2017-01-04 20:18

着実に積み上げる安倍自民党、着実に成長する国民


新年明けましておめでとうございます。

昨年、「今年は安倍自民党が取り組んだ政策の数々が開花する年になるだろう」という趣旨でエントリで書き始めた記憶があります。必ずしも予想どおりにならなかった点もありますが、概ねは想定した様な一年になりました。政策の種は方々で花開きました。

嬉しい誤算もありました。反アベ勢力がどれだけ誹謗中傷を繰り返しても、それに騙される国民が大きく減少したことです。オピニオンリーダーだった左系のマスコミや有識者は、すっかり化けの皮を剥がされ、信用も権威も失い、もはや軽蔑の対象です。

激しいバッシングにもかかわらず、安倍政権支持率は60%前後で高度安定し、バッシングしている側の民進党はついに10%を下回る低空飛行に突入し、社民・国民は消滅間近に追いやられ、彼らが囲い込もうとした若年層は自民党を支持しています。

ブログを始めた頃、私の様な保守派ブロガーは思想的に少数派でした。産経新聞のブログサイト「iza」に集い、細々と意見・情報を発信するのみで、世間的には異端者も同然でした。ところが今では主流派と言っても過言ではない。退屈な世の中になりました。

この世論が一過性の流行なのか、しっかりとした潮流になっていくのか、今年はそれを見極める年になるだろうと思います。しかし、私は潮流になっていくと感じます。安倍自民党の高支持率は、決して一時のファッションで終わらない、そう思います。

何故ならば、安倍自民党は着実に積み重ねてきたからです。国民は、結果・成果・恩恵を見て聞いて感じているからです。反アベ勢力がどれだけ理想論で批判しても、成長した国民は、彼らの思考停止した感情論・空論には、もはや迎合しないからです。

そして、時間が経つにつれ、反アベ勢力の批判はますます空虚になります。当然のことです。安倍自民党は、着実に階段を築きどんどん上っているのに、反アベ勢力は何も積み上げず、ずっと地べたに居て、同じ批判文句を呪詛のごとく呻いています。

国民の多くも、安倍自民党が作った階段を一歩一歩上っています。結構な高さまで上っています。もはや、反アベ勢力とはステージが違います。見えている光景が違います。今や、多くの国民は、愚かな反アベ連中を高みから見下ろしています。

安倍総理は、「この道しかない」と言いました。反アベ連中は、「私はその道を歩きたくない」と反発しましたが、彼らの言う別の道は今もって地図が示されていません。今後も示されないでしょう。

今、私は「この道で良かった」と感じています。一年後の今頃も、同様の思いでいられることを期待しています。そして、地べたを這いずる反アベ世界にいる人々が、一人でも多く、間違いに気づき、学び、改心し、勇気を持って「この道」に歩を進めるよう切に願います。

それでは、皆様にとって良き2017年になりますように。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権
ジャンル:政治・経済

  1. 自民党
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

遅ればせながら謹賀新年

実績こそすべてです、頭の悪い泥憲和とか支持率の高さをTwitterで負け惜しみ書いていましたが(笑)
まあパヨクって阿Q正伝の精神的勝利ばかり、変わらない変われない、絶滅危惧種として保護したら(笑)
今年もよろしくお願い申し上げます。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
  1. 2017-01-11 14:10
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls
  4. 編集

To 政界ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

3日にコメントいただいてますけどね(笑)。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

  1. 2017-01-11 20:39
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

安倍政権が積み上げた「成果」とは?

 保守派の人たちが安倍政権に満足しているとは意外でした。保守派の人たちは、選挙では自民党に入れるでしょうけど、言葉の上では、安倍政権に強烈な不満や批判的見解を語ってもおかしくないと思うからです。
 保守派の人たちが考える「成果」って何でしょうかね?内閣支持率、選挙結果、株価、円相場の数値は、確かに安倍政権とか、大企業、特にトヨタのような輸出で商売している大規模製造業にとっては大事な数値でしょうけど、保守派の人たちにとってはどうなんでしょう?
 例えば、日本の領土や主権に関わる争点は、保守派の人たちには、選挙に勝った負けたとか金勘定の次元以上に重要だと思うのですけど、拉致被害者、北方領土、竹島は、いずれも日本に返ってきそうな気配は全然ありませんよね。
 他方で、少子高齢化は容赦なく進む。日本人が時間の経過とともに減るわけです。東京一極集中はますます進み、地方の集落はどんどん消える。今や日本は、減少する一方の若者が拠出する社会保障費に依存し、均質な都会であるいは都市郊外に居住して医療や福祉を食い潰す年寄りばかりが溢れる社会になりつつあります。
 経団連のお偉方だって商売人だから、日本で商売しても儲からないと踏めば、シビアに日本を切り捨てますよ。商売人は儲かる場所に移動すればいいだけですから。
 保守派のみなさんは、安倍政権に要求すべきことは厳しく要求したほうがいいと思います。野党やらパヨクやら朝日新聞やらを叩けば、気分スッキリ爽快なのかもしれませんが、安倍政権の政権運営や政策の中身がよくなることにはちっともつながりませんからね。
  1. 2017-01-12 08:07
  2. URL
  3. うーん、保守派? #-
  4. 編集

To うーん、保守派?  さん

こんばんは。

何をもって成果というか、これは人によって違うでしょうね。
例えば、特定秘密保護法は私にとって成果ですけど、反アベのみなさまにとってはマイナスです。

現状、私は安倍政権に注文はありません。そこそこ満足しています。
声をあげるべきは、安倍政権に反対する人々だと思いますよ。
反対するときは、ちゃんと論理的な理由を添えて。

>野党やらパヨクやら朝日新聞やらを叩けば、気分スッキリ爽快なのかもしれませんが

これは声を大にして言いたいですが、最近は「叩きがいがない」です。もっと言いたいこと言わんかい!、と思います。
  1. 2017-01-12 19:44
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する