2016-07-14 20:55

ジャーナリズム精神を捨てた鳥越俊太郎


醜悪。この一言に尽きる。

東京都知事選に「元」ジャーナリストの鳥越俊太郎が立候補した。鳥越は国賊的クソリベジャーナリストの一人なので、もちろん最初から大嫌いな人間なのだが、それを差し引いても彼に都知事として評価出来るポイントは一つも無い。何から何まで腹立たしい。

まず、出馬動機がふざけている。

鳥越の出馬動機は、「参院選で自民が大勝した危機感」と述べていた。東京から自民ら改憲勢力に対抗圧力をかけていきたい、と。東京都をどうしたいかではなく、東京都知事の権力を使って国をどうにかしたい、という極めて自己中心的な欲求が動機だ。

出馬表明の記者会見で、鳥越は「出馬については熟慮に熟慮を重ねた結果」とも述べていた。しかし、出馬を決意させた参院選から出馬表明まで僅か1日で、熟慮する時間など無かったはずだ。熟慮どころか、あまりにも浅慮ではないか。

反アベしたいだけで出馬したから政策はまだ無く、東京のこともろくに知らず、記者会見では「知らない」や事実誤認を連発した。信じられないことに、東京の出生率は全国最低という常識すら知らず、「他の地域より高い」と思っていた。

体調の面も不安だ。鳥越は「癌患者への偏見は捨てよ」とか「今が一番健康」とか言っていたが、今は一時的に健康でも今後どうなるかわからず、都民が不安視することは当然で、偏見との決めつけは、都民を貶める自分本位の言い訳だ。

こんなふざけた人間に、民進党ら野党連合は嬉々としてとびつき、反アベ統一候補にすることを即決した。都知事に相応しい点は何も無いけれど、知名度が高いというだけで選んだ。何たる厚顔無恥か。腸が煮えくりかえる醜悪さだ。

14日になり、宇都宮候補が出馬を取りやめたの報を聞いた。共産や社民はずっと支援してきた盟友だったはずなのに、有名人が出てくるとあっさり乗り換え切り捨てた。no-risuは宇都宮の政策を支持しないが、都知事選に臨む姿勢は評価している。

前回都知事選で、彼は都政をかなりまともに語っていた。反原発にはほとんど触れず、都政について現実的な演説が多かった。反アベ勢力的には「卑劣な争点隠し」かもしれないが(そんな批判をするクソリベはゼロだったが)、個人的には彼を見直した。

鳥越と比較したとき、都知事に相応しいのは圧倒的に宇都宮だ。これに異論反論の余地は無い。与党が増田・小池で分裂している中、野党連合が宇都宮を押せば勝算は高かったと思うが、野党連合は「著名人の方が都民の支持を得る」と判断した。

要するに、野党連合は都民を舐めているのだ。有名人というだけの自己中ジジイを担ぎ上げた野党連合を、no-risuは心底軽蔑する。

宇都宮は、これまで蓄積した政策資料を全て鳥越に進呈したそうだ。鳥越は、「私の政策に100%反映させるか分からない、これから吟味する」などと言っていたが、政策立案能力も無いくせによく言う。どうせ丸パクリするに決まっている。

ちなみに、鳥越は政策を問われて、「これから考える」とか、「当選したら考える」とか、「中国や韓国と首都サミットをしたい」とか言い放ち、記者らを失笑させた。発言詳報を読むと、鳥越がかなりのアホだと分かる。宇都宮の資料は理解できまい。

そして、最後に一つ、重要な点を指摘しておきたい。それは、鳥越はもうジャーナリストではない、二度とジャーナリスト面するな、ということだ。

「権力監視はジャーナリストの使命」
「反権力こそジャーナリズム精神」


鳥越ら反アベ言論人は、一方的で愚劣な反アベキャンペーンを展開し、それを批判されると上記の様な言い訳で自己正当化してきた。鳥越は都知事という権力者になりたがっているのだから、もはやジャーナリストを名乗る資格は無い。

「都知事に一番重要なことは誠意である」、鳥越は言っていた。彼が都知事になれば、誠意を込めて都政を私物化し、誠意を尽くして反アベ活動を行うだろう。彼の「誠意」とはそういうことで、我欲を誠意と言い換え、偽装しているだけだ。

7月31日。いったい何人の東京都民が鳥越に投票するだろうか。東京の民度に期待したい。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

ジャーナリストと言うより

単なる、電波芸人、目立つ俺の言う事が正しい、嫌なら見るな、電波芸人そのもの。
言うはやすし、行うは難し、頭と身体がおかしいのですから静養すべき、頭がおかしい電波芸人が、余生を都知事(笑)
絶対入れません。
  1. 2016-07-17 20:50
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

感じの悪い老人です

偶にテレビでこの人を見ますが、汗臭いガラの悪い爺さんです。
数年前NHKテレビの「家族に乾杯」に彼が出ましたが、鳥越なる地区を訪ね民家に入ったはよいが、出された食事を食べる姿は、お膳に肘を付いて犬食いする。大幻滅でした。
絵に描いたようにマスコミ業の悪い部分が滲み出ている。それが「世界の東京」の知事さんとは笑わせる。
  1. 2016-07-19 18:53
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

To 政界ウォチャー三十年さん

こんばんは。

以前は安倍総理に対して病気を理由に批判していたくせに、自分のことになればこの様ですからね、クズですよ。

  1. 2016-07-19 21:06
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 相模さん

こんばんは。

感じ悪いですよね。

いつも裏からこそこそ他人の批判だけしていたから見えにくかったですが、表に出てくればこうも醜悪なのかと驚きです。
  1. 2016-07-19 21:08
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する