2016-11-10 21:13

マスゴミは本気でトランプ勝利に驚いているのか?


「メキシコ国境に壁を作って移民を排除する、もちろん、壁の建設費用はメキシコに払わせる!」。トランプ大統領を暴言王たらしめた発言の最たるもので、日本のメディアが散々報じていたから、耳にしたことの無い人は居ないのではないか。

しかし、この発言の続きを知る人はどれだけ居るだろう。壁発言の全体は、「悪い移民は巨大な壁で排除するけど、善良な移民は壁のドアから通します」というものだった。ところが、メディアは発言を切り取り、トランプ=暴言王を演出した。

メディアは、とにかくトランプをディスってヒラリーをヨイショした。逐一「暴言」を騒ぎ立て、それを繰り返し報じ、有名人の誰々がヒラリー支持を表明したとか、どこどこの新聞がトランプ不支持を表明したとか、毎日のように報じていた。

マスゴミ必死の啓蒙作戦が功を奏し、日本国民の多くが「ヒラリー有利」「暴言王が大統領になるなんて許せない」と思い込んだ。

以前に紹介したスマホゲーム「予言者育成学園」でも、「ヒラリーとトランプ、勝つのはどっち?」という未来予想問題が出題されていたが、ほとんどの人はヒラリー勝利にベットしていた。ちなみに、no-risuは余裕でトランプ勝利にベットした。

普通に勝つとは思っていたが、やや願望混じりでもあった。no-risuはヒラリーが嫌いだ。にっくき親中反日のクリントン一家だし、あの庶民を見下した傲慢エリートむき出しの人相も苦手だ。彼女の作り笑顔はニセ維新の江田憲司そっくりだ。

傲慢ヒラリーを傲慢メディアがヨイショする姿を見れば、そりゃ無条件にトランプを応援したくなるでしょ(笑)。まあ、トランプ勝利を予想した一番の根拠は、時たま見かけた現地からのリポートが、いずれもトランプ有利を伝えていたからだけどね。

さて、トランプが大勝利したわけだが、ネガキャンしたマスゴミに聞きたい。「衝撃的結果!と騒いでるが、マジで言ってんの?」と。こんなパンピーにすらトランプ有利の情報が届いていたのに、プロの皆様が本気でヒラリー有利を信じていたのか?と。

正直にゴメンナサイしろ。①愛国主義者をバッシングしたかった、➁親中反日政権の方が好ましかった、③不都合な現実を脳味噌が認識しなかった、④生理的に無理だった。マスゴミが偏向報道する理由なんて、どうせこんなところだろう。

さあ、答えを選んで国民に謝罪しろ。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

こんばんは。

私は、今回の大統領選挙の結果は本当に「予想外」だったと思います。

1つめの理由は、イギリスのブックメーカーが、前日まで(厳密に言えば開票直前まで)ヒラリーに1.2倍、トランプに5倍のオッズを付けていたことです。ブックメーカーは、日本の公営ギャンブルのように、投票券の売り上げに応じてオッズを付けるのではなく、会社が状況を分析してオッズを付けます。高すぎると会社が損をしてしまうし、低すぎると他の会社に売り上げを取られるため、絶妙なオッズを付けるセンスが必要です。
イギリスの会社にとっては、どちらかに思い入れがあるということはないでしょうから、平等に分析をした結果のオッズを付けたと思います。なお、ブックメーカーはクレジットカードを持っていれば海外でも買える(ただし日本人が日本で買うと違法となる可能性あり)ので、本当にトランプ有利が一般的な評価なら、ブックメーカーは大損していると思います。

もう一つの理由は、株式市場です。
こちらもお金がかかっていますから、株価はシビアに動きます。東日本大震災が起きれば、「みんなで何とかこの難局を乗り切っていこう」という雰囲気が高まっても、週明けの月曜日の株式市場は大暴落しました。
今回、開票が始まってトランプ有利が伝わりだすと、日本の株式市場は急落したし、そのころNYダウの先物も500ドルくらい暴落していました。その後、どちらも持ち直す結果となりましたが、最初からトランプが有利だと分かっていれば、こんな激しい狼狽売りは発生しなかったと思います。

お金は正直です。以上の理由から、世間一般の予想は本当に「ヒラリー有利」であったと思います。
  1. 2016-11-10 22:22
  2. URL
  3. kachikachi5120 #-
  4. 編集

選挙は蓋を開けてもわからない

一般的に選挙結果には、従うしかしアメリカでも、選挙無効だのデモだの意味不明な最後の抵抗が、行われています、お金はどこから?
とりあえず新しい大統領の就任を祝い、日本政府としての舵とりに全力を!

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
  1. 2016-11-11 00:37
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #WO.TtlzE
  4. 編集

最近、no-risuさんのブログが愉しくて致し方ありません!夜勤の待機中に読むことが多いので側で寝ている同僚に聞こえないよう、必死に笑うのをこらえています!でも、ありがとうございます!
私も騙された口です、ヒラリーを応援していました。やはり、あの人相は親中の顔だったのですね!でも、トランプ大統領に期待出きるかというと・・どうなっちゃうのかな~って思ってしまいますね。
  1. 2016-11-11 01:45
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

To kachikachi5120さん

こんばんは。

私はメディアの情報収集能力を高く評価しているので、確信するとまでは言いませんが、トランプ有利を十分意識できるだけの情報を入手していたと思います。でも、実際のところは分かりません。ご意見のとおり、本気で読み誤ったのかもしれません。

ブックメーカーのオッズはどうでしょうね。あれは娯楽性が強いので、メディアが予想の根拠にするか疑問です。あれは断トツ人気でも平気で外しますし(笑)。

株価はすぐにV字回復しましたね。アメリカではトランプ勝利が歓迎されていた証左で、他国では「ヒラリー有利」の誤ったイメージが氾濫していた、という証左でに思えます。

問題は、アメリカ国内の世論を日本メディアがどこまで把握していたかということですけど、私は「かなり正確に把握していた」と思いますよ。
  1. 2016-11-11 21:03
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 政界ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

反トランプデモ、あれをやればやるほどトランプ支持者の結束を高め、そうでない人までトランプ派に流れることにしかならないと思いますが、日本でもアメリカでも、リベラルと言う人種はアホですね。
  1. 2016-11-11 21:05
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

ありがとうございます。

でも、最近はエントリの数が少なく、クオリティも低いので、本当に申し訳ないと思ます。
すいません、めちゃくちゃ忙しいのです!。

あ、トランプ大統領について、私は全く心配してないですよ。大丈夫です。
  1. 2016-11-11 21:09
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

こんにちは。

難しいことはわかりませんが、単純にメディアにとっては予想外の敗北だったのではないかと思います。また、日本のメディアには取材能力と言うのは無いのではないかなと思うのですが。提携している放送局・新聞社等からの情報をなぞっていたのでは?という感じがします。取材能力があれば、自称ジャーナリストの岸井・鳥越とかメディアで重宝されてる方々はそれなりに取材ルートあるはずですよね。

昨日のNスペも全く分析出来ていないし、内容が周回遅れどころか現実から置き去りにされているって感じがしました。っていうか臭い物には蓋=見たくないものは報道しないのかなって受け取りました。(人によって違うでしょうが)
安倍首相がトランプ氏と会談する事も、官邸の動きをきちんと追っていた人は比較的早く情報を得ていたようですが、殆どのメディアは最初パイプが無いと従来通りのdis安倍路線でしたし、会談が決まったという報道があっても、NHKなどは交渉中・模索中との報道の繰り返しでしたし。

米国のメディアは形だけでしょうが謝罪・反省のポーズを見せました。でも日本のメディアは・・・・。だから升塵と言われるのではないかと思います。

  1. 2016-11-13 15:13
  2. URL
  3. 烏山椒 #0MXaS1o.
  4. 編集

To 鳥山椒さん

こんばんは。

webでなく紙の新聞を読めば、マスコミの取材力が健在であることは疑いようがありません。大したもんですよ。
テレビはかなり劣化していると思いますけど、何故かトランプ有利の情報はテレビ独自の(報道以外の)情報が目立った印象です。

で、従来通りのdis安倍路線というのが、トランプ有利の事実を直視できなかった要因にあるような気がしますねぇ。
  1. 2016-11-13 22:30
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

「トランプはありえない」の一心で、ヒラリー本人への評価が盲目的になっている印象でした。
個人的には彼女はただの金満エリートで、ロクな政治家ではないと思っているのですが。

日本のマスコミはどうせ、「自由と平等の国アメリカが差別主義者にNO!」あたりを望んでいたんでしょうね。
しかも黒人初に続く女性初ですから、サヨク系にとっては実においしい題材です。

まあ、そうでなくても、アメリカのメディア・著名人がこぞってトランプをバッシング/ヒラリーを応援する中で、日本のマスコミに逆を張る根性があったとは思えませんけども。
  1. 2016-11-14 23:12
  2. URL
  3. ciel #-
  4. 編集

To cielさん

こんばんは。

同感ですね。

トランプありえないの先入観が、ヒラリー有利の米メディア報道を疑いなく全面的に受け入れる失態を招き、それを認めていないのが現状だと思います。

独自の分析を発信できなかったことは、日本メディアの失態・恥だと思いますよ。情けない。
  1. 2016-11-15 22:50
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する