2016-06-29 21:09

基本政策すら無視する枝野幹事長


民進党の枝野幹事長が、長野県松本市での街頭演説において、「自民党は口を開けば対案を出せと言います。(自民党の改憲草案より)いまの憲法の方がずっといいじゃないですか。現行憲法こそが、我々の堂々たる対案であります」と言い放ったらしい。

アホだ(笑)。枝野は本当に劣化した。まあ、これが地金か。

確かに、一般論として、対案が必ずしも改正案でなければならないわけではない。現状維持でも立派な対案になりえる。しかし、改憲問題で民進党が「現行憲法が対案」と主張するのはおかしい。何故ならば、民進党は改憲を基本政策に掲げているからだ。

基本政策には、次のとおり明記されている。

2.立憲主義の確立
• 日本国憲法の掲げる『国民主権、基本的人権の尊重、平和主義』の基本精神を具現化するため、地方自治など時代の変化に対応した必要な条文の改正を目指す。


つまり、民進党は、現行憲法が国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の基本精神を具現化していない、時代の変化に対応出来ていない、といった問題認識を持ち、これを解消するために憲法改正すると定めているわけだ。

現行憲法維持は基本政策に反するから、民進党の対案にはなり得ない。さらに、参議院選挙の公約「国民との約束(笑)」にも、次のとおり書かれている。

3 未来志向の憲法を国民とともに構想します
現行憲法の「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」の理念を前提として、「新しい人権」や「統治機構改革」など時代の変化に対応した未来志向の憲法を国民とともに構想します


「時代の変化に対応した未来志向の憲法」、これが民進党が示すべき対案だろう。「現行憲法こそ我々の堂々たる対案であります!」とかよくもぬけぬけと。幹事長のくせに基本政策すら無視、枝野も民進党も本当に腐っている。

枝野だけでなく、民進党議員は基本政策を重視していない。野合批判対策に定めただけ、しかも民主党と偽維新の願望を無理矢理がっちゃんこしたもので、党内のコンセンサスも得られておらず、全然「民進党の基本」になっていない。

岡田代表と江田副代表ですら意思統一されておらず、両者の主張は全然違うし、江田が岡田の説明を否定することも日常茶飯事だ。でも、民進党はトップの不通を問題視しない。まるで仮面夫婦・家庭内別居だが、常態化してしまっている。

やはり民進党は潰さねばなるまい。主義主張以前の問題で、こんないい加減な連中を国会議員にするなど我が国の恥である。




朝日:「改憲の対案出せ? 現行憲法こそ対案」 民進・枝野氏
http://www.asahi.com/articles/ASJ6W5GB5J6WUTFK00K.html
枝野幸男・民進党幹事長
 自民党の憲法改正草案。これまでの平和主義も基本的人権も、なんにも分かっていないんだ。自衛隊を軍隊にして、基本的人権を一時の権力で制約できる。彼らは口を開けば「対案(を出せ)」と言います。あんなにひどい案を出されたら、いまの憲法の方がずっといいじゃないですか。現行憲法こそが、我々の堂々たる対案であります。(長野県松本市の街頭演説で)






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:民進党
ジャンル:政治・経済

  1. 民進党
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

革マル枝野らしい間抜けぶり

まあ、脳みそスカスカ、早く医者にいけよ馬鹿らしい、馬鹿に失礼ですね、頭痛いです。
  1. 2016-07-02 20:07
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

To 政界ウォチャー三十年さん

こんばんは。

マジで底抜けですね。
  1. 2016-07-02 21:26
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する