2016-09-07 21:07

プロ市民も一般人と同等に扱うべき


9月6日、沖縄で高江ヘリパットに反対するプロ市民のクソババアが、警官を轢き殺そうとして逮捕された。反基地プロ市民はマジキチDQNなので、一般人への迷惑など微塵も考えず、一般道で複数車両による牛歩戦術(超低速走行)を繰り返している。

牛歩中の速度は徒歩以下、もちろん道交法違反だ。現場の警官が速度を上げるよう促しても当然のごとく無視、仕方なく車両の前に出て、歩きながら車両と犯人の様子を撮影したところ、逆上したクソババアは警官めがけて急発進し、逮捕された。

やってることは珍走団と同じだ。で、例のごとくババアは容疑を否認している。現行犯で証拠映像もあるのに、反基地プロ市民は絶対に罪を認めず、お仲間60人が名護署に押し寄せ「不当逮捕!」「差別!」「人権無視!」「横暴!」等と喚き散らした。

逮捕されたババアは、「前方の警官を避けるために速度を上げた」などと言っている。クズめ。延々超低速走行をしていたくせに、そんなわけあがあるか。警官が前にきた途端の急加速は明らかに威嚇、あわよくば轢き殺そうとしたに決まっている。

牛歩戦術は、一般道で強行されるから、一般車両は理不尽な渋滞で多大な迷惑を被っている。琉球新報によれば、地元住民から「県警と抗議市民は双方とも一般人に迷惑をかけないでほしい」との要望があがっているそうだ。そりゃそうだろう。

で、琉球新報は気がつかなかった様だが、地元住民の「一般人に迷惑かけるな」の発言は実に興味深い。反基地連中は「普通の市民」を自称しているが、現地の本当の一般市民は「反対派と一般人は別物」と認識していることが分かるからだ。

さて、地元民に迷惑がかかっているのなら、これは直ちに改善するべきだろう。しかし、県含めた反対派は、地元民の苦痛など知ったことではないので、苦情は虫けらのごとくガン無視されるに決まっている。ならば、警察と国側がどうにかするしかない。

警察・国の対応は、no-risuもずっと不満に感じていた。生ぬるい。一般人がすれば、即座に取り締まられ逮捕され連行される犯罪行為でも、反基地プロ市民がした場合はほとんどが許される。それこそ、警官を轢き殺そうとでもしなければ逮捕されない。

何故、片っ端から検挙しないのか。威力業務妨害、公務執行妨害、道交法違反、etc、理由はいくらでもあるはずだ。使用目的は明白なのだから、牛歩車両・違法駐車両も没収すれば良い。抗議集会も違法状態だから、禁止命令を出すべきだ。

禁止しても気にせず集会を続けるだろうが、それこそ命令違反でどんどん検挙してしまえば良いではないか。対応が生ぬるいから、奴らも増長して行動がエスカレートするのだ。尖閣の中国船団じゃあるまいに、さっさと鎮圧してくれと言いたい。

毎日毎日、プロ市民を優しくごぼう抜きして、車の下に潜り込んだプロ市民を丁重に引っ張り出して、大量の妨害車両を傷つけないよう注意しながら移動させて、その間ずっと罵声を浴びせられて、現地の警官だって、本当はやっちまいたいだろう?。

もういいから。国は十分我慢して誠意を示してきた。でも、その間違った優しさが一般人に迷惑をかけている現実も直視するべきだ。小学校の子供達が巻き込まれているらしい。限界でしょ。野蛮な「市民」を排除して、普通の国民を守ってくれまいか。

国と警察は、相手がプロ市民でも一般人と同等に扱うべきだ。




琉球新報:ヘリパッド建設 攻防激化 住民に影響 学校講師、渋滞で遅刻
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-351563.html
 【国頭】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場への新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、工事に反対する人たちと機動隊との攻防が続く中で、地元住民の生活に支障を来たしている。ヘリパッド建設予定地の国頭村安波では5日、静かな集落に機動隊が徐行運転をやめるよう呼び掛ける拡声器の声が響いた。安波小学校で勤務する非常勤講師の男性は渋滞に巻き込まれ、学校側は急きょ時間割を変更するなど対応を迫られた。安波小学校の宮城尚志校長は「警察と反対する人両方に言いたい。一般の人を巻き込んで悪い影響を出すことはやめてほしい」と改善を求めている。
" 5日午前10時半すぎ、安波小学校の前の県道70号で、機動隊車両が「一般車両に迷惑を掛けている。直ちにスピードを上げなさい」と拡声器で呼び掛けた。機動隊車両の前にはヘリパッド建設に反対する人が車を徐行運転させていた。
 宮城校長は「授業中にこんなのどかな場所で音が響くわけですよ。子どもたちも何かなと思ってびっくりして授業が中断する。こういうことが毎日起こらないでほしいし、子どもにも見せたくない」と話す。"
 この日は、国道58号から安波へ向かう県道2号沿いで約50台が連なり渋滞が発生した。安波小学校の非常勤講師の男性は渋滞に巻き込まれて約1時間遅れで学校に到着し、2校時の授業に間に合わなかった。宮城校長は「授業にも影響を及ぼすのは大変なことだ。抗議行動も警察も、もう少し他のやり方があるのではないか」と強調した。
 東村高江区でも、住民生活に支障を来しているとして、伊集盛久村長と高江区の仲嶺久美子区長は県警に対し改善を求めていた。村と区の申し入れ後、県警は沖縄防衛局に対して通勤時間帯の工事車両の搬入を避けることを求め、工事車両の搬入時間は変更された。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題
ジャンル:政治・経済

  1. 沖縄
  2. TB(0)
  3. CM(5)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016-09-08 19:51
  2. #
  3. 編集

琉球珍報は小見出しで「警察圧力」と批判 、市民「警官をよけた」、 警察「危険とみなす」と小さな枠でキチ ガイ ババア擁護一色です!no-risuさんが載せて頂いた様な事のいきさつは一切語っていません!抗議行動の現場に必ず居合わせている 住民弁護団(自称?)の小口幸人エセ弁護士は「逮捕されるような行為ではない。(逮捕は)
適法な捜査の下に行なわれた行為だとは思えない。公務執行妨害を全面に出し圧力をかけていると思わざるを得ない。」とホザイています!
辺野古のキ チ ガ イプロ市民等はシュクセイされるべき! 

  1. 2016-09-08 19:52
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

よくあることですよ。

沖縄メディアにしか触れない沖縄県の人には分かりにくいのかもしれませんね、でも、いつものことです。

私が沖縄についてエントリを書くときは、そのニュースについてできるだけ他のメディアの情報と比較して書いてます。それは沖縄タイムスと琉球新報の組み合わせになることもありますが、それなりに事実が浮かび上がるもんです。

一つの情報源では事実を正確に把握できない、特に沖縄ではそれが顕著、この前提で情報に接してください。

なお、コメント拒否はFC2でよくある現象ですから、そんなに気にしなくていいと思いますよ。ベテランでも「どうして?」と思うことがよくあるそうです。
  1. 2016-09-08 20:01
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

基地外は病院へ

逮捕も面倒ならば、保護でしょう?
危ないので保護しました!
単なる一基地外としては、何ともいいにくいのですが、生活安全課経由で保護したらいいのに、しばらく治療して落ち着いたら、我と我が身を省みてとはなりませんね。
  1. 2016-09-09 12:09
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年病み上がり #6txGS3Mk
  4. 編集

To 政治ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

保護は却下です。
そういう優しい対応はいりませんから。
  1. 2016-09-09 22:16
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する