2016-12-27 20:17

クリスマスなる悪習は破壊すべき (年末恒例お蔵入りエントリ放出)


くりすますふんさいでも


ハラスメント(Harassment)とはいろいろな場面での『嫌がらせ、いじめ』を言います。 その種類は様々ですが、他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えることを指します。(Google先生)

いつから始まったか知らないが、今年も「クリスマス粉砕デモ」が実行されたそうだ。半ば冗談交じりのイベントだと思うが、クリスマスなるハラスメント被害者量産イベントは即刻破壊して良い。良識あるマスコミは、直ちに自粛へと世論を誘導するべきだろう。

超絶イケメンのno-risuにも、若き日にはボッチ・クリスマスに苦しんだ経験がある。テレビも街もクリスマス一色の幸せムード全開、そのハッピーグループに属せない自分が心底惨めで、絶望し、嘆き悲しみ、この世の全てを憎み呪ったものだ。

今でこそ独身率が高くなり、そういった情報がネットに溢れ、ボッチが精神的苦痛を和らげる手段も増えた。でも、no-risuの時代にはそんな情報やツールは無く、「自分一人だけボッチなの?」、「そんなはずないよな!」と自分で自分を慰めるしかなかった。キツかったなぁ。

で、やがて大人になって相手ができれば幸せかと言えば全然そんなことは無いわけで、何日も前から「楽しみ!」って態度を強制され、食いたくも無いケーキやチキンを食わされ、イベントを企画させられ、プレゼントを買わされ、心身と財布はとことん疲弊する。

クリスマスを心から楽しめる人なんて、つき合いたてホヤホヤのカップル、プレゼントを貰える子供、クリスマス商戦で儲ける会社、クリスチャン、そのくらいなものだろう。圧倒的多数の人々にとって、クリスマスは負担であり苦痛でしかないのだ。

多くの人を苦しめている事実は間違い無くあるのだから、クリスマスなる悪習は直ちに破壊せねばなるまい。同様の理由で、バレンタインデー及びホワイトデーも木っ端微塵に粉砕するべきだ。やりたい人達だけでヒッソリやってくれまいか。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する