2016-05-30 20:59

米軍属強姦殺人事件で犯人を批判しない不思議


米軍属強姦殺人事件は許し難い凶悪犯罪だ。先のエントリに書いたとおり、no-risuは犯人に死刑を望んでいる。身勝手で残忍な事件だから死刑求刑は十分あり得るが、万が一にも検察がヘタレぬよう、我々国民が声を挙げ背中を押すべきだ。

しかし、全く不可解なことに、犯人に厳罰を求める声は聞こえない。沖縄2紙はじめ、メディアは強く批判しているし、沖縄では多数の抗議行動が開催されているし、地方議会は続々と抗議決議を採択しているが、犯人を批判する声は無に等しい。

事件に抗議する人々は、基地や地位協定や政府ばかりに目を向け、何故か肝心の凶悪犯については興味が無いらしい。罪を憎んで人を憎まずと言うが、沖縄県民やサヨク連中には「基地を憎んで凶悪犯を憎まず」の精神でもあるのか。

no-risuが調べた限り、犯人の処罰に言及した報道は、被害者の父親の言葉を紹介した記事だけだった。琉球新報によると、父親は「絶対に許せない。同じように痛い、苦しい思いをするべきだ」と述べていた。そりゃそうだろうとも。

同記事は、この発言を「厳しい処罰を求めた」と評価していたが、ふざけるなと言いたい。発言の意図は明らかで、「厳しい処罰」などという曖昧な罰ではなく、「娘と同等以上の苦痛を与えたうえでぶち殺したい!」という強烈な思いである。

当然だ。断固として死刑を求めるべきだ。何故、メディアはっきり報じないのか。何故、抗議している「市民」らは犯人を糾弾しないのか。本件だけではない。米兵犯罪が発生すると、彼らは常に犯人を無視して基地や国や地位協定を批判する。

おかしいだろ。いつものように犯人を叩け。メディアは自宅に押しかけ、妻(日本人)に「今のお気持ち」などを聞き、犯人の生い立ちを調べ上げ、卒業文集を紹介し(そんなものが存在するか分からないが)、徹底的に犯人を糾弾し世論を扇動しろ。

そして、国民が怒り犯人に死刑を求める声が高まったら、日弁連ら人権派(笑)はいつも通り「死刑反対!」」と言えば良い。「犯人にも人権があるのです」と沖縄の人々に説教すれば良い。何故、いつもしていることをしないのか。

とどのつまり、左巻きの連中は事件を直視していないのだ。基地反対の好機到来!、元米軍人GJ!、くらいにしか理解していないのだ。本人は自覚していないだろうが、たぶんそうなのだ。だから、怒りの矛先が犯人に向かないのだ。

これでは被害者女性も成仏できまい。残忍かつ凄惨な犯罪を起こされて、辺野古移設反対だのジュゴンを守れだの我慢の限界だの魂の飢餓だのオバマに面会させろだの、自分勝手な政治的主張ばかり並べてんじゃねーよクズ共が。

まずは被害者女性の敵討ちだろうが。基地反対派は、日米地位協定のせいで米兵犯罪を裁けないこと、基地に逃げ込まれたら甘い処分で済まされることに怒っていたではないか。あの怒りは嘘か?、晴らすべき恨み辛みは無いのか?。

今回は日本が裁くのだ。基地反対派が本当に事件を理解しているのなら、日頃の主張が嘘でないのなら、一連の抗議活動がパフォーマンスでないのなら、女性の死を悲しんでいるのなら、犯人に厳罰(死刑)を処すべく声を挙げるべし。



琉球:「お父さんのところに帰るよ…」 被害者の父、声振り絞り
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-286329.html
 【北部】米軍属女性死体遺棄事件で、被害者の女性の遺体が発見されてから26日で1週間になる。被害者の女性の父親(56)が25日までに琉球新報の取材に応じ、「基地はいらない。基地があることで県民がいろいろな目に遭っている」と率直な思いを語った。父親は23日、事件後初めて遺体が見つかった現場を訪れて手を合わせ、「お父さんのところに帰るよ。みんなと一緒に付いてきて」などと語り、嗚咽(おえつ)した。
" 「娘がどんなに痛い、つらい思いをしたのか。考えるとたまらない」。一人娘を思い、声を絞り出した父親。容疑者に対して、「絶対に許せない。同じように痛い、苦しい思いをするべきだ」と厳しい処罰を求めた。
 遺体の発見現場で膝を付き、「一緒に帰るよ」と娘に声を掛けた。「娘の魂を拾いに行った。連れて帰ろうと思って」"
 21日に行われた告別式には800人が参列。発見現場に連日、親族、友人、知人のほかにも多くの県民が訪れ、花束を手向けたり、手を合わせて冥福を祈ったりしている。父親は「皆さんの好意に感謝している。娘が皆さんにかわいがられていたことや、関心を持ってもらっていたとあらためて感じた」と述べた。
 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設については「県民や名護市民が造ってほしくないと願って、反対している」と指摘。告別式に中谷元・防衛相が参列したことについては「複雑な気持ちだった」と言葉少なに語った。その上で「今は悲しくつらい気持ち。静かにそっとしておいてほしい」と話した。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

基地外が基地外でまさか続き

そういえば、犯人逮捕から不自然な流れ→犯人逮捕(日本の警察)→犯行認める→基地内の工場に働く日本姓と日本人家族のいる日系人?→なぜか基地に人が自発的に集まり怒りの声?→人数少ないからまた集会→犯人関係無い?→犯人は個人的犯行らしいまた公務どころか夜基地とは関係無い自宅からどころかへ→やらせ?→まあそれはない→しかし基地と全く関係ない犯罪→なぜまた基地外で基地外が?
  1. 2016-05-30 22:04
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

被疑者の弁護人は高江洲歳満弁護士! そうです!沖縄県人が擁護しております!(この人、7年前の読谷村楚辺のひき逃げ事件で在沖米陸軍の2等軍曹の男性(27)も弁護しております。)
当初はペラペラ供述していた被疑者も
入れ知恵されて急に黙秘し続けています!沖縄は、なんでもアリなんです!
  1. 2016-05-31 01:07
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

To 政界ウォチャー三十年さん

こんばんは。

不自然な流れ、というのがよく分かりませんが・・・。
私から見ると、一連の流れは実に自然に見えます。

  1. 2016-05-31 19:19
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

弁護士は、沖縄に限らず「あらゆる手段」で弁護するものですよ。
でも、反基地プロ市民らは、その弁護士のことをどう思っているのでしょうね。

  1. 2016-05-31 19:21
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

管理人さま、追記です。

いつも、申し訳ありません、要するに、プロ市民様の立ち位置からは自然
、しかし普通に考えれば不自然と、お伝えしたかったのですが、申し訳ありません、どうも言葉足らずで。
  1. 2016-06-01 09:13
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

To 政界ウォチャー三十年さん

こんばんは。

いえいえ、おかげさまで趣旨は理解できましたよ。
  1. 2016-06-01 21:54
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

飲酒運転当たり前?

>米海軍兵が酒酔い運転し国道58号逆走 2台と衝突し男女2人重軽傷 沖縄県嘉手納町 基地外飲酒禁止令違反の可能性 2016年6月5日

「米軍は出てイケー!」

>飲酒運転、摘発人数でも沖縄が全国ワースト 2016年1月16日

観光客や米軍を含んでいるのか否か…県民のみで「この数字」ならちょっとした「ブーメラン」の様な…
  1. 2016-06-06 00:22
  2. URL
  3. RIHAD #JmHcGUZQ
  4. 編集

To RIHADさん

こんばんは。

飲酒運転は、全国的に見て沖縄県民に多いですからね。
この米兵女性だけをことさら責めるのは間違っているに決まっています。

ただ、心情的には「ふざけんな!」と怒る気持ちは理解できますけどね。
私も大変に不愉快です。
  1. 2016-06-06 19:16
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する