2017-04-14 20:53

寺社液体事件の犯人は中国人だが中国人ではない


寺社液体事件の犯人が特定された。このブログでは、先のエントリで「事件の性質や前回の同種事件から、犯人は韓国人や在日朝鮮人のメンタリティーを持つ人間に違いない」と予想していたが、報道では「中国人」または「中国籍」とされている。

なので、前回事件を記憶している人々は、「韓国人だけでなく中国人もやりやがったか!」と憂鬱に感じたのではなかろうか。しかし、この報道のされ方は甚だ疑問である。確かに国籍は中国だが、中身はほとんど朝鮮人と推察されるからだ。

報道によると、犯人は朴今玉容疑者(49)・朴善愛容疑者(49)の二人。「朴」は朝鮮人の苗字である。さらに、産経新聞の記事には「捜査1課によると、2人は中国・吉林省出身」と書かれていた。吉林省は歴史的に朝鮮人だらけの地域だ。

つまり、犯人は国籍こそ中国であるものの、中身は「今回も朝鮮人」であることは明らかで、正確には「朝鮮系中国人」と理解するべきなのだ。ところが、「中国人」または「中国籍」としか言わないマスゴミ報道では「朝鮮人」をイメージできない。

これでは、報道を見た人々は中国を韓国らと同列に捉え、いらぬ対中感情悪化を抱くことになる。大多数の中国人にとって遺憾なことこの上あるまい。「中国人は中国人だろ!」と反論されるかもしれないが、そんなものは屁理屈である。

中国人と朝鮮系中国人は分けて考えるべき。国籍は中国であっても、動機は朝鮮民族特有の「恨」であり、陰湿な犯行内容も実に朝鮮民族的だ。一緒くたにすべきではない。そして、分けて考えられるように報じるのがマスコミの責任だろう。

犯人が日本人ではなかったことで、マスコミはこの問題から一気に手を引くと予想される。結果、人々には「中国人もやりやがった」という記憶だけが残る。つくづくマスコミはクソだな。




産経:明治神宮の液体で逮捕状 中国人49歳女2人 すでに出国
http://www.sankei.com/affairs/news/170413/afr1704130031-n1.html
 明治神宮(東京都渋谷区)の鳥居や門の柱などで液体のような染みが確認された事件で、警視庁捜査1課は13日、建造物損壊と器物損壊容疑で、ともに中国籍で住所、職業不詳の朴今玉容疑者(49)と、朴善愛容疑者(49)の逮捕状を取った。ともに既に出国しているが、捜査1課は再来日する可能性もあるとみて全国に指名手配。国際手配も検討する。
" 逮捕状の容疑は、3日午前9時半ごろ~11時ごろ、明治神宮の鳥居や門など4地点15カ所に油のような液体を散布し、損壊したとしている。鳥居の防犯カメラに2人がスプレーで油のようなものを掛けているのが写っていたという。
 捜査1課によると、2人は中国・吉林省出身。3月27日に中国・上海から那覇空港に入国し、30日に那覇空港から空路で伊丹空港に移動。4月1日には新幹線で東京に入り、4日午前1時半に羽田空港から上海に帰国したという。
 今月に入って寺社で液体をまかれる被害は増上寺(東京都港区)、下鴨神社(京都市左京区)、首里城(那覇市)など全国で6件確認。いずれも2人の立ち回り先に近いことから、警察当局は関連を調べる。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

あの辺りは朝鮮族自治区がありますね

その辺りに気がつくさすがですまた、中国人と中国籍、苗字、地域、まさに名探偵です。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/

余談

野党共倒そろそろ終わりですね、民進党(偽)の長島議員離党、モナ夫代表代行辞任、二重国籍が長島議員の選挙区から出馬説、野党共倒頑張って。
  1. 2017-04-14 23:08
  2. URL
  3. 永田町の雀 #HurUS3vk
  4. 編集

To 永田町の雀さん

こんばんは。

あれを中国人と呼べるか?って話です。無理がありますよね。

野党共闘、このままやるんじゃないですかね。細野とか長嶋とか、それは渓谷ではありますが、R4らに警告を感じ取り行動に反映させる力はありますまい。落ちるとこまで堕ちますよ。着地大破するまで共闘し続けるに違いありません。

  1. 2017-04-16 19:12
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する