2017-01-31 20:40

「自主」避難を隠蔽するマスゴミ


原発事故から自主避難した家族の児童に対するイジメが問題となり、今も新たな事例が次々と発覚し報じられている。最近になって、この問題に係る報道のされ方に変化が見られるようになった。変化とは、「自主避難」という素性を隠すようになったことだ。

先のエントリにおいて、一連のイジメについて疑問を呈した。どうして、被害者は全て「自主」避難者なのか?、通常の避難者に対するイジメはないのか?、発生しているのならなぜ報じられないのか?、これらの疑問は今後の報道で解消されるのか?、と。

だから、その後の報道を注視していたわけだが、結果としては、疑問が解消されるどころかますます不透明になった。一部のマスゴミ様が、報じない自由・自主規制を始めたからだ。どうも、この動きは人権派マスゴミ様の中で拡大しつつあると感じられる。

素性隠しは徹底している。従前の報道では、たとえばこんな感じに表現されていた。

「20○○年○月に福島県の△△市から自主避難してきたAさんは・・・」

それがこうなった。

「20○○年○月に福島県から避難してきたAさんは・・・」

まず、「自主避難」から「自主」が削除され、単に「避難」と表記されるようになった。「自主」の文言を消去しても、「いわき市」といった避難元情報から自主避難者かどうかを判別できるが、そうされないように「△△市」にあたる情報も削除された記事も見かける。

エントリ下部に紹介した東京新聞の記事には、「避難」という単語が7回登場するが、「自主避難」という単語は登場しない。それを匂わせる文章も見当たらない。かろうじて、「いわき市から避難した」と書かれていることから自主避難者だと分かる。

当初、普通の避難児童に関する情報を待っていたno-risuは、「避難者」とだけ書かれた記事を見たとき、「やはり普通の避難者もイジメられていたか!」と思った。しかし、他社の報道と照らし合わせたところ、それらは全て自主避難者の事例と判明した。

つまり、未だに普通の避難児童に対するイジメは報じられておらず、疑問点は1点も解消されていない。なぜ、メディアは避難者が自主避難者であることを隠すのか。答えは何となく予想できるが、ぜひとも隠蔽している側からの説明が欲しい。




東京:「いじめ話すと母に迷惑かける…」 千葉に原発避難の高1女子 転校直後の体験証言
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201701/CK2017013102000120.html
" 東京電力福島第一原発事故の影響で、福島県から避難した三世帯の子どもが千葉県の学校でいじめが疑われる被害に遭った問題で、うち一世帯の母親(35)と高校一年の長女(16)が三十日、本紙の取材に応じた。長女がいじめを受けたのは転校直後の小学五年の時。いじめた児童を他の児童が注意し、深刻な事態にならなかったが、長女は「いじめに遭う子が減ってほしい」と訴える。 (柚木まり)
 母親によると、家族は原発事故直後の二〇一一年三月、福島県いわき市から友人を頼って千葉県に避難。翌月、長女が避難先の小学校に転校して間もなく、同級生の複数の男子児童に「放射能はうんちみたいで汚いから近寄るな」「福島から来たから原発の放射能がくっついてる」などと約一週間言われ続けた。
 他の女子児童が男子児童に「そんなこと言わないで」と注意したり、長女も「汚くないから」と言い返したことで、いじめはやんだ。その後、男子児童から「あの時はごめんね」と言われ、仲直りしたという。
 長女は当時、いじめられていたことを母親や担任教諭に話さなかった。「引っ越したばかりで、母親や担任の先生には迷惑をかけてしまうと思い言えなかった」と振り返る。
 母親に打ち明けたのは昨年、横浜市などで避難者がいじめに遭っていたことが報道された後だった。
 母親は「避難後、大変な姿ばかりを見せて、子どもたちに『大丈夫』と声を掛けてあげられなかったことを反省している。ちょっとしたひと言も子どもには大きな傷になっているということを、皆さんに忘れないでもらいたい」と訴えた。
 いじめ被害を訴える三世帯はいずれも、福島県からの避難者らが国と東電に損害賠償を求め、千葉地裁に集団訴訟を起こしている原告で、裁判は三十一日に結審を迎える。母親は、長女のいじめ被害をまとめ、弁護団に報告した。"




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

私は小1のころ、ある友達から1万円おごられました。周りにいた5人くらいも同様におごられました。少なくとも私は脅してないし、他の5人も同様だったと思います。そのお金で欲しかったゲーム機を買いました。しかし、そのお金は親から盗んだお金で、全員親と一緒に、そのおごった友達の親に謝罪してお金を返しました。
横浜の例で言えば、私もその友達をいじめたことになるのでしょうか。世間は全てその自主避難家族の味方のような感じですが、やはり150万円なくなるまで気付かなかった親がまず理解できないし、仮にいじめを回避する目的だったとしても、私はその子が自主的におごった可能性もあるのではないかと思います。

今後も、原発からの(自主)避難者であることを理由に真相が追及されず、いじめたとされる側の反論が一切許されず、調査の結果いじめではないことが真実であった場合でも、一方的な沙汰が下されるようなことが続くのでしょうか。いじめられたとされる方を追求することが一切許されないような今の流れは、いじめ問題解決から遠のくことになるのではないでしょうか。
  1. 2017-01-31 23:33
  2. URL
  3. kachikachi5120 #-
  4. 編集

To kachikachi5120さん

こんばんは。

そこまで高額ではありませんが、私もおごられたことを理由に親にめちゃくちゃ怒られた記憶があります。
イジメとは別に、驕ることで人気者になろうとする子供はいましたよね、本件がそうとは限りませんけど、そういう子供は今も間違いなくいるだろうと思います。

で、本件ですけど、難しいですね。気づかなかった親には唖然としますが、杜撰な金管理をしていたくらいなので気づかなかった可能性は十分あり得ます。驕った動機ですけど、イジメ防止目的だったかもしれないし、そうでなかったかもしれないし、両方の理由だったかもしれない。どれもあり得ます。

で、問題解決を遠ざけている要素ですけど、いじめられたとされる方を追求することが一切許されないことではなくて、被害者側だけが一方的に情報を発信し、加害者側の言い分や調査した学校らの説明を公にすることが許されない空気と言うか、メディアや社会の姿勢だろうと思います。

本件では、ワルモノ扱いされた先生方が「私達にも言いたいことはある、でも言うことを許されないんだ」と嘆いていることが、ごくごく一部の報道にありました。是非とも、その言いたいことについて聞いてみたいですよね。

  1. 2017-02-01 19:53
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する