2016-06-22 21:00

将来世代の富の先食いは許されない!、ならば誰の富を食うのか?


 参院選で与野党がそろって消費増税の先送りや断念を主張しているのは、きわめて残念だ。とりわけ安倍政権の責任は大きい。これ以上将来世代の富を食いつぶすことは許されない。 

上の文章は、朝日新聞の6月13日社説「参院選 アベノミクス 前借り経済の危うき未来」で〆の言葉として書かれていたものだ。朝日新聞は消費税増税賛成派で、財政健全化と社会保障財源確保の観点から、一貫して増税を求めている。

朝日新聞ら増税&財政健全化推進派は、よく「将来世代にツケを回すな」と言う。我々世代の借金を子や孫に背負わせてはいけない、と。増税が財政健全化に有益かどうかはさておき、「将来世代にツケを回すな」の主張は甚だ姑息だと思う。

子や孫に負担を先送りしない、これは正論だろう。しかし、ならば誰に負担させ、どうやって回収するのか、そこまで言わねば無意味だ。難しい理屈ではない。朝日新聞だって分かっているが、憎まれ役になりたくないから誤魔化している。

誤魔化す理由は簡単、書きにくいからだ。負担させるべき相手は、新聞読者のメインである高齢者世代と、広告を出してくれる企業である。それらを敵に回しかねない主張は難しく、増税賛成派メディアは萎縮して自粛してしまうわけだ。

似たような理由で政治家も口を濁す。国家財政の健全化とは、国民の富の没収であることは明白なのに、誰もそれを説明しない。はっきり言えと。

国の借金は国民の富だ。金は使っても無くならず、所有者が代わるだけで、日本は経常収支もプラスなのだから、金そのものは国内に蓄積し続けている。一番多いのが国民の貯蓄で1750兆円、次が企業の内部留保350兆円だ。あと大きいのは銀行の塩漬け資金か。

国家財政健全化とは、この積もり積もった国民・企業の金をいかに回収するかにつきる。そして、国民・企業が自主的に納税することで回収するのが、経済を回復・成長させ金を流動化させることで、そうではなく強制的に回収するのが増税だ。

増税で国家財政健全化を考えるなら、必然的に国民の貯蓄1750兆円がターゲットになる。ただ、国民の貯蓄は偏っていて、一部の大富豪と高齢者世帯が大半を占めている。これが国家財政巨額赤字、「将来世代へのツケ」の正体だ。

こうして現状を確認すると、消費税増税は不公平と分かり腹が立つ。消費税より相続税など資産課税を強化しろと。富裕層のために一生飼い殺しにされるくらいなら、いっそ財政を破綻させて富裕層を殲滅したくすらなる。将来世代のために(笑)。

まあ、財政破綻的極論は現実問題抜きにして、誰からどう回収して国家財政の赤字を減らすかは、現実問題として直接的な言葉にするべきだ。「子や孫に負担を先送りしない」は間接的で、直接的当事者を敵に回したくないヘタレの常套句である。

巨額の財政赤字はなぜ生まれたのか、赤字分の金は誰が持っているのか、それをどうやって回収するのか。増税賛成派は逃げるな。「将来世代へのツケ」を作った人々はまだ生きている。借金は借金を作った者に返済させるべきだ。

それが、「将来世代にツケを回さない」ということだろう。個人的には、存命の高齢者から金を巻き上げたり、努力して財産を築いた人から毟るのは心が痛むので、富裕層の相続税の税率をガツンと上げて欲しい。




朝日:参院選 アベノミクス 前借り経済の危うき未来
http://www.asahi.com/paper/editorial.html
" アベノミクスをもっと加速するのか、後戻りするのか――。消費増税の先送りを表明した安倍首相は参院選の争点をそう位置づけ、国民に支持を呼びかける。「アベノミクスのエンジンを最大限にふかす」と言う首相。その選択は日本の未来にとって望ましいことなのか。
 ひと言でいえばアベノミクスは「前借り」の経済政策だ。空前の規模の金融緩和で消費や投資を刺激し、財政で需要を盛り上げる。カンフル剤の効果はあっても、新しい需要を掘り起こし経済をより強くするわけではない。いわば、将来の需要を先食いしているだけだ。
 「前借り」も右肩上がりの時代なら問題にならなかった。だが人口減少社会、低成長時代となれば話は違う。前借りすれば、それだけ将来の景気はさえないものになりかねない。
 いま必要なのはアベノミクスの加速ではなく見直しだ。深刻な財政、尋常でない金融政策。これらを早く正常化させなければ、国民は将来もっと重い負担を余儀なくされるだろう。それを避けるために、負担増を受け入れる覚悟が必要だ。
 そういう現実的な道を政治がどう切りひらくのか。本来はそれこそが参院選で問われるべきテーマではないか。"
" ■日銀が支える財政
 3年半前に誕生した第2次安倍政権は、(1)大胆な金融緩和(2)機動的な財政出動(3)成長戦略というアベノミクス「3本の矢」を掲げた。最初から3本そろっていたわけではない。政権発足前の総選挙で安倍氏が強調したのは「国土強靱(きょうじん)化」のインフラ整備とそれを支えるために「日本銀行に輪転機をグルグル回して無制限にお札を刷ってもらう」ことだった。
 第2の矢を第1の矢で支え、日銀に財政資金を用立てさせる「財政ファイナンス」の構図である。第3の矢の成長戦略は歴代政権の政策と同工異曲で、後で付け足したのが実態だ。
 日銀依存は次第に強まった。首相が起用した黒田東彦総裁のもとで異次元緩和に乗り出した日銀は、長期金利を歴史的な低さに抑え、マイナス金利も導入した。大量の国債を買って、政府の借金を支えた。
 国の財政は1千兆円超の借金を抱え、先進国で最悪だ。返済と利払いで首が回らなくなってもおかしくなさそうだが、日銀のおかげで金利負担は軽く、新たな借金も楽にできている。
 問題は、そんな都合のよい財政運営をいつまでも続けられないのに、財政がそれに甘える構造ができてしまったことだ。"
" ■高まらない成長率
 自民党の参院選公約で安倍氏は「まだ道半ばだが、アベノミクスは確実に結果を生みだしている」と自画自賛する。政権発足後に円安と株高が進み、輸出産業を中心に多くの企業の業績が好転した。ちょうど米欧経済の回復期と重なった幸運もあったが、アベノミクスが背中を押したのは事実だろう。
 しかし、肝心の日本の実質成長率はきわめて低いままだ。アベノミクスが人々のインフレ期待を生み、物価や賃金を引き上げて経済の好循環を作る――。政権が描くそんなシナリオは実現できていない。
 いまの日本には非正規雇用の増加や所得格差の拡大、将来の社会保障への不安といったさまざまな課題がある。それらを解決せずに経済の好転はない。そして、そうした問題を解決する財源は財政健全化なくして生みだせない。増税は景気がもっと良くなってから、という時間稼ぎ論は解にはならない。
 政府と日銀がこれだけ日本国債と通貨円をばらまけば、いずれその価値が急落しないと誰が言えよう。この先にどんなショックが待つのか、今や専門家でさえ予測不能なのである。"
" ■大手行が国債離れ
 最大手の三菱東京UFJ銀行が、国債の安定的な引受先となる資格を国に返上しようとしていることが明らかになった。マイナス金利のもとでは国債を持ち続けても負担になるだけなのに加え、国債相場が急落する事態にも備えた動きと見られている。国債を支えているのは国内投資家だから大丈夫、という見方がいかにもろいものか、改めて思い知らされる出来事だ。
 アベノミクスが前借りで得た“時間”は本来、増税や社会保障改革を行って、持続可能な財政に立ち戻っていくために使うべきだった。政権はその時間を空費しただけでなく、一段と財政規律をゆるめてしまった。その象徴が消費増税の再延期だ。
 増税も歳出の抑制・削減も確かに不人気政策ではある。それでも子や孫の世代に健全な財政を引き継いでいくことは、国民の代表であるすべての国会議員に託された仕事ではないか。参院選で与野党がそろって消費増税の先送りや断念を主張しているのは、きわめて残念だ。
 とりわけ安倍政権の責任は大きい。これ以上将来世代の富を食いつぶすことは許されない。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

こんにちは。
子供に借金のツケを払わすなとの主張は安倍政権批判の方便だろう。
本当に心配なら原発停止による消費税増税分相当の代替燃料費、CO2排出権費に対して何故言及しない。
消費税は国内に還流するが代替燃料費、CO2排出権は国内で一切使われることのない海外流出金だ。
消費税増税なら増税批判していただろう。
  1. 2016-06-22 21:33
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

将来世代にツケを回すなというのは基本的には理解できます。

ではどうするかですが、効果どれだけあるのか分かりませんが(計算できませんが)現在の無駄を省くのも当然一つの知恵と思います。

手っ取り早いのは本邦国外出身者で日本居住者への金銭的特別擁護をそろそろ見直すべきと思います。

税金、医療費、教育費、生活保護など日本人と比べ優遇格差が大きいと思います。

また、ODA拠出金の見直しとか、中国にもいまだに拠出してるのでしょうか。
何故反日国家へ援助金を出す必要があるのだろうかと疑問に思います。

  1. 2016-06-23 07:51
  2. URL
  3. そうかせんべい #-
  4. 編集

 日銀が市中に出回る国債を買い取ると言うのは、国が自分で借金の証文を買い取っていると言う事ですから、実質的な借金が減っていると言う事なんですけどね。

 実際日本政府の債務つまり国債残高は1000兆余あるのですが、実は資産が600兆ほどあり、更に日銀が350兆買い取ってしまったので、本当に政府の債務超過分は100兆程度です。

 これは先進国としては全然問題のないレベルです。

 だから幾ら国債残高が増えたと言っても、国債の金利が世界最低を続けて、マイナス金利にまでなってしまったのです。
 そして安全資産として円が買われ、何かあると円高になるのです。

 本当に債務があって破綻の危険のある国なら国債金利は10%を超えています。

 朝日新聞などの増税派の頭にはこの事が綺麗に抜けているのです。
  1. 2016-06-23 10:24
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

国の借金の問題は、安倍政権の前からずっと言われていることなので、安倍批判の方便と考えるのは少し違うだろうと思います。
また、朝日新聞は一貫して消費税増税賛成派なので、増税しても批判はしないだろうと思いますよ。別の何かで批判するでしょうけどね。
  1. 2016-06-23 20:33
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To そうかせんべいさん

こんばんは。

国の借金は、行財政改革で無駄を省く、何てぬるい方法では全く返済できない金額です。無理です。
また、在日外国人への支援予算やODAなんて微々たる金額なので、これも全く財政健全化の役には立たないでしょう。

それらの支出が妥当かどうかは、また別の問題ですね。
  1. 2016-06-23 20:36
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

通常、債務超過した時点で致命的なので、100兆円も債務超過しているのなら大問題だと思います。

ただ、それは企業の話であって、国となると話が違ってくるわけで、以前も書きましたけど難しいんですよね。

日本全体の財務諸表を考えた時、資産は負債を大幅に上回っているので、これはまったく問題無いことになります。
一方で、国が莫大な債務超過を抱え解消する目途も立たず、また流通マネーを増やすために金を刷りまくり、日銀自身が莫大な国債を買い入れ支えることは、明らかに不健全です。

しかし、それでも円の信用は失われていない。
いったい、危険ラインはどこなのか、本当に難しい問題だと思います。
  1. 2016-06-23 20:45
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

故人に学ぶべし

高橋大蔵大臣のとった日銀直接引き受けで不況脱出
なぜかタイムワープして戦争の原因ガー。
時代ちがいますが?
場合によっては、日韓条約で善意で破棄した没収資産(敵産)台湾からもやれば?
国際法律上、正当に認められた権利ですから。
  1. 2016-07-02 20:59
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

To 政界ウォチャー三十年さん

こんばんは。

すいません、これもよく分からない。。。

  1. 2016-07-02 21:31
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

ご説明いたします

高橋大蔵大臣は、関東大震災の経済不況をだっするために、日銀の国債直接買い取りでものの見事に不況をだっし好況にしました。

あと没収資産とは、日本が投資してまだ使っている資産を差します。
朝鮮も台湾も莫大な投資をしていますので、国際法上返せと言えます。
日本はお人好しなので、なかった事にしましたが、時効がありませんのでまた日韓交渉で返せ!とできます。
  1. 2016-07-03 03:07
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

To 政界ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

台湾に要求すると言うのですか?。
  1. 2016-07-03 21:16
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

たびたび失礼致します

場合によっては、台湾も朝鮮も没収資産の請求はできます。
ただ、高度な政治的問題ですので、何とも言えません。
日本が本当に切羽詰まったらありかと思います。
  1. 2016-07-04 04:46
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

To 政界ウォチャー三十年さん

こんばんは。

台湾から没収しろと?。
韓国も含め、日本がどれだけ切羽詰まろうが論外だと思いますね。
  1. 2016-07-04 20:48
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

管理人様

誤解なさらないように、台湾に関しては、日本の危機、かつての預金封鎖や新円切り替えのような非常事態のみの、想定です、そこまではいかないと思いますが、日本の危機には、なりふり構わずです。
日本経済が滅びる時、つかえるものは何でも使えです。
まあ、大丈夫だと思いますが。
  1. 2016-07-05 01:14
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

To 政界ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

非常事態になったら台湾に難癖着けて金を巻き上げる、と。
私は反対します。

  1. 2016-07-05 21:11
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

誤解があります

騙すのではなく外交交渉で、話合います、決裂したらそこで終わりです。別の道を探すそれだけです誤解を招き申し訳ありません。
管理人様お気に触りましたらどうぞ、アクセスブロックをお願い申し上げます。
  1. 2016-07-05 22:45
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #9idrcG5E
  4. 編集

To 政界ウォチャー三十年さん

こんばんは。

誤解ではありません、他人に原因があると言う先入観を捨ててください。

まず、私は異論反論を理由にブロックなどしません。ブロックされるほど問題のある投稿と自覚するなら、あなたが改善するべきでしょう。

また、アドレス交換は個人情報を理由に断りましたが、それだけでないことを空気読んでください。私はあなたとアドレス交換するほどのメリット・興味・必要性・信用を持っていません。

そういうには、もっと時間や内容で培われていくものです。これまで数千のエントリを書き、様々な方からコメントをいただきましたが、アドレス交換してもいいと思えたのはほんの数人ですから。

あなたが悪いのではないですよ、特別良いと感じられないだけですから。ネットはそれくらい自己防衛を徹底しないとやっていけない世界ですから。

  1. 2016-07-05 23:36
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する