2016-08-22 21:00

居場所を無くしていく放射脳


正義がなされた。21日未明の午後三時、経産省敷地にして国民の共有スペースを1800日にわたり不法占拠していた、下品で汚らしい放射脳まみれの巨大なゴミが撤去された。そう、野蛮なプロ市民共が住み着いていた反原発テントが撤去された。

テントは菅政権時に生まれた。民主党は、テントを撤去したいフリをしつつ、実際には所属議員が続々と応援に駆けつけ、裏でプロ市民らとテントを撤去しない密約を交わし、多数の反社会的市民に官邸フリーパスの特権を与えていた。

この負の遺産を安倍政権が精算してくれた。夏休み明けの憂鬱な気持ちを晴らすグッドニュースだ。

さて、当然のことながら、反原発メディア・有識者の皆様は大変ご不満な様子だ。東京新聞の記事には、主犯格のプロ市民・他プロ市民×2・福島県の避難者・大学教授×2の意見が掲載されていた。全員テント擁護派だ。公平公正な報道とはいったい(笑)。

本エントリでは、大学教授×2の意見を紹介し、反原発派の歪んだ思考思想を再確認しておきたい。なお、何度も言っているが、反原発思想が問題なのではなく、彼らの人間性に問題があるという趣旨であることを、改めて念押ししておく。

まずは一人目のバカ、武蔵大の永田浩三教授(メディア社会学)

「テントは再稼働反対や脱原発を多面的に考える拠点になっていた。原発の再稼働を目指す現在の政権下では、そういう日が来るだろうと予想された。不法占拠と言われれば、そうではないとは言いにくいが、判決では表現の場として一定の評価をしていた。国が強制執行を申し立てたのは、参議院選挙での勝利で政権として信任され、有無を言わさないという意思表示だ。」

まるで、安倍政権が意に沿わない民意を弾圧したかのごとき言いぐさ。しかも、司法がテントの正当性を一部認めたかの様に述べている。常識的に考えれば分かるが、もちろん司法は違法テントの正当性など微塵も認めなかった。

事実として、反原発派は地裁で全面敗訴し、高裁でも全面敗訴し、最高裁では控訴が棄却された。反原発派は教授ですら平気で嘘を吐く。アホかと。「有無を言わさない」のは、反原発無罪でやりたい放題のお前らだろうに(笑)。

続いて二人目のバカ、高千穂大・五野井郁夫教授(政治学)

「省庁の敷地内で5年近く活動を続けたのは前例がない。賛否両論はあるが、党派を超えた人々が集まり、権力に対して議論をする場となっていた。今回の強制執行は、政治に対して声を上げることへの不寛容さの表れだ。テントの撤去は不法占拠という理由だが、政府にとって都合の悪い主張の排除と受け取られてもしかたがない。」

内容は一人目のバカとほぼ同じだ。

この二人に限らず、反原発派らの思考は総じて似通っている。彼らは、違法行為の是正を自己中心的思考で言論弾圧に脳内変換し、加害者のくせに被害者になる。自分が否定される全てを認めず、受け容れず、被害妄想に陥り、攻撃的になる。

安倍政権は、国は、一度たりとも反原発派の言論を封じようとしたことは無い。都合の悪い主張を排除しているのは、原発容認派学者に「原発ムラの御用学者」のレッテルを貼り、未だに排除し続けている反原発派だ。不寛容極まりないな。

不思議なのだが、どうして反原発派は不法占拠を恥じないのか。撤去されて喜ばないのか。原発容認派を見よ。菅直人が独裁的に全原発を停止させたとき、「再稼働させろテント」は一張りも立たなかった。再稼働要求デモも起きなかった。

原発容認派には理性と知性があるので、下品で感情剥き出しの反知性的活動を好まないのだ。放射脳ら反原発派は、それを理解し自分達を正していかなければ、不法テントだけでなく、社会のあらゆる場面で居場所を無くしていくことだろう。




東京:脱原発テントは消えても 避難者を優しく支えた場「またみんな集まってくる」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201608/CK2016082202000109.html
" 日曜未明の強制執行だった。東日本大震災後から約五年、脱原発運動の象徴的な場所として知られていた東京・霞が関の経済産業省敷地内のテントが東京地裁によって撤去された。東京電力福島第一原発事故で避難生活をしている人や、福島で畜産業を続ける人からは「第二の古里を返して」「国への抗議のやり方は別にある」という声が上がった。 (萩原誠、神野光伸)
 「何も持たずに逃げてきた。こんな私をテント村の人たちは優しく支えてくれた。その第二の古里を返して」
 原発事故直後、福島県双葉町から避難し、東京都港区で暮らす主婦亀屋幸子さん(72)は、テントのなくなった経産省前で涙ながらに語った。毎週金曜の集会に通い続けた。市民団体のメンバーからの電話で未明に駆け付けたが、テントの撤去作業を見守るしかできなかった。"
" テントを設置した市民団体代表の淵上太郎さん(74)は「今ここにテントはないが、脱原発の行動をやめるということはあり得ない」と話した。
 強制撤去が始まったのは午前三時四十分。静まり返った暗がりの官庁街に、東京地裁の執行官らが現れた。市民団体のメンバーによると、テントの中には五人の男性が寝泊まりしていた。ガタガタという音が聞こえて目が覚めたという国立市の男性会社員(53)によると、「強制撤去を執行します。十分以内に私物を持って出てください」と通告された。
 寝泊まりしていた男性らが執行官に囲まれるようにテントから出てきた。ほとんどの人が抵抗することなく皆自分たちの荷物を持ち、テントひろば向かいの歩道まで追い出された。"
" テントの中にいた北区の無職の男性(63)は「寝ている時に来るなんて、汚いやり方。悔しい」と嘆き、もう一人の北区の男性(64)は「テントは霞が関のオアシスのようだった」と語った。
 午後一時から、テントの跡地で開かれた抗議集会には約百人が集まった。たまたまこの日、テントを訪れる予定で上京した福島県浪江町の畜産農家吉沢正巳さん(62)も参加。吉沢さんは福島第一原発事故で被ばくした牛を飼育しており、「福島の原発事故の反省もないまま国は原発を動かしていく。私たちの街は原発事故でチェルノブイリの状態になり、多くの人や家畜が亡くなった」と訴えた。
 さらに「テントは脱原発の象徴だったが、抗議のやり方は別にある。テントがあった場所にまた皆集まってくるはず。命そのものがどう扱われてきたか訴えることは変わらない」と強調した。
 捜査関係者によると、抗議集会では、吉沢さんが持ち込んだ牛のオブジェをどけようとした男性警察官にぶつかって抗議したとして、丸の内署が公務執行妨害の疑いで、六十代の男性参加者を現行犯逮捕した。男性は黙秘しているという。"
"◆有無言わさぬ国の意思
 武蔵大・永田浩三教授(メディア社会学)の話 テントは再稼働反対や脱原発を多面的に考える拠点になっていた。原発の再稼働を目指す現在の政権下では、そういう日が来るだろうと予想された。不法占拠と言われれば、そうではないとは言いにくいが、判決では表現の場として一定の評価をしていた。国が強制執行を申し立てたのは、参議院選挙での勝利で政権として信任され、有無を言わさないという意思表示だ。
◆都合の悪い主張の排除
 高千穂大・五野井郁夫教授(政治学)の話 省庁の敷地内で5年近く活動を続けたのは前例がない。賛否両論はあるが、党派を超えた人々が集まり、権力に対して議論をする場となっていた。今回の強制執行は、政治に対して声を上げることへの不寛容さの表れだ。テントの撤去は不法占拠という理由だが、政府にとって都合の悪い主張の排除と受け取られてもしかたがない。"








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:原発再稼働
ジャンル:政治・経済

  1. 反原発
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する