2016-08-09 21:18

前原が野党共闘を容認した?


民進党の前原が、野党共闘を容認したらしい。右も左も関係無く、報道各社はその様に報じている。前原は共産党をシロアリに喩えて共闘批判していたくせに、今になって容認派に転じるとは驚きだ。しかし、記事を読むとどうもおかしい。本当に容認したの?。

疑問に感じるのは、前原は無条件に共闘を認めたわけではなく、「政党の枠組みより政策論議を重視する」ことを共闘条件に出しているからだ。「政策論議」、だと?(笑)。

民進党は、今ある国政政党の中で最も政策論議を苦手とする政党だ。政治思想がごちゃ混ぜの政党で、へたに論議すれば内紛が起きかねず、能力的にへたな論議しか出来ないことは明白で、だから政策論議を避け与党批判を基本路線にしている。

共産党の政策については、さしもの民進党も賛同できないことはコンセンサスが出来ており、「連立政権でも大歓迎♪」のラブコールを贈る共産党に対し、共闘推進派の岡田らでさえ「それは無理、共産党は政策が違いすぎる」と明言し続けている。

党内で論議できず、共産党も論議できない状況で、あえて共闘条件に論議を要求したことは、事実上の共闘拒否宣言と考えるべきではないのか。つまり、前原の共闘反対路線は何も変わっておらず、容認転向報道は誤報に等しいのではなかろうか。

それとも、前原は政策論議が可能だと本気で考えているのだろうか。民進党と共産党が膝をつき合わせてマジの政策論議を行うとか、想像しただけで笑える(笑)。是非とも実現させてもらいたいが、どう考えても無理で、それくらい前原も分かってるでしょ。

野党転落後、岡田や枝野ら民主党幹部は著しく劣化したが、前原にはまだ理性の欠片が残っていると信じたい。



東京:前原氏、野党共闘を容認 政策論じる条件付きで
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016080701001401.html
 民進党代表選への出馬に意欲を見せる前原誠司元外相が8日発売の月刊誌「世界」で、政党の枠組みより政策論議を重視することを条件に、共産党を含めた野党共闘を容認していることが分かった。関係者が7日、明らかにした。柔軟な姿勢を打ち出すことで党内の支持拡大を図る狙いがあるとみられる。
" 既に立候補を表明している蓮舫代表代行も共闘路線を継承する考えを示しており、代表選では野党共闘の是非が主要争点から外れる可能性が出てきた。
 前原氏は昨年11月、共産党について「シロアリみたいなもので、協力したら民主党の土台が崩れる」と発言。野党共闘見直しの立場で臨むとみられていた。"






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:民進党
ジャンル:政治・経済

  1. 民進党
  2. TB(0)
  3. CM(7)

コメント

民進党(偽)は売国奴

しょせん、選挙互助会のクズと、スパイの集団、政党なるものではありません。
私としては、政党法人法が必要だと思っています。
だいたい、帰化人がすぐ議員になる事自体おかしいです。
帰化人には、日本國に忠誠を近い、法的拘束力を持たせるべきです。
また、帰化人は三代を過ぎないと、選挙権を与えないよう法律を造るべき。
前原も、朝鮮のスパイでしょう。
レーンホーは中共のスパイでしょう。
それが、議員になる事自体おかしい。
スパイ防止法と、帰化人の選挙権及び、被選挙権は、すぐに与えないよう法律を整備するように願います。
  1. 2016-08-10 12:15
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

↑愛国を装った反日活動で日本を貶める在特会や自民ネトサポ(J-NSC)もスパイ容疑で国外追放すべきだろw
  1. 2016-08-10 18:56
  2. URL
  3. 名無しクマー #kEko.7Xg
  4. 編集

To 政治ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

帰化すれば日本人なので、その権利を生粋の日本人より低くするのは区別でなく差別だろうと思います。変えるのなら、帰化人の権利を限定するのではなく、帰化要件を強化するのが筋だと思いますよ。

また、前原と蓮舫が特亜のスパイだとする根拠は知りませんので、私はその様に考えてはいません。
  1. 2016-08-10 20:44
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

管理人様のご意見通りです

帰化要件を厳しくし、法的に日本に忠誠を誓い、それに反した場合帰化取り消しでよいかと思います。
レンホーは、国籍選択で日本國籍を得たのち、中共の大学に留学しています。
前原は、在日から違法献金を受け取り、またその在日をオモニと呼んでいます。
スパイは言い過ぎでしたが、疑惑に止めておきます、管理人様申し訳ありませんでした。
  1. 2016-08-11 03:30
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

no-risuさん
こんにちは。非主流派が代表選の候補者を立てない状況が続いてますね。民進が野党として迷走を続けているのが与野党の存在がある政党政治として健全か、不安を持つところです。(といっても自分の側は民心に推薦議員を抱えていますが・・・)
以前、山川均という売国サヨクの本を読んだことがあります。(お花畑すぎて特高警察にも逮捕された生粋の犯罪者)が「自民党、民主党、自由党、様々な政党が生まれては消えていくが、真面目に勤労する人が暴虐されない政策を訴えるにいたる政党はないものか」と憂いていたそうです。
文句ばかり言うだけではありますが、せめても前原氏ら非主流派が復権して、自民党の経済政策により生ずる欠点を是正できる、そういった野党があればなと思うところです。
  1. 2016-08-11 19:56
  2. URL
  3. azarash #-
  4. 編集

To 政治ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

帰化条件の強化はありだと思います。
アメリカみたく忠誠を求めるのも良いですね、サヨク共は大反対するでしょうけど(笑)。

ちなみに、前原の在日献金は別に大した話ではないと思っています。
昔からなじみの焼肉屋のおばちゃんが、数万円の小遣いをあげただけの内容でしたから。

  1. 2016-08-11 20:28
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To azarashさん

こんばんは。

どうせ蓮舫には勝てないでしょうし、民進党には何にも期待していないので、無投票で決まってもどうでも良いです(笑)。
前原は民進党の中にあってまだマシな方ですけど、大役を任せるには決定的に器が小さいですねぇ。人を引っ張る立場より、補佐役くらいが適任かと思います。

>真面目に勤労する人が暴虐されない政策を訴えるにいたる政党はないものか

ありますよ、共産党ですけど(笑)。
  1. 2016-08-11 20:43
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する