2016-07-30 21:06

鳥越が刑事訴訟を選んだ理由


週刊誌が有名人の醜聞をを報じ、有名人が名誉毀損で訴訟を起こすケースは多々ある。この場合、被害者(仮)は週刊誌に対し名誉毀損で民事訴訟を起こし、記事の撤回や謝罪記事による名誉の回復や、慰謝料を求めたりするのが一般的だ。

一方、女学生への淫行を暴露された鳥越俊太郎は、週刊文春及び週刊新潮に訴訟を起こしたが、単純な名誉毀損による民事訴訟ではなく、公職選挙法違反による刑事訴訟を選択した。また、文春社・新潮社ではなく、編集長個人を訴えた。

最初、鳥越提訴のニュースを聞いたとき、刑事訴訟とは大袈裟なと思ったが、まあ選挙期間中だしそういうこともあるか、と特に疑問も感じず納得していた。そんなことよりも、「訴訟中」を理由に説明責任から逃げた姑息さばかりに思考が流れていた。

しかし、よくよく考えてみるとおかしな話だ。鳥越は「腹の底から怒ってます」等と憤怒していたが、本気で文春・新潮に法裁きを下し、自身の身の潔白を証明し、名誉を回復させたいと願うなら、刑事訴訟なんて選ぶはずがないと思うのだ。

何故ならば、刑事訴訟には「起訴・不起訴」を判断するプロセスがあるからだ。本件の場合、検察は不起訴の判断を下す可能性が極めて高いと感じる。「刑事事件で起訴されたらほとんど有罪」と言われる様に、起訴のハードルは高く判断は重い。

鳥越事件で起訴するのなら、まずは「淫行は事実無根という鳥越の主張を維持できる根拠・証拠」を探し、その上で「両紙の記事が公職選挙法違反に相当するだけの悪質性があったか」を考察する。それをクリアすれば、ようやく起訴となる。

無理でしょ(笑)。

検察はまず、被害者とされる女性が実在しなかったとか、別荘に連れ込んだ事実が無かったとか、文春らが「実は捏造でした、サーセンw」等とゲロするとか、何かしらの明確な根拠を確保せねばならないが、そういったものが確保できるとは思えない。

もしも何かを見つけたとしても、公職選挙法違反なんて大袈裟な悪質性は認めないだろう。内容がショボすぎるし、両紙は鳥越以外の候補についても書いているし、これを「表現・言論の自由を逸脱した悪質な選挙妨害!」と判断するわけがない。

どう考えても不起訴になる。そして、鳥越弁護団だって百も承知のはずだ。「訴訟中について黙秘」の作戦だけなら民事訴訟で事足りるのに、あえて刑事訴訟を選択した理由は何か。明白だ、刑事訴訟の方が好都合だからに決まっている。

何故、不起訴が好都合か。これも分かりきった話だ。文春・新潮の報じた淫行事件は事実で、鳥越の「事実無根」こそ虚偽だからだろう。

それに、自分ならどうするかを想像してみるといい。「家庭もある人間が、立場を悪用して40歳も年下の女性を強引にヤッた」なんて「ウソ」を広められたら、それこそ死に物狂いで無実を証明しようとするだろう。マジ恥ずかしくて生きていけねーよ!。

一秒でも早く名誉挽回したいときに、「民事訴訟で徹底的に戦いますか?、刑事訴訟で遺憾の意を示しますか?」と選択を迫られれば、不戦敗濃厚の刑事訴訟なんて絶対に選ばない。少しでも可能性のある民事訴訟を選ぶに決まっている。

鳥越はクロだ。

週刊誌に書かれた以上の淫行を犯した可能性もある。報道によると、記者の追及を受けた鳥越の選対が、「準強姦だったとしても時効だろ!」と口を滑らしたらしい。鳥越がやったことは、どぎつすぎて文春らも書けなかった、という噂もある。

そんな鳥越は、ここにきてスローガンに「女性に良し!」を追加したそうだ。どういう神経しているのか。都知事選の結果は明日判明する。さあ、鳥越に投票するアホがどれくらいいるのだろうか。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:選挙
ジャンル:政治・経済

  1. 選挙
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

 鳥越刑事訴訟について、面白い演説があります。

 https://www.youtube.com/watch?v=DDUezZblHPY&feature=youtu.be&t=480
  1. 2016-07-31 08:18
  2. URL
  3. よもぎねこ #-
  4. 編集

投票及び箱改めしてきました

まあ、夜の8時が楽しみです。
まあ8時で当確出るでしょうね。
言い訳を今から考えていると思います。
また、権力ガーでしょうけど(笑)
  1. 2016-07-31 08:51
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

今回、刑事を選んだ理由は、民事のように公開の法廷で自ら主張しなくてもよいからのように思います。選挙期間をやりすごすためなら民事でも刑事でも裁判は始まりませんが、もしかすると知事になるかもしれないと思っているようなので、知事の立場で法廷に出ることになる民事は困るのでしょう。刑事で選挙期日前に不起訴や起訴猶予となったらダメージ大きいですが、短期間では判断されないと考えたのでしょうね。
  1. 2016-07-31 09:15
  2. URL
  3. 大盛 #-
  4. 編集

To よもぎねこさん

こんばんは。

彼の説明は私の推測とぴったり合致します。まあ、そうなんでしょうねぇ。そうとしか考えられませんよ。

  1. 2016-07-31 19:54
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 政治ウォッチャー三十年さん

こんばんは、

偉い!。

やっぱ、投票してナンボですよ。
  1. 2016-07-31 19:55
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 大盛さん「

こんばんは。

知事の立場で法廷に出ることになるのが不都合なのではなく、淫行の¥について事実関係を争うことが困るのだと思いますよ。クロだから。また、選挙期間中に検察が起訴不起訴の結論を下すことはありえないので、100%織り込み済みですよ。
  1. 2016-07-31 20:05
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

結局、小池ゆりこ圧縮

鳥越氏の敗戦の弁は、至って普通、ただ都議の補欠選挙が忘れられていて、残念です。
箱改めは趣味ですから(笑)掴みでドクター中松氏の発明だったらたいへん(笑)投票済み証は必ず求めます、意外に上杉が善戦、気になるのは、桜井誠がどれだけ取るかです。
場合には都議会のバランスが変わります。
  1. 2016-07-31 22:26
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #a3VXqt5.
  4. 編集

To 政治ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

上杉も桜井も、泡沫状態でしたね。
まあ、泡沫の中ではトップ争いしてましたけど。
  1. 2016-08-01 20:53
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する