2016-09-13 21:37

民進党の安住国対委員長はブーメランを投げたか?


また民進党が笑わせてくれた。安住国対委員長が生意気にも人様に説教したところ、それがまるっと跳ね返ってきた。さすがブーメランの名手。で、代表戦を巡る言動で男を下げまくりと噂される安住が何と言ったかは、すでにご存じの方も多いだろう。

安住は、務台内閣府政務官が台風10号の被災地(岩手)を視察した際に、長靴を履かず職員に背負われて水たまりを渡った件について、「災害地に視察に行くとき、革靴を履いていく愚かな国会議員はいない。誤解を与えてけしからん!」とぬかした。


mutai.png


言っていることは正しい(誤解の意味は不明、あと務台の靴は革靴でなく安全靴だけど)。

安住は東日本大震災で宮城の実家を失っているし、緊張感皆無の務台に怒る気持ちも分かる。けれど、こんなショボイ問題に国対委員長様が大声で正論振りかざすなんて、器の小ささが知れると言うものだ。

で、この発言に産経新聞が反応、熊本地震を視察した際に岡田代表と枝野幹事長が革靴姿だった事実を同党のwebページで確認し、「民進・安住国対委員長にまさかのブーメランww」との記事を放った。まったく、バカは黙ってりゃ良いものを(笑)。

しかし冷静に考えると、「これは本当にブーメランか?」と悩む。当たり前だが、「被災地の視察に革靴は不許可」というルールは無い。熊本地震の視察は革靴で事足りたし、長靴は岡田も枝野も履いてないだけで用意はしていたかもしれない。

務台の件は台風の被災地なので、安住は長靴が必要な水絡みの災害を「災害地」と言っただけ、という可能性もある。というか、普通はそう受け取る。産経のブーメラン報道は、子供じみた嫌がらせレベルの揚げ足取りにすぎないのかもしれない。

が、そう言い切れないのが辛いところだ。なんせ、民進党も安住も底抜けのアホである。純粋かつ短絡的に「被災地に革靴は厳禁じゃボケ!」と言っただけで、安住自身も「またブーメランしちゃった!」と思っているかもしれないのだ。いやマジで(笑)。

はたして、安住はブーメランを投げたのだろうか。まあ、これまでの言動による自業自得的な要素も強いから、かりに投げてなくてもあまり同情はできないけど。

余談。

務台おんぶ報道は、マスコミ全社が「水たまり」と報じているけれど、映像を確認すると水流のある小川に見える。台風で一時的に出来たのだろうけど、流れているのに「水たまり」は違和感がある。どうして「小川」じゃダメなのだろうか。




産経:民進・安住国対委員長にまさかのブーメラン「災害地視察に革靴の議員はいない」→岡田代表、枝野幹事長が革靴で熊本地震被災地へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00000553-san-pol
 台風10号で被災した岩手県岩泉町で長靴を履かず、職員に背負われて水たまりを渡った自民党の務台俊介内閣府政務官を「災害地に革靴を履いていく国会議員はいない」などと厳しく非難した民進党の安住淳国対委員長に、まさかの「ブーメラン」が待っていた。4月に熊本地震の被災地を視察した岡田克也代表、枝野幸男幹事長が革靴で現地入りしている写真が党のホームページなどに公開されていた。
 岡田代表は自身のブログに「熊本地震視察-被災者の方から涙ながらの訴え、きめ細かい対応を」と題して掲載した4月26日付の記事で、熊本県益城町と熊本市を同23日に訪れた際、革靴で被災者と握手する写真をアップ。枝野幹事長は党ホームページの4月27日付のニュースで、革靴姿で熊本県西原村村長から被害状況の説明を受ける写真が掲載されている。
 安住国対委員長は12日、務台政務官について「災害地に視察に行くとき、革靴を履いていく愚かな国会議員は本来いない。誤解を与えてけしからん話だ」と非難した。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

最近は窮屈な世の中ですね

非常事態の原則が、すっかり忘れられています。ご説明しますと、非常事態の時は、司令官がノコノコ現場に行ってはいけないんです、戦争に例えば、前線に司令官は行ってはいけない、命令系統が明確ですから、現場は現場の担当が戦う、司令官が行くと、迎える為に兵力が裂かれますし、司令官が戦闘で戦死したら戦線が崩壊します。
同じように、被災地ならまず、消防、警察、自衛隊、自治体の防災担当、そういう方々が、活動します。
司令官の役割は、現場からの報告を受け、状況判断をして、責任を持って命令するんですが、いつからか、被災地に責任者が行く風潮になってしまいました。
責任者は、報告を受け、状況判断から、責任を持って命令する。
鉄則なのに、いつから変な話になったのやら。
被災地の状況なら、文章なり映像なりで判断できますから、でそこから次の手を出す。
被災地に行くなら、落ちついた後に行くべきなんですが。
あと、マスゴミがグズみたいにいい加減な煽りをするのが我慢できません、現場に行けば、人気取り扱い、行かなければ、被災者の方々を見捨てたが如く報道しますから、
まあ報道というより、記者の感想文になっていますが。
  1. 2016-09-14 05:26
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

おはようございます。

産経の記事が消えてますね。
思い直したのでしょうか。

務台氏は、たぶん擁護する事情もないのでもういいんですけど。
安住氏は、もうちょっとだけ気をつければ良かったですね。
「革靴厳禁」ではなく「長靴必携」なら、変に突っ込まれることも無かったでしょう。
  1. 2016-09-14 09:00
  2. URL
  3. ciel #-
  4. 編集

To 政治ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

おんぶ問題は別として、この視察を批判する方が窮屈な世の中だと思いますが。「鉄則」に反した行動とも思えませんし。

そりゃ緊急事態の最中に、大将ががノコノコ現場に出かけたら、「何しとんねん!」「本部でどっしり構えて指揮せんかい!」と思いますけどね。菅直人の原発ヘリ視察みたいな。

でも、今回は台風の過ぎ去った後ですよ。関係各所は、すでに必要な指示を受け必要な動きを始めているでしょうし、百聞は一見にしかずとも言いますし、現地の要望もあるでしょうし、迷惑を掛けないタイミングで指揮官らが現地視察することは何も問題無いでしょう。
  1. 2016-09-14 17:27
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To cielさん

こんばんは。

元の産経webには残ってますね、私が横着してライブドアの転載記事を使用したのが良くなかったようです。
務台氏、すごく楽しそうでしたよ。まるで水遊びする子供みたいな(笑)。
で、安住にもうほんの少しだけでも知恵と言葉があれば、仰るとおり全く何も問題ありませんでしたねぇ。
  1. 2016-09-14 17:28
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する