2017-02-22 20:24

なぜ、国家・国旗に親しむ教育だけを否定するのか


「家族を大切にしましょう」はOK、「友達を大切にしましょう」はOK、「地域の人々と仲良くしましょう」はOK、「郷土・故郷を大切にしましょう」はOK、「隣国と仲良くしましょう」はOK、「地球人類みな兄弟、ビバ友愛精神!」はOK、「自然や生物を大切にしましょう」はOK。

日本において、自分以外の何か・何者かを大切にする、愛するということは、およそほとんど全てについてが社会的正義であり、そのことを親や教師が子供に教えることは普通のことで、積極的に啓蒙すべき価値観とされ、実際そのように教育されている。

ところが、一部の人々の中では、この価値観に特別な例外が存在する。例外とは、国家・国歌・国旗だ。もっと正確に言うと、「日本国・君が代・日の丸」のことで、要するに日本限定である。いったい、この特別扱いは、いかなる論理的理由によるものか。

厚生労働省は、「保育所保育指針案」に保育所で「国歌・国旗に親しむ」ことを盛り込んだ。単なる指針なので強制力は無いし、特段異を唱えるべき改定とも思えないが、人権パヨクの皆様は「国」というワードに敏感に反応し批判の声を上げた。

たとえば、民進党の山尾ガソリーヌ前政調会長は、「子供が社会に愛され社会に育まれていく。そういう環境を作ることで、子供の心に押し付けではない自然に社会を愛する、自分の生まれ育った国を愛する意識が芽生えていく。これが順番だ」と主張した。

思想の押し付け、思想の強制、反対派の常套句だ。しかし、この理由は論理的に破綻している。これが成立するのなら、冒頭に挙げた全てが規制される。ガキが花を踏みにじっても、ニャンコを蹴飛ばしても、「ダメ!」と教育することが許されなくなる。

人権派の皆様が「全部ダメ!」と言うなら納得するが、「日本国」のみがダメだと言うのは理解不能だ。素朴な疑問、本当になぜ?。

民進党だって、選挙になれば「○○候補をお願いします!」、「民進党をご支援ください!」と絶叫するだろう。これだって、同じ理屈で考えれば思想の強制に他ならないわけで、「有権者の自然に生まれた意識」に投票先を委ねるべきではないのか。

国は重要だ。日本人にとって、国の存在は空気のように当たり前すぎて、その重要性に気がつきにくい。しかし、国を持たないことによる不利益・受けられない恩恵の大きさ、国を失うことによる悲惨な現実は、少し世界に目を向ければ分かることだ。

我々は、子供に教えるべきことを教えねばならない。それは、「思想的強制」などではなく、日本に生きる大人としての責任及び義務だ。聡明なる人権パヨク様らが行う、理屈も道理も欠いた愛国批判こそ、思想的強制と呼ぶに相応しいのではないか。




産経:民進・山尾志桜里氏 保育所での国歌・国旗に疑問
http://www.sankei.com/politics/news/170217/plt1702170028-n1.html
" 民進党の山尾志桜里前政調会長は17日午前の衆院予算委員会で、保育所に通う3歳以上の幼児が国歌や国旗に親しむことを明記した平成30年度からの厚生労働省の「保育所保育指針」改定案に疑問を示した。
 「子供たちが社会に愛されて社会に育まれていく。そういう環境を作ることで、子供たちの心に押し付けではない自然に社会を愛する、自分の生まれ育った国を愛する意識が芽生えていく。これが順番だと思う」と述べた。"






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:民進党
ジャンル:政治・経済

  1. 民進党
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

GHQの呪いか?

結局は、GHQ教の信者かなと思います。

日本は確かに、戦に負けましたが、もう何年前の話でしょうか?
70年以上前の話に呪縛される哀れな人々です。
今、若者の保守化とか言いますが、彼らはもうGHQなんて知りません。
日本が戦に敗れても、日本國の再生を信じかつ、働いた方々も、もうお年です、いつまでも寝言を言う連中は、選挙や様々な形で淘汰されると信じています。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
  1. 2017-02-22 21:57
  2. URL
  3. 政界ウォッチャー三十年 #aDfVZt02
  4. 編集

こんにちは。
ちなみに私の孫の小学校で最近時、人権フェスティバルというものをしました、これって左翼様が嫌う思想の押し付けではないでしょうかね。
別にこれが悪いことだとは申しませんが
「子供が社会に愛され社会に育まれていく。そういう環境を作ることで、子供の心に押し付けではない自然に社会を愛する、自分の生まれ育った国を愛する意識が芽生えていく。これが順番だ」
といった考えに反するのではないでしょうか?
人様の物は盗んではいけません。
いじめはダメ。
等々の基本的なことは十番も減ったくれもなくダイレクトに教えることは必要だと思います。
人権、差別問題はまる一日使っても教えるが国家・国旗に親しむことはダメ、教育勅語はダメ、という彼らの思想によって教えることを選別することこそ思想の押し付けです。
  1. 2017-02-23 08:39
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

To 政界ウォチャー三十年さん

こんばんは。

呪いもあるかもしれませんが、世代的にそれだけではなさそうですね。
呪い世代の教育と情報操作の賜物なのかもしれません。

まあ、仰る通りそういう連中は滅びの道を歩んでいると思いますよ。
でもしぶとい!(笑)。
  1. 2017-02-23 19:28
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

お孫さんは思想を強制されました。ご愁傷さまです。

というのはもちろん冗談ですけど、「人権フェスティバル」ってなんですか?。
めちゃめちゃ香ばしいんですけど(笑)。

まあ、孫の親がkazusaさんみたいな方なら何も心配ないと思いますけどね。
  1. 2017-02-23 19:32
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する