2016-05-31 21:06

誰も殺させない!※ただしイケメンに限る


サヨクな人々は、「誰も殺し殺させない」と言う。「人命は地球より重い」と言う。「人の命はみな平等」と言う。「民進党は国民一人一人に寄り添う政党です」と言う。しかし、no-risuは彼らの言葉を信用していない。軽蔑すべき虚言だと思っている。

2015年1月、ISIL(イスラム国)に拘束されていた後藤健二と湯川遥菜が殺害された。このとき、サヨク連中はISILでなく安倍政権を攻撃した。安倍総理が中東難民支援等に2億ドル提供すると表明していたため、それがISILを怒らせたと批判していた。

人道支援を批判する精神は理解し難いが、サヨクにとっては異国の難民より二人の日本人の命の方が重いのだろう。だが、サヨクの理解し難い言動はそれだけではなかった。彼らは後藤ばかりに関心を示し、湯川はほとんど無視されていた。

「誰も殺し殺させない」と言う割には、サヨク連中の後藤重視・湯川軽視はあまりに露骨だった。官邸前の護憲派プロ市民共は、「I AM KENJI」(私はケンジ)、「I AM NOT ABE」(私はアベではない)等と叫んだが、「I AM HARUNA」はほとんど無かった。

サヨクメディアの報道も同様で、後藤の扱いに対して湯川のそれは明らかに軽く、ついで、おまけ、渋々といったネガティブな姿勢がありありと感じられた。人命は地球より重いけど、彼らにとって湯川の命は後藤の命より価値が低かったのだ。

何故、サヨクが後藤だけ重用したか。答えは簡単だ。後藤はさわやかイケ面の好青年、湯川はミリオタでブサ面の疲れたオッサンだった。湯川こそ同情し応援したくなる苦難の人生を送っていたと思うが、サヨクは背景や内心より見た目で選別する。

もし、湯川遥菜が名前から連想するとおりに女性で、ついでに若くて容姿もそこそこ良ければ、プロ市民共は直ちに官邸前に結集し、「I AM HARUNA!」、「I AM NOT ABE!」と叫び、メディアも大きく扱ったに違いないのだ。

善人面したサヨクによる冷酷で無慈悲な命の選別。だが、彼らに価値を認められても、それはそれで素直には喜べない。命の価値には「利用価値」も含まれている。イケメン後藤の命だって、所詮は政権批判のシンボル・道具でしかなかった。

junnpei3.jpg

さて、5月30日。ヌスラ戦線に拘束されているフリージャーナリスト、安田純平の命乞い画像が公開された。本人が手にしたフリップには、乱雑な文字で「助けてください これが最後のチャンスです 安田純平」と書かれていた。

安田が拘束されたのは昨年4月で、画像公開もこれが初めてでは無いが、今のところサヨク連中から安田救助の声は聞こえてこない。安田を利用した政権批判の動きすらも見られない。メディアも野党もプロ市民も、誰も安田に興味は無い様だ。

yasuda1.jpg

湯川遥菜と同じである。安田はブサ面のオッサンで、感情で動くサヨクが感情移入できる容姿では無い。生理的に無理。ただし、本当に安田が殺されたら、政府批判する道具に活用出来るから、その時は多少の価値が認められるのだろう。

「I AM KENJI!」、「I AM NOT ABE!」等と叫んでいたアホ共は、安田に沈黙している現状をどう考えているのかね。自分で自分を恥ずかしく思わないのかね。まあ、どうせ何も考えてないだけなんだろうけどね。




毎日:安田純平さん 新たな画像ネット上に 28日以降に撮影か
http://mainichi.jp/articles/20160530/k00/00e/030/089000c
 【カイロ秋山信一】内戦下のシリアで昨年6月、フリージャーナリストの安田純平さん(42)が行方不明になった事件で、安田さんとされる男性の新たな画像が29日夜(日本時間30日未明)、インターネット上で公開された。男性は白い紙に「助けてください これが最後のチャンスです 安田純平」と書かれた紙を手にしている。拘束している組織が、日本政府や安田さんの関係者との交渉を進展させたい思惑がある可能性がある。
" 画像を公開したのは今年3月に安田さんとみられる男性の映像を公開したのと同じシリア人男性。毎日新聞の電話取材に、「安田さんは(シリアの国際テロ組織アルカイダ系勢力)ヌスラ戦線に拘束されている。画像は今月28日以降に撮影され、ヌスラ戦線側から仲介者を通じて入手した」と説明した。
 ヌスラ戦線が安田さんの拘束に関与した直接的な証拠はない。シリア人男性によると、犯行グループは身代金を要求しているという。"
 29日に公開された画像に写った男性は、3月の映像の男性と酷似しており、髪やひげが伸びていた。画像を公開したシリア人男性は「1カ月以内に身代金を支払わなければ、過激派組織『イスラム国』(IS)との人質交換を通じて、ISに引き渡される恐れがある」と話した。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

こんにちは。
要は利用できるか出来ないかの違いですね。
人権、平和、子供、命、米兵犯罪、ジュゴン、憲法。
みんな同じです、よくわかる事例でした。
  1. 2016-06-01 08:54
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

利用できる仲間は殺させない、他は知らん!

命を守れー!○○を守れー、では、テロリストの要求通り、超法規的措置(内閣が憲法停止!)二回もしながら、もう忘れた?まあ文句の為の文句ですから。
命を守れー、自衛隊は違憲だー、ソマリアで海上自衛隊に守って(笑)byピンクボート(笑)
しかし利用するだけして、ご都合主義際まれり、そういえば後藤氏も、アースマザーの登場で使えなくなれば、知らん顔、今回の安田さん、捕まるプロですね、しかも政府の尽力で何度も解放、今回も自力交渉ができたのに、余計なお仲間が話をややこしいしたようです、身代金の話で揉めたとか、仲間と言えど利用できるか出来ないか?
非情ですねぇ
  1. 2016-06-01 09:08
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

そういうことですね。
自分最優先、自分のために利用価値があるかどうか、そこにつきるのでしょう。

  1. 2016-06-01 21:50
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 政界ウォチャー三十年さん

こんばんは。

後藤さんは使い捨てだったみたいですね。まあ、似た様な人が拘束されれば、いつでも再利用するのでしょうけど。
安田はネットでは「プロ人質」なんて揶揄されてますね。実際、彼の経歴や言動を見ると、そう言われても自業自得だと思います。
  1. 2016-06-01 21:53
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する