2017-02-21 20:07

教師には学力より教育力が求められる


京都府教委が、中学校の英語担当の先生を対象に英語検定試験「TOEIC」を受けさせたところ、目標ラインに届いた教師の割合がかなり低く、さらには成績が中学生並みの教師までいたそうだ。

このことについて、産経新聞は「英語の先生の英語力が水準に達していないのに、生徒の英語力を伸ばそうというのは無理な話」、「中学校の先生の英語のレベルが中学生並みというのは論外」などと苦言を呈した。府教委も「深刻に受けてめいている」らしい。

だが、no-risuはこれを問題とは思わない。重要なことは、教師の学力でなく教育力だ。教師自身がどれだけ英語を知っているかではなく、どれだけ上手に英語を教える能力があるのか、という点が重要だろう。産経も府教委も、そこを理解してほしい。

スポーツで考えれば分かりやすい。

現役一流アスリートには優秀なコーチがいるものだ。でも、野球でもゴルフでも、試合をすればコーチは一流アスリートに勝てない。ボクシングはセコンドが様々な指示を飛ばすが、リングで殴り合えばセコンドが選手に勝つことは無いだろう。

つまり、アスリート達は自分より技術で劣る人間の指導を受けている。なぜか。優秀なコーチと優秀なプレイヤーは別物だからだ。鈴木イチローは優秀な野球選手だが、優秀なコーチや監督になれるとは限らない。求められる能力が異なるからだ。

教師だって同じだろう。TOEICで高得点をたたき出せる教師でも、生徒に教える能力が低ければ優秀な教師とは呼べない。そこを理解しているのが予備校や私立校で、多くの公立はいつまで経っても理解しないから、一向に授業の質の差が埋まらない。

教師に求めるべきは、TOEICの点数などではなく、生徒に教えるための技術である。「まず学力ありき」という、京都府教委や産経新聞の考え方は、間違った学力至上主義の産物であり、それでは教師に余計な負担を与えるだけだ。

で、どうしてその様な勘違いをするかといえば、とどのつまり、真に子供達の立場で教育を考えていないからだろう。産経はブンヤにすぎないが、教育のプロたる府教委には「深刻に受け止め」て、その誤った認識を正していただきたい。




産経:英語の先生がテストを受けたら中学生並みだった?…TOEIC280点の英語教師がいた
http://www.sankei.com/west/news/170216/wst1702160007-n1.html
" 受験についてのご意見をうかがっているこのコラム。以前、寄せられているご意見として、公立ではなくあえて私立を選ぶ理由として、「公立の教師に対する不信感をあげる人が目立っている」とし、先生たちの教師としてのレベルを保つためにも「先生にもテストを受けさせるべきだ」というご意見を紹介した。実際にテストを受けさせた教育委員会があったが、結果はあぜんとする内容だった。
 京都府教委が中学校の英語担当の先生を対象にした平成28年度から始めた英語検定試験「TOEIC」受検事業だ。英語の先生74人が受検したものの目標ラインに達していた先生はわずか16人しかいなかったというのだ。
 目標ラインは、英検準1級程度の730点以上。京都府教委の担当者は「厳しい現状と認識している」と話しているという。
 文部科学省の次期学習指導要領では、中学校の英語の授業は英語で実施することが基本とされ、現場でも英検準1級以上の英語力が必要なのだという。
 そもそも、英語の先生の英語力が水準に達していないのに、生徒たちの英語力を伸ばそうというのは無理な話だろう。
 ただ、英検準1級レベルといえば、なかなかの難関。なかには、調子が悪くて合格ラインにすれすれで届かなかった先生もいたのかもしれない。・・・"







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

こんにちは。
「名プレーヤーは名監督にあらず」ですね。
伝えることはルーティンワークなので専門学校や大学でもない限り限られた知識で対処できると思います。
教えることは知識の伝え方なので学力がすべてではないということは実社会でも経験しています。
また、教育は知識を伝えるだけでもないと思います。
今回のエントリーを読んで頭をよぎったのが医学生の女性への集団暴行事件です、彼らの成績が学内で優秀だったとしても医者にすべきではありません、もしこの事件が明らかにならなかったら数年後、彼らは堂々と人の命を預かる立場にになったでしょう、寒気がします。
医学の知識を伝える前に人間の尊厳や知識の使い方を教える必要があるのではないでしょうか?まさにそれが教職者の資質だと思います。
  1. 2017-02-22 08:10
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

さすがは朝鮮総連機関ですね !?しょせん学生は、これからも『愚かな庶民』で見下されるカモなのでしょうか!?
  1. 2017-02-22 18:11
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

教える力と授業の違い

結局、教える力って、教科書通りにものを伝えるとはかなり違います。
今の教員は、教科書と学習指導書に頼り、暗記ばかり、それでは学力なんてつきません、まあ、でもしか先生、の残党がいますから、教えると理解するってかなり違います。
ゆとりだの、優しくすれば分かるものではないでしょう。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
  1. 2017-02-22 19:25
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #V7KqfvbI
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

学生がどうこうよりも、大人の側の問題ですね。保身に近い、という感じです。

  1. 2017-02-22 19:38
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 政界ウォッチャー三十年さん

こんばんは。

ゆとり批判もそうですが、逆のことも言えるかと。
詰め込みすりゃ解決するってもんでもないぞ!、と。

仰る通り、教えた実績よりも、理解させた実績が重要ですね。
  1. 2017-02-22 19:40
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

医学に詳しい人が必ずしも良い医者ではない、ということは真理でしょうね。まあ、医者の場合は技術も伴ってくれないと不安ですけどね(笑)。医者の場合、どちらかというとコーチというよりもアスリート側の職種ですし。

しかし、件の事件は胸糞悪いですね。奴らの人生、まとめて終われば良いと思います。薬で不能にするか、ちょん切ってやりたいですね。

  1. 2017-02-22 21:48
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する