2016-07-06 21:11

保育園は迷惑施設?ではなく、論じるべきは「公」と「私」


民進党の山尾が与党批判に利用した「保育園に落ちた、日本死ね」のブログ。当初は与党の保育政策を威勢良く攻撃していたが、周辺住民の反対で保育園開設が潰される事例が相次ぎ、攻撃は大いに勢いをそがれた。与党攻撃が住民攻撃になりかねないからだ。

子供の権利精神に溢れるサヨクメディアはこれを嘆き、「保育園は迷惑施設ではないよ」、「その認識は変えるべきだよ」、などと反対住民を諭す社説やコラムを書いている。しかし、その様な説教は全くもって無意味だろう。論点はそこじゃない。

まず、保育園と無関係の周辺住民にとって、騒音を撒き散らし交通事情を悪化させる施設は、異論反論の余地無く迷惑施設だ。いくら、「子供の声を迷惑だなんてケシカラン」、「嘆かわしい」と言われても、実際に迷惑なのだから仕方なかろう。

新規保育園問題は、「保育園=迷惑施設」を認めるところから始めねばならない。迷惑施設を新たに作る、の認識がスタート地点だ。で、どうして迷惑施設なのに必要かと言うと、保育園には公益性があるから、という理屈になる。

つまり、保育園開園問題は、「保育園の公益」と「周辺住民の私益」のぶつかり合いで、公益と私益のどちらを優先するかが論点だ。そして、現状では私益優先派が圧倒的に強いから、新規保育園の開園計画がいくつも頓挫している。

したがって、問題の解決策は公益優先にシフトすることだ。公益のためなら、ある程度の私益が犠牲になることはやむなしだ。本当に必要な施設なら、周辺住民の反対など放置したまま作ってしまえば良い。既成事実化すれば良いのである。

それを一々「住民説明会(=説得会)」など開催し、得られるわけの無い「周辺住民全員のご理解」を求めれば、計画頓挫は必然とすら言える。反対住民への「説明(説得)」など火に油、出来るだけ避けるべきであり、積極的に開催するなど馬鹿げている。

必要なことは説明(説得)ではなく、「公益のため(迷惑承知で)絶対に作る!」という強い意思表示、それにできれば誠意(補償)もつけて、あとはひたすらお願いするだけだ。作る前からご理解される必要は無い。本当に必要な施設ならどうにかなる。

まあ、この手の考え方を、サヨクメディアや野党にご理解頂くのは無理だろう。民進党が「国民の一人一人に寄り添う」などとぬかす様に、彼らは私益を重視しすぎる。自民党が公益を優先すれば、「強権政治」だの「全体主義」だのと猛反発する。

保育園の問題に限らず、公益と私益のバランスについてはもっと真正面から議論されるべきだ。サヨク連中が批判する問題は、だいたいどれもこの課題が絡んでいる。




毎日:保育園は迷惑施設? 子供の声を嫌う国は栄えるか
http://mainichi.jp/premier/business/articles/20160630/biz/00m/010/013000c
"世田谷保育園戦争(1)
 待機児童数が全国1位の東京都世田谷区で、近隣住民の反対のため、複数の保育園計画がストップしています。いったい何があったのでしょうか。特別編を3回に分けてお伝えします。【藤田結子、経済プレミア編集部・小松やしほ】
 高級住宅地として知られる大田区の田園調布の駅から歩いて10分ほど。幹線道路の環状8号を越えた東側に広がる住宅地の十数軒に、黄色い横断幕が張られています。
 「開設反対!! 住環境の破壊!」「危ない三叉(さんさ)路、坂道、一方通行、ここは保育園には向いていません」「世田谷区は保育園建設を強行しようとしています」
 住所は世田谷区東玉川1丁目。世田谷区を大きく五つの地域に分けたなかの「玉川地域」にあります。このあたりの地価は、1平方メートルあたり約57万円(2016年公示地価)です。"
"高級住宅地にはためく黄色の反対横断幕
 世田谷区が保育園を計画しているのは 現在は更地の約500平方メートルの土地。元々は防衛庁の所有地で、職員宿舎が建っていましたが、防衛庁が宿舎を廃止して財務省に土地を返還し、その土地を世田谷区が借りて保育園を開設する計画です。
 ところが昨年、世田谷区が近隣住民を対象に説明会を開いたところ、一部から「静かな環境を守りたい」など反対の声が上がりました。その結果、予定地近くの十数軒の家に、黄色い横断幕が現れたのです。静かな街だけに、文言の強さが目立ちます。
 反対住民の言い分はおおむね次のようなものです。「送り迎えの交通量が増えて危険だ」「子どもの声や親の立ち話でうるさくなる」「保育園建設で地価が下がるのが心配」−−。反対運動には、閣僚経験者など地域の有力者も参加しています。
 近隣の高齢者にとっては、往来が増え、それまでの静かな環境が一変することへの不安があるのでしょう。そのような不安を解消し、理解を得るための努力は必要です。"
"保育園開設が遅れると、復帰できず失職する人も
 世田谷区の待機児童数は、今年4月時点で過去最多の1198人。区は15年度に保育施設の総定員を2082人増やす計画を立てましたが、周辺住民の合意を得られないなどの理由で5施設の整備が遅れ、定員増は目標の約6割の1259人にとどまりました。結局、1198人が認可外施設にも入れず、待機児童になりました。
 世田谷区南部にあり、大田区、目黒区と境を接する「玉川地域」はもともと認可、認証保育園が少ない場所でした。そこにいま、区全体の4分の1にあたる300人もの待機児童がいます。
 保育園問題に詳しい世田谷区議の風間ゆたかさんは「保活中のお母さんたちは、保育施設が少ないこのエリアを『保育園魔の三角地帯』と呼んでいます。多くのお母さんが、開園を待ち望んでいます」と言います。
 区はこうした状態を解消するため、17年4月時点で定員を約2200人増やすべく、保育園開設を計画しています。開園が遅れると、働く親は子供を預けられなくなり、育児休業から仕事に復帰できず、最悪の場合、仕事を失います。 "
" このエリアに住み、6月に第2子を出産したAさん(30代)はこう言います。
 「来年4月までに保育園ができれば、安心して復職できるかもしれません。保育園を作ることがこんなに難しい時代だなんて。反対している方たちと穏やかに話し合いができるといいなと思います……」
ぶつかり合う利害をどう調整するか
 保育園は、果たして住民が考えるような迷惑施設でしょうか。実際のところ、保育園は地域で非常に気を使いながら保育をしています。
 玉川地域の保育園の保育士さんは「昼間音楽の練習をしていたら、電話で苦情が来ます。『夜働いていて昼間寝ているのだから静かにしてほしい』と。園長や保育士が謝って、騒ぎを大きくしないようにしています」と言います。
 また、子供が園庭で泣いたら、近所から苦情が来る前に急いで室内に連れて行くそうです。幼い子供の泣き声が耐え難いほどの迷惑行為なら、日本はもはや「子育てができない国」です。
 格差社会、少子高齢化、共働きの増加など、さまざまな要因が問題の背景にあります。高級住宅地の住民にとっては住環境、子供のためには良質な保育、働く親にとっては雇用−−立場によってそれぞれ利害がぶつかります。社会全体で考えなければならない問題です。
 次回もこの問題についてお伝えします。"






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(5)

コメント

こんにちは。
>毎日:保育園は迷惑施設? 子供の声を嫌う国は栄えるか
育児は迷惑行為?子育てを嫌う国は存続するのか?といいたいです。
育児を他人に任せることが平気なのか?自己欲求のほうが優先なのか?女性の意識が変わったことにこの国の教育は間違っていると思います。
勿論、母子家庭や生活の為に泣く泣く愛する子供を他人に預けなくてはいけない人たちも存在します、その人たちのために保育園が存在するのは大いに賛成です。
ですが自分の自由時間が欲しいからとかプチ贅沢をしたいから仕事をする、仕事が好きだからと他人に我が子を預ける風潮はいかがなものか?
子供の立場で議論すべきです。
  1. 2016-07-07 08:33
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

>ですが自分の自由時間が欲しいからとかプチ贅沢をしたいから仕事をする、仕事が好きだからと他人に我が子を預ける風潮はいかがなものか?

このエントリはそういう話ではありませんし、そのような身勝手な親はごく少数派だと思いますから、保育園問題と絡めるには適当だとは思えないのですが。

また、保育園に預ける=育児放棄という考え方であれば、私は「違う」と言いたいと思います。

  1. 2016-07-07 20:53
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

公共は私有とぶつかるが

昔のアホ都知事と違って、政治家が色々、公と氏に巻き込まれたら。
理を持って説き、また公と氏にを曖昧にせず、ルールを決め、最後は自分の顔でも、頭下げても納得してもらい、ただ公共だからと言って、最初に決めたルールを、両方から怨まれるのを、覚悟で裁く。
政治っていつから、泥臭く汗まみれ、から、綺麗事綺麗事、みんなの味方なわけない。
  1. 2016-07-08 17:44
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

To 政界ウォチャー三十年さん

こんばんは。

ですね。

政治家は八方美人では勤まりません。
  1. 2016-07-08 21:30
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

管理人様追記です

松下政経塾あたり、ですかね、口先だけ肝心なところで、間に入り我が身より、世の為人の為に、頭を下げる、場合には頓知問答で法律をすり抜ける、マツモトキヨシって松戸市長になる為に、毎日選挙どうしたんです。
頭いい、馬鹿な方に力を使うのは、支持政党なし、選挙前から違法にならない挨拶しろ!
だいたい、議員なんて国民の御用聞きだ!
そこで、頭を下げて私に免じてが言えないなら、ボードゲームでもしろ!

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
  1. 2016-07-09 00:57
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #V7KqfvbI
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する