに傷ついた。

表情から一目瞭然だった。山尾は内心すでに火病状態、そこに「女性の平均賃金」というワードが出てきて、脊髄反射的にヒステリーを解放した。しかし、安倍総理は余裕綽々、「今のが誹謗中傷なんですよ(笑)」と再び笑顔でたしなめた。

一連の様子を映像で見たが、山尾は実に無様であった。ヒステリーを起こして総理を誹謗中傷したが、幼稚な子供扱いされての返り討ち、勧善懲悪とはこのことよ。時代劇の一番面白い場面を観た気分だった(笑)。

コテンパンに負け、山尾は怒りと悔しさで涙ぐんでいた。身の程を知り、無知と無礼を恥じて泣くなら可愛げもあろうに、プライドばっか高くてヒス体質の馬鹿女は全然可愛くない。でも、こいつを可愛がる馬鹿男もいる。枝野だ(笑)。

看板愛娘がコケにされ余程腹に据えかねたか、枝野幸男幹事長が山尾を擁護するために参戦してきた。よせば良いのに(笑)。で、17日の定例記者会見で、枝野が何と擁護したかは以下の通り。

「一般的に男尊女卑の人ほど男尊女卑と言われると激しく怒る、まさに安倍総理はそのパターンにはまっている。いまだになぜ言われたのか分かっていないのでは(嘲)」

これは酷い(笑)。

理由も示さず「安倍総理は男尊女卑思想の持ち主」と決めつけ、「本当のことを言われて激しく怒った」と捏造した。激しく怒ったのは山尾一人だけだ。誹謗中傷を擁護するため、さらに誹謗中傷を重ね嘘で上塗りする人間のクズ。

枝野は定例会見において、稲田政調会長と谷垣幹事長についても、「あまりにもレベルの低い」だの「日本語の読解力がない」だの「わけの分からんこと言ってる」だの、山尾と同レベルの誹謗中傷を繰り返した。クズすぎる(笑)。

呆れ果てる程度の低さだが、冷静になって思い出して欲しい。これこそ民進党のお仕事、メイン業務である。しかも、無駄に3年間も続けてきたおかげか、誹謗中傷スキルは確実にアップし、今やプロ市民の領域に達して(堕ちて)いる。

今夏は国政選挙。未だに民進党を支持している奇特な人々もいる様だが、冷静に客観的に、よくよく考えてから投票先を決めていただきたいと思う。ねーよ(笑)。




ブロゴス:「安倍総理には質問に正面から答えてもらいたい」枝野幹事長定例会見
http://blogos.com/article/175844/

 枝野幹事長は17日、定例記者会見を国会内で開いた。
 16日の衆院予算委員会で山尾志桜里政調会長が安倍総理に対して「男尊女卑政権」と批判したことを取り上げて、「男尊女卑の意識が強い方は、何が男尊女卑か分からないのが問題」と述べ、「一般的に男尊女卑の人ほど男尊女卑と言われると激しく怒る、まさに安倍総理はそのパターンにはまっている。いまだになぜ言われたのか分かっていないのでは」と安倍総理の振る舞いを批判した。さらに最近の安倍総理が、民主党政権批判以外に言い訳ができなくなっているのが現状であると述べたうえで、「自分たちの成果や論理的な問いに対する答えを答えられなくなって、叫ぶのは民主党政権時代への批判。安倍内閣も民主党政権と同じ3年3カ月が経過して『それに対して出した結果は?』という問いに対して民主党政権批判を蒸し返すのは、就任1年時のときから時計が動いていない。経済の総合評価は実質GDPの成長率。安倍政権になって(実質GDP成長率は)半分に落ちているのが事実」と切り捨てた。
" 自民党の稲田朋美政調会長が岡田代表を批判している件については、「あまりにレベルの低いやり方。ねじ曲げて都合のいいことを言っている。情けない」と意に介さなかった。
 18日の党首討論で期待することは何かという記者からの質問に対しては、「急に安倍総理が変わるとは思っていないが、質問に正面から答えてもらいたい。聞かれてもいないことをしゃべらないでもらいたい」と語気を荒げた。"
 舛添都知事の政治資金収支報告をめぐる問題について受け止めを問われると、「自民党の谷垣幹事長が他人事のように『居住まいを正さなければ』と言っていたが、舛添都知事は自民党推薦で都知事になったばかり。谷垣幹事長の姿勢を疑問視する」と批判した。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:民進党
ジャンル:政治・経済

  1. 民進党
  2. TB(0)
  3. CM(5)

コメント

管理人さま一矢報いる覚悟です

弱小なれど一矢報いる覚悟です。
日本を破壊し特亞におもねるグズども、ここて闘わなければ、一生後悔します、どこまで闘えるかわかりませんが、日本を取り戻さないと、属国になります。
鼠も時には猫を噛みます、合法的にやります。
  1. 2016-05-24 02:20
  2. URL
  3. 政界ウォチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

前言撤回致します

他の方から止められました、今は心の傷を治すべきだと、確かにその通りです、ですから時薬に任せて、しばらくおとなしくします。
  1. 2016-05-24 03:15
  2. URL
  3. 政界ウォチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

こんにちは。
マスコミは政権の監視の役割もありますが
野党(全政党)を育てるという側面もあると思います。
で、やってることは政権の監視ではなく自分たちのイデオロギーの押し付け、自分たちの気に入らない政権に対して野党と共闘して批判の嵐。
せめて国会答弁で国会クイズや揚げ足取り、検察ごっこ、国会内暴力を批判してくれれば野党も変わってくれるのかな?と感じてます。
  1. 2016-05-24 08:47
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

To 政界ウォチャー三十年さん

こんばんは。

前にも言いましたが、合法なら何をしてもいいわけではありません。
他の方にも危うく見えたのでしょうね、思いとどまって正解だと思いますよ。
  1. 2016-05-24 20:24
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

本来、マスコミの権力監視には、仰る様に野党を育てる効果があるものだと思います。
ですが、現状では期待できませんね。マスコミにその自覚は見られませんし、野党も教育されるほど謙虚でも有能でもなさそうですから。

  1. 2016-05-24 20:27
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する