2016-12-09 21:34

イジメの解決策は無視より反撃


12月4日に開催された「いじめ問題国際シンポジウム」で、「日本のイジメは他国と比較して暴力がとても少ない」と報告された。「暴力が少ない」と聞いて、あなたはどの様に感じるだろうか。喜ばしい・誇らしい等とプラスに感じるか、それとも問題に感じるか。

一般的に、暴力が少ないことは良いことだと認識されている。暴力は犯罪だし、親や教師は「暴力は止めなさい」と教育するし、社会には「暴力追放」なんて標語が溢れているし、市民活動家らは「非暴力」を強調して活動の正しさを人々に訴えかけている。

ならば、「イジメに占める暴力の割合は低い」=「イジメは問題、しかし暴力が少ないのは不幸中の幸い」といった具合に解釈するべきだろうか。no-risuは、そうは思わない。

先日、喫茶店で東京新聞を読んでいたら、「イジメられたら無視すれば良い、無視すれば相手も飽きてイジメなくなる」といったアドバイスが載っていた。無視で解決するケースもあるのだろうが、経験上、無視はイジメをエスカレートさせるだけで逆効果だ。

東京新聞に言われるまでもなく、日本の子供はイジメに対して無視で抵抗することが多い。その様に教育されている。理由によらず暴力はダメ、ケンカはダメ、こっちから殴ったら負け、そんな教育を受けている。だから、日本には暴力を伴わないイジメが多い。

被害者の無抵抗は、加害者のフラストレーションを高める。加害者はリアクションを求めるからだ。無視して解決するケースは、他にもっとからかいがいのあるイジメ相手を見つけたとき等限定的で、イジメ対象が変わるだけで根本的解決にならない。

だから、no-risuはイジメ被害者や教育者に言いたい。「闘え」と。親や教師は、「闘うべき時には闘わねばならない」、そう教育するべきだ。イジメは遊びであり、強い相手には仕掛けてこない。闘う意思と力を持てば、イジメはたちまち解消する。

被害者は戸惑うだろう。闘うこと、すなわち暴力で解決すること、それは間違ったことだと教育されてきただろうし、なにより、おそらくは相手の方が強いからだ。決闘をしても勝ち目がない。ならどうするか。決まっているだろう?、努力して強くなれ。

強くなること、それはそんなに難しいことではない。例えば、極真空手道場にでも通えば、半年くらいでそこらのガキには負けない技術と自信、イジメ抑止力を獲得できる。また、被害者の気持ちがわかるイジメ経験者こそ、抑止力を持つに相応しいと思う。

非暴力は大切だが、非暴力は時として悪事を隠す道具に悪用される。イジメもそうだし、〇〇ハラスメントや市民運動や国家による侵略でも使われる。闘うべき時には闘うことを覚えねば、大人になってもやられっぱなしの人生になるかもしれない。

被害者諸君、分かっているだろう?、大人の助けなど待っていても無駄だ。だから闘おう。自分自身が強くなろう。え?どうしてもケンカで勝てそうにない?。ならお逃げなさい。戦略的撤退だ。嵐が過ぎるのを祈るかのごとき「無視」だけは止めよう。

イジメに占める暴力の割合が低いことは、喜ばしいことでも不幸中の幸いなどでもない。明白に大問題であり、人権平和思想が生み出した負の産物である。闘う意思も力も無い弱者が淘汰されるのは、自然の摂理でもある。




読売:仲間外れ・無視…日本のいじめ「暴力以外」顕著
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161205-OYT1T50019.html
 スウェーデン、オーストラリア、アメリカの教育研究者らを招いた「いじめ問題国際シンポジウム」が4日、東京の文部科学省で開かれ、約270人が参加した。
" 席上、スウェーデンとの比較調査で、日本の小中学生には仲間外れや無視など暴力を伴わないいじめが多いとの報告があった。
 ◆無視や陰口など3倍
 日本と同様に暴力犯罪が少ない国とされるスウェーデンとの比較により、いじめの社会的背景を考えた。両国とも小学6年~中学1年と中学2~3年の児童生徒を対象に2013年から15年にかけて、半年に1回ずつ計3回調査。その結果、「仲間外れ、無視、陰口」の被害に遭った経験率は、各学年、男女ともスウェーデンの20%前後に対し、日本は40%前後と高かった。・・・・・"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:教育問題
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

こんばんは。

(たぶん)昭和末から平成生まれの子らは非暴力の強要と、仮にどこまで殴ったら相手がどうなるとか、刃物の扱いなんぞ教育されていないために、日々悲惨な事件または自殺の報道が出ているものと思います。3ない教育とかみんな平等とか、自分を含め今の親世代の教育が間違っていたのかもしれません。
やられたらやり返す。子供本人ができなければ親が代わりにやり返し、相手が悪いことを知らしめることが必要かと思います。
  1. 2016-12-10 19:48
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

To kogumaさん

こんばんは。

痛みを知らないと、相手に痛みを与える意味が理解出来なかったり、痛みを与える行動に自制を利かすことが出来なくなったりしますよね。

単純にやられたらやり返すだけでは危険な気もしますが、そういう教育は必要だろうと思います。今は絶対悪扱いですから、これは危険な教育・風潮ですよ。
  1. 2016-12-11 20:01
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する