2016-09-26 20:54

なぜ、本土メディアは沖縄の反基地活動を報じないのか


連日行われている沖縄の反基地活動。高江ヘリパット工事が再開されたときにも書いたが、どうして本土メディアはこれらの反基地活動についてもっと報じないのか。当時は大きなニュースが多く、その後リオ五輪があった事情も察するが、それにしても少なすぎやしないか。

国が手ぬるい対応を続けたため、反対派の活動はどんどんエスカレートし、今や完全に無法無秩序状態、暴力が支配する世紀末状態と化している。

二車線の国道の中央にゴチャゴチャと車を並べて封鎖し、工事車両の前に飛び出し強制的に停止させ、停車したら車の前に座り込み、車体の下に潜り込む。最近は牛歩作戦も追加し、超低速でノロノロ走る嫌がらせをし、警官が近づけば轢き殺そうと威嚇する。

さらに、「市民」が勝手に検問した挙げ句、文句を言った地元住民を車から引きずり出して暴行し、別件では国の職員にも集団で襲いかかり、テントに拉致して暴行した。機動隊員にも罵詈雑言を浴びせ、殴り蹴り噛み付き、「自分こそ暴力的警備で負傷した」とウソをつき、救急車を呼んでいる。

米軍に対しては恒常的にヘイトスピーチを浴びせ、角材などで施設を攻撃し、集団で違法侵入を繰り返して盗撮する。これらの活動について、彼らは一切隠していない。臆面無く、「完全に非暴力」、「間違った違法行為はしてない」、「表現の自由」と胸を張る。

辺野古埋立てが再開されれば、上記に加えて海上での違法活動も始まるだろう。また、軍用機に対する風船・凧・レーザーポインタによる飛行妨害も再開されるかもしれない。言うまでも無いことだが、これらも全て悪質な犯罪行為だ。

客観的に評価すれば、「連日にわたり市民の集団が暴力含む違法行為の数々を繰り広げている状態」なのだが、無視に等しい報道姿勢を崩さない本土メディア、特にテレビ局の徹底した無関心は、あまりにも不自然ではなかろうか。

メディアにとっても美味しいネタだろう?。ほとんど毎日のことだから、取材で現地に行けば確実に「良い絵」が撮れる。内容的にも視聴者の関心が惹き付けられること間違い無しだ。「何故か」他のメディアは報じないから、自社スクープにもできる。

バリューは十分にあるはずだ。なのにどうして報じないのか。特集を組めるレベルのネタだと思うが、これでもニュースバリューは不足と判断しているのか。それとも、経営判断や政府の圧力など、何かしらの事情で「自粛」あるいは「萎縮」しているのか。

最近、沖縄の反基地連中から本土の「無関心」を嘆く声がよく聞かれる。報道すれば関心は高まるわけで、本土のサヨクメディアにとっても願ったり叶ったりだろう?。でも報じない。理由はなんだ?。さっぱり分からない。本当に不思議だ。




産経:暴力伴う妨害活動が常態化 防衛省が暴行で被害届提出へ 倒された職員が一時意識朦朧
http://www.sankei.com/politics/news/160926/plt1609260003-n1.html
 沖縄県の米軍北部訓練場(東村など)の返還にからみ、工事反対派グループが防衛省職員に暴行を加えたとして、同省沖縄防衛局が沖縄県警に被害届を提出する方針を固めたことが25日、分かった。反対派は8月下旬にも防衛省職員にけがを負わせるなどしており、暴力を伴う妨害活動が常態化している実態が浮き彫りになった。
 反対派による暴行があったのは9月24日午後。訓練場内の「H地区」にあるヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設の工事現場で、不法侵入した反対派が沖縄防衛局職員らともみ合いになり、職員1人が倒されて頭を強く打ち、一時意識が朦朧となった。職員は名護市内の病院に搬送されて精密検査を受け、異常はなかったが、沖縄防衛局は悪質な行為と見て26日に名護署に被害届を出す。
" 北部訓練場をめぐっては、8月下旬に別の沖縄防衛局職員が反対派のテントに引きずり込まれて負傷した上、職員の電話番号が記載された名簿を奪われる事件が発生。沖縄防衛局はこの際も県警に被害届を提出しており、被害届提出は今回で2例目となる。
 北部訓練場のヘリパッド移設は平成8年のSACO(沖縄特別行動委員会)最終報告に基づく工事で、政府は来春までの完了を目指す。日米両政府は移設を条件に訓練場約7500ヘクタールのうち約4千ヘクタールを返還することで合意しているが、反対派の妨害でヘリパッド6カ所のうち4カ所の工事が完了していない。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

関東在住の私には例えば「同和問題」なるものが分かりません。関西ならではの被差別ビジネス(?)に思えます。
そしてマスコミがこの問題を取り上げると「その筋」(?)から呼び出しがかかり、恫喝されると聞きました。

関東から見る沖縄問題もこれに似て、実態が分かりません。報道をしないからそうなるのですが、報道すれば「島ぐるみ」(?)の新聞社等への反発となり、関われば無益な騒ぎになるのか。

報道されないものは存在しないと山本夏彦翁は書きました。関東から見る沖縄は存在しないかのような島です。米軍基地は存在するが島民は存在しない。内地のマスコミが存在しない者への関心を高めて要らぬ騒動には巻き込まれたくない(?)と思えば火中の栗を拾わないかも知れない。ならば沖縄のマスコミが発信するか?そういう動きは弱いのでしょう。

早い話、マスコミは卑怯なのです。
  1. 2016-09-27 06:29
  2. URL
  3. 相模 #-
  4. 編集

こういった記事を取り上げてくれるのは、産経だけって悲しいですね。
以前、沖縄に旅行いった時に利用したタクシー運転手が、「沖縄で基地反対運動をしている人の殆どが、内地の人です。」って言ってました。まあ、ネットで分かりきっていましたが、その運転手は、翁長の進めていた龍柱の事は知りませんでした。ネットで話題になっていたのに。沖縄のメディアは知らない筈がないのに、報道しなかったのですね。

  1. 2016-09-27 07:57
  2. URL
  3. 雄の三毛猫 #-
  4. 編集

テロリストの群れ

結局、市民なる者の正体は、昔過激派崩れのテロリストなのに、それが無理難題な暴力三昧、まさしく報道しない自由、でもネットで様々な方々が、真実を発信しています、それをいかに拡散するかでしょう。
  1. 2016-09-27 11:28
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

いつもの事ですが沖縄県民にもno-risuさんの話が初耳ばかりなぐらいカスどものテロ行為を知らされていませんよ!
ワイドショーも各局、揃って東京都民情報局化しちゃてますからね。特ダネだと思うのに逃げるマスゴミ!ロケ代を惜しんでるのですかね!?
  1. 2016-09-27 16:53
  2. URL
  3. 名無しクマー #-
  4. 編集

To 相模さん

こんばんは。

なるほど、報道すればその手の筋から嫌がらせが殺到する、というのは中々説得力のある説ですね。同和絡みでは常識とも聞きますし、いかにもありそうな話です。

だとすれば、マスコミもとんだヘタレ集団ですね。所詮は安全圏の中でのみ吠える犬ということで(笑)。
  1. 2016-09-27 20:57
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 雄の三毛猫さん

こんばんは。

産経は評価しますけど、それでもぬるい感じがします。

産経は貧乏新聞社です。それが金かけて沖縄に記者を派遣したのに、「ルポ」の内容があまりに薄い様に感じます。何だか手加減しているように感じますよ。
  1. 2016-09-27 21:00
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 政治ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

マイルドヤンキーならぬマイルドテロリスト、といったところですね。どちらもそれぞれたちが悪い。
  1. 2016-09-27 21:01
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 名無しさん

こんばんは。

上のコメントにありましたが、報じない理由は反基地派の報復を恐れているから、という推測はありえそうだと思います。まあ、まったく同情しませんけどね。日頃、あんなにえらそうに「報道の自由」を叫んでいるのですから。

  1. 2016-09-27 21:03
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する