2016-09-06 21:16

「美味しさを知ってもらいたい!」系の販拡は99%失敗する


衰退する泡盛の現状を打開するため、沖縄県酒造組合が品川区にアンテナショップ「泡盛ノ逆襲@スキマ」を開設した。限定4ヶ月間、各種イベントや居酒屋との連携、さらに新商品泡盛カクテルも投入し、泡盛の認知度を向上させ売上拡大に繋げたいとか。

無駄なことを。

この手の「美味しさを知ってもらいたい」系のイベントは99%失敗する。食品産業に疎い生産者や業界団体、無能なコンサルや自治体は、未だに似た様な取組を全国各地で行っているが、こんなものに販拡効果は無い。

彼らに共通する間違いは、「美味しさを知ってもらえる=買ってもらえる」と認識していることだ。売れないのは消費者が商品の良さを知らないから、知れば買ってくれるはず、「よ~し、PRイベントやっちゃうゾ♪」と考える。大間違いだから(笑)。

これは失敗する典型、時代遅れのプロダクトアウト方式(自分達生産者サイドの都合を優先した商品)で、6次産業を推進する国や有能なコンサルや事業者は、とっくにマーケットイン方式(消費者のニーズを優先した商品)へと移行している。

美味しい商品が溢れかえる日本市場において、「美味しい」は当然の前提条件にすぎない。また、自分達が美味しいと思っていても、それが消費者の求める味や価値とは限らない。だから、プロダクトアウト方式は、特別な理由でもなければまず成功しない。

泡盛に特別な価値があるとは思えないし、味も名前もある程度認知された泡盛では、まあ100%失敗すると断言して良いだろう。

それと、新商品「泡盛カクテル」も出すらしいが、そんなもん売れないから(笑)。

どうせ、身内かコンサルあたりの安易な発想で始まり、市場調査もろくにせず、身内のイベント(コンテストとか人気投票とか)で味を決め、知らずに飲めばそこらのカクテルと大きな違いも無く、そもそも泡盛の必要性すら疑わしいカクテルだろう?。

カクテル類は、大手メーカーが熾烈な開発競争をしており、中小の企業らも独自性を競い、自治体には街ぐるみで推進している宇都宮市などもあり、非常にハイレベルで新規参入が難しい分野だ。それらに勝つ独自要素はあるの?。無いでしょ?。

そりゃ飲めば美味しいだろうさ。アンテナショップの客は美味しいと言うだろうし、イベント期間中は売れるだろう。でも、そこまでだから。「手応えを感じた」などと成果に満足するかもしれないが、手応えなんて錯覚、ただの自己満足だから(笑)。

沖縄タイムスの記事によると、アンテナショップやイベントは、アカネクリエーション(那覇市)なる広告会社が受託しているらしい。アカネが企画・立案したのか、運営を受託しただけなのか分からないが、発案したコンサルなら直ちに切った方が良い。

まあ、批判ばかりしていても格好悪いので、泡盛業界に有効な成長戦略を書きたいところだが、あえてそれはしない。気が向いたらいずれ書くかもしれないけど、長くなるし、基本的には対価を求めるべき類いの話になる。ただ働きはしたくない(笑)。

一つだけ言うと、泡盛の販拡戦略はいくつも存在するが、即効性あるお手軽プランはたぶん無い。どう考えても数年、そうだな、上手くいっても3年以上はかかるかな。でも、今のままならどれだけド派手にPRしても時間と金の無駄だから。

消費者に理解を求めるのではなく、まず自分達が消費者を理解すること。「美味しさを知ってもらう」ための努力は、そのずっと後で必要になってくるが、計画が上手くいけばさして重要でもなくなる。




沖縄:泡盛の逆襲、認知度拡大へ 東京・品川に期間限定ショップ開店
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/60822
 【東京】沖縄県酒造組合(玉那覇美佐子会長)は4日、品川区の商店街が運営するフリースペースに泡盛のアンテナショップ「泡盛ノ逆襲@スキマ」を開設した。県内の泡盛メーカー47社の代表的銘柄が試飲でき、販売もする。12月26日まで約4カ月間の期間限定。泡盛の県外での認知度を広げ、減少が続く出荷量の反転を目指す。
" 4日のオープニングセレモニーで、玉那覇会長や店舗を貸し出す青物横丁商店街振興組合など関係者らがかめに泡盛を注ぎ、アンテナショップの成功を祈念した。
 試飲、販売のほか、「THE泡盛カクテル推進協議会」が11月に選定する泡盛カクテルや、沖縄の季節のフルーツの販売も手掛ける予定。"
" 全国的に若者の飲酒量が減る中、県外での泡盛のイメージは「度数が強い」「年配者の飲み物」というイメージもあり、県内外で泡盛の苦戦が続く。出荷量は、2015年度まで11年連続で減少している。
 同ショップに限らず、品川区内の老舗小売店、ブックカフェ、居酒屋とも連携し泡盛キャンペーンを随時展開していく。週末には泡盛をPRする人力車も回遊させてアピールする。
 事業を受託するアカネクリエーション(那覇市)の杉山昭人さんは「ショップや地域の店舗・イベントとの連携を強め、日本の玄関口の品川から泡盛を根付かせていきたい」と話した。"






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル:政治・経済

  1. 食品産業
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

沖縄県酒造組合なんて老害連中がウチナーンチュ(沖縄県人)精神だとか言って
身内を褒め合い泡盛古酒を毎昼夜?召し上がるだけの相互補助団体ですから!
  1. 2016-09-07 15:09
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

彼らの飲むクースーは、きっと混ぜ物無しなんでしょうねぇ。
観光客向けの商品とは違って(笑)。
  1. 2016-09-07 19:31
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

仰せの通りでございます。(笑)
  1. 2016-09-07 21:18
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

やはりそうですか(笑)。

まあ彼らが何を飲むにしても、観光客には商品の中身を正直に説明(表示)するべきですね。
そこからして連中はダメなんですよ。
  1. 2016-09-07 21:23
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

相変わらずのウチナーガー

アンテナショップなんて都内にくさる程ありますが、何でしょうか?
とりあえずアンテナショップなんて何年前?
地域振興は大事ですが、ウチナーガー九条教徒にうんざり、どれだけ資産使っているのですか?
国富って國民の富でしょう?
そりゃ島である不利は、認めますが、世の中って残る投資と残らない投資がありますから、そろそろもう、國民の富を一部還して貰えませんか?

追記
余談で申し訳ありません管理人様。

日本國民のある一定層や、その次世代、団塊と団塊ジュニアですが、何でまた、揃いも揃ってハズレくじ、口先野郎や言う事とする事が違う馬鹿ばかり、私も馬鹿ですが(笑)
  1. 2016-09-09 12:24
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年病み上がり #luHOg6ls
  4. 編集

To 政治ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

泡盛は腐らないので、島の不利は少ないはずです。
アンテナショップはすでにあるはずなのに、わざわざ別で、しかもグレードダウンさせてやる意味はなんなんでしょうね。まあ、たぶん自己満足なのでしょうけど。

  1. 2016-09-09 22:18
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

確かに銀座に様々な県のアンテナショップがたくさん有るので何回か利用しましたが、そこまで美味しいものは少なく、アンテナショップ以降は買う機会も意欲も余り湧きませんでした。
結局観光土産的な商品ばかりなので、割高かつ、工場で作った加工食品ばかりなのでそこまで目立って美味しいモノにはなりにくい。買ってる時は楽しいですが。
沖縄に関しては沖縄料理屋自体は全国に有るので認知度も普及の余地も他県よりは有るのかなと感じています。以前行ったライブハウスでも泡盛置いて有った位ですからw
日常的に、気軽に飲める度数のお酒では無いので上手く割ったりしてもらった方が助かります。一時期色んな居酒屋でマッコリ推しが流行りましたが、やはり一般的な流通に乗らないと本格的な普及には繋がらないかと思います。知る人ぞ知る、知っている人は知っている、になってしまう。
  1. 2017-04-07 10:03
  2. URL
  3. あ #-
  4. 編集

To あ さん

こんばんは。

エントリ中の沖縄の期間限定アンテナショップと、銀座の常設アンテナショップ群は全く別物です。銀座の方は評価して良いと思いますよ。あちらはショップ同士の連携もしてますし、(県ごとに差はありますが)客入りも悪くないし、そもそもこちらはマーケットインのショップですから。

まあ、銀座の中でも沖縄のショップはダメですね。国際通りの土産物屋かよ!って感じで、沖縄の魅力を全く感じられない。ワシタ商店の方がずっとマシなレベルです。

>沖縄料理屋自体は全国に有るので認知度も普及の余地も他県よりは有るのかなと

無いですね。

沖縄料理店は数あっても人気店は非常に少ない。人気が無いのはリピーターが増えないから。リピーターが増えないのは沖縄料理が基本的に美味しくないから。沖縄料理が美味しくないのは、美味しくする努力をしない・してこなかったから。それが沖縄の県民性であり沖縄料理だから。そこに泡盛カクテル持ち込んでも、客数が増えないから絶対量が増えない。

>一般的な流通に乗らないと

これは結果であって、そこまでの過程が重要です。
残念ながら、泡盛業界は基本的な過程を理解していないです。

余談ですが、銀座のアンテナショップは日本酒が良いですよ。全国各地の銘酒が集結してますからね、最高ですわ(笑)。

  1. 2017-04-07 22:16
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する