2016-10-03 21:10

恐るるに足りなかった蓮舫民進党


民進党の代表選前、このブログで「蓮舫が代表になったら責任野党化する可能性アリ、嬉しいような嬉しくないような」、といった内容のことを書いた。蓮舫が、批判一辺倒から政策提案する野党に生まれ変わることを宣言していたからだ。

それがなんだ、いざ臨時国会が始まると、相変わらず誹謗中傷まがいの批判一色ではないか(笑)。しかも、蓮舫代表も細野代表代行も答弁冒頭に「民進党は提案野党になる」と宣言しておいて、その直後に批判を始めた。頭オカシイだろ(笑)。

細野は、安倍総理の所信表明演説中に起きたスタンディングオベーションについて、「安倍総理が促して発生した」と批判していた。どこぞの反アベ新聞も、「まず安倍総理が拍手して、議場にも拍手を促した」みたいなことを書いていた。

しかし、これは明らかに間違っている。動画を見れば簡単に分かるが、拍手は議場で先に発生しているし、安倍総理による拍手を促す何らかのリアクションは確認出来ない。現場に居た細野だって、そのくらいのことは承知の上だろう。

細野は事実を承知しながら、平気で事実を捏造し、捏ち上げた証拠を理由に安倍総理の人格を攻撃したのだ。提案与党になるといった直後にこのザマか。

さらに、細野は「自民党議員は安倍首相に拍手していた」「この国の国会ではないような錯覚すら覚えた」と批判した。「この国」とは、小沢一郎の言ったとおりなら中国と北朝鮮だが、細野の場合はそこにナチスドイツも含まれていそうだ。

要は、安倍総理に「独裁者」のレッテルを貼りたい、国民に「ヒトラーや北のブタ将軍みたく危険かつ無慈悲な独裁者です!」と啓蒙したいのだ。民主党も政権時代にスタンディングオベーションしていたくせに、つくづくしょうもないクズ野郎だ。

辻元清美の質問も醜悪だった。稲田防衛相が靖国参拝と外交摩擦を回避するためジブチ視察に飛んだ件について、「ねえどうしてジブチ行ったの?(知ってるけど)、ねえどうして?(オラ早く言えよ)、ねえったら?(ニヤニヤ)」と批判したのだ(実際にそう言ったわけではないが)。

挙げ句、ジブチに行っていたせいで戦没者追悼集会に出席できなかったことについて、「追悼するお気持ちが無いのですね(嘲)」「日頃は偉そうなこと言ってても所詮はその程度なんですね(嘲)」と稲田防衛相の追悼の精神と愛国心を愚弄した。

売国心の塊みたいな辻元ごときが、稲田防衛相に対して「愛国心が足りない!」と批判したのだ。こんな卑劣極まりない侮辱もない。辻元こそ靖国参拝も戦没者追悼集会参加もしないくせに、よくここまで卑劣かつ陰湿になれるものだ。

民進党が明け暮れている質問という名の批判は、およそ臨時国会でやる内容ではないし、そもそも人として恥ずべき内容で満ち満ちている。蓮舫いわく、これらの批判も提案の内になるらしい。アホすぎる。これが蓮舫の新制民進党か(笑)。

まったく。馬鹿は死ぬまで馬鹿と言うが、民進党も消滅するまで民主党なのだ。こりゃ次の衆院選も自民党の圧勝ですな(笑)。




産経:民進党の提案路線はどこへやら…批判体質は変わらず 安倍晋三首相は憤慨「民進党は侮辱に明け暮れている」 補正予算案の議論深まらず
http://www.sankei.com/politics/news/161001/plt1610010003-n1.html
" 衆院予算委員会で30日に始まった平成28年度第2次補正予算案をめぐる論戦で、民進党は蓮舫代表が掲げた提案路線をよそに政権攻撃を過熱させた。細野豪志代表代行が安倍晋三首相による所信表明演説の際に多くの自民党議員がスタンディングオベーション(立ち上がっての拍手)をして演説が中断されたことを批判し、首相が憤慨する場面も。建設的な議論にはほど遠かった。
 細野氏は質問の冒頭、「民進党は批判だけにとどまっていると国民にみられている側面がある。変わらなければならない」と豪語した。だが、次に口から出てきたのは批判だった。
 26日の所信表明演説では、首相が自衛隊員らをたたえ、自民党議員が同調して起立し、拍手した。これに細野氏は「首相に促されて拍手するのはどうなのか」と違和感を表明。「自民党議員は安倍首相に拍手しているように見えた」「この国の国会ではないような錯覚すら覚えた」と主観を交えて首相に迫った。
 すると首相は「促していない。どうしてこれが問題になるのか、よく理解できない」と反論。また「『批判だけに明け暮れない』という言葉とは全然違う」「単に侮辱に明け暮れているとしか思えない」と声を荒らげて細野氏を批判し、「補正予算案の建設的な議論をしよう」と訴えた。・・・・・・・"






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:民進党
ジャンル:政治・経済

  1. 民進党
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

民進党(偽)は日本社会党の政党ロンダリング

結局、離合集散の末に選挙互助会としてしか機能していませんから、まあいつか見た風景、そうか日本社会党か!
変わらないより、もう変われないでしょう(笑)
  1. 2016-10-03 22:57
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

野党に意味を持てないのでしたら、この際一党制にしたほうが無駄が無くなるのでしょうね!正直のところ。
  1. 2016-10-04 10:07
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

To 政治ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

全然ロンダリングされてない件・・・(笑)。

  1. 2016-10-04 19:47
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

そう、自民1党にして、野党は自民を分裂させて作ればいいのです(笑)。
いや、わりと本気でアリだと。
  1. 2016-10-04 19:48
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

こんばんは。

せめて「新代表は党の改革に奮戦するも議員が腐っていて結局何も変わらない」くらいのレベルを期待したのですが、そこにすら及ばないようで。

蓮舫氏の「私たちは昔も今も実現可能な提案しかしていない」という発言は実に象徴的だと思います。
民進党の本質を一言に凝縮した、新代表の至言ですね。
  1. 2016-10-04 23:13
  2. URL
  3. ciel #-
  4. 編集

To cielさん

こんばんは。

実現可能でしょうね、とどのつまり現状維持ですから(笑)。
国会質疑はあいかわらず酷いです。世間の蓮舫の評価が地に落ちるのも時間の問題ですよ。
  1. 2016-10-05 21:57
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する