2017-05-10 20:48

若者の政治参加とは言うけれど


GWは強引に9連休を取得し、おかげで明けからの仕事量が凄まじい。このブログは休み明けから更新するつもりだったが、できなかった。激務のせいもあるが、最大の理由はネタが無かったからだ。

なんせ、国会は連休前と同じ議論をしており、その中身は政策などではなく、しょうもないワイドショーである。月曜日から「森友ガー!」とかやっているのを見て閉口した。

また、民進党の野田はブログで「渇!」と自民党を批判していたが、批判理由が酷すぎた。「北朝鮮がミサイル1発打ち、国民もメディアも開戦前夜の空気の中で、与党議員がGW中に外遊するとは危機管理意識の欠如も甚だしい!」とのこと。アホかと。

外遊は仕事だし、世間に「北朝鮮との戦争が始まる!」なんて空気は無かった。そもそも、危機感が欠如しているのは民進党だろう。北朝鮮がミサイルを1発どころか4発打ち上げたときでさえも、民進党の興味は北朝鮮より森友学園だった。

他にも、特定秘密保護法、集団的自衛権、日米関係強化、防衛費(微)増、等々、自民党が進める安全保障政策の全てに反対してきたくせに、反対するだけで対案も党の方針すらも示せなかったくせに、いったいどの口が言うか。

R4はR4で、安倍総理が党総裁の立場で改憲を説明したことに関し、総理の立場で出席する国会で答弁を求め、拒否されると「二枚舌!」と発狂している。安倍総理は立場をわきまえているだけなのに、立場の混同を強要するR4とはどこまで馬鹿女なのか。

だいたい、安倍総理の憲法観など過去に何度も質疑しているし、聞くまでもなく周知されているだろう。今更新たに聞きたいことなど無い。え、知らないとな?。そりゃお前がアホなのだ。アホはアホらしく口を閉じ、読売新聞でも読んで勉強しとけ(笑)。

安倍総理の答弁中は、民進党のクズ共による耳が腐りそうに汚らしい野次、野次、ヤジ。で、安倍総理は野次をいさめたのだが、そのことについて報道番組は「安倍総理による質疑時間の消費作戦だ!、姑息だ!」などと批判していた。

どう考えても、質疑を妨害するヤジの方が時間の浪費であって、まず批判すべきは野党のヤジだろう。それを全然批判せず、苦言を呈した安倍総理を批判するのは、反アベありきの誹謗中傷と言わざるを得ない。こういうところが卑劣かつ愚劣なのだ。

森友問題で、民進党は勝手に籠池を国会傍聴席に招き「参考人招致させろ」とかやっていた。却下されると分かっているのに。要はメディア向けのパフォーマンスだ。で、メディアはメディアで、「籠池独占インタビュー」などと、一方的主張を垂れ流していた。

組織犯罪防止法では、「一般人のラインを監視するのか!」と金田法相を追及していた。民進党らは、「ラインで逮捕される共謀罪!」を合言葉にしていたくせに、どうして改めて確認を求めるのか。聞くまでも無く、監視されるし逮捕されるのだろう?(笑)。

で、金田法相が「疑義が無ければ監視もしない」と答えたら、「疑義が無いことをどうやって確認するのか!」と食い下がっていた。民進党のアホ共は、交番のお巡りさんに聞いてみるといい。「そこらにいる市民らを片っ端から逮捕しないのはなぜ?」と。

反吐が出る。これが国会議員の知能水準かと思うと眩暈がする。

はっきり言って、子供や若者達に見てほしくない。学ぶことは何も無く、ただただストレスが溜まるだけだ。今、政治に関心を持ったところで、良いことなんて一つも無い。若者達には、もっと楽しいこと・美しいものと向き合い、有意義な時間を過ごしてもらいたい。

もちろん、本当は若者にも政治に関心を持って欲しい。しかし、今の惨状は大人の恥である。若者が学ぶに足る政治を用意すること、それが大人の責任だ。選挙年齢だけ引き下げても無意味、まずは民進党のごときゴミを選挙で一掃せねばなるまい。




東京:首相、答弁撤回を拒否 参院予算委、野党批判
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017050901001572.html
" 野党は9日の参院予算委員会で、安倍晋三首相が憲法改正を巡る自身の提案に関し「自民党総裁としての考え方は読売新聞に書いてある。それを熟読していただきたい」と答弁したことを強く批判した。答弁の撤回も求めたが、首相は応じなかった。
 民進党の蓮舫代表は、8日の衆院予算委での首相答弁を取り上げ「国会で説明しないのは立法府軽視だ。撤回するか」と迫った。首相は「新聞での発言は党総裁の考えを述べた。国会には首相として立っている」とかわした。
 共産党の小池晃書記局長は「この新聞には『首相インタビュー』と書いてある。質問するのは当然だ」と追及した。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:民進党
ジャンル:政治・経済

  1. 民進党
  2. TB(0)
  3. CM(7)

コメント

こんにちは。
まさにワイドショー議員、党ですね。
相手をこき下ろす為の言葉のあやや過去の発言の整合性を追求しても国益になりません、まるで小学生の喧嘩みたいです。
で、最後の決め台詞が審議が足らない、足らないのは民進党の頭です。
共産党がまともに見えてきました。
健全な野党が存在しないのは日本の不幸ででありマスコミの責任です、安倍憎しで野党への批判をせず無理くりに安倍首相への批判に結び付けることで何をしても許されるとタカをくくらせるからこんな野党に育ったのです。
所詮マスコミも自分たちが持つ権力で直接政治を動かしたいのかもしれません。与党や野党を育てて間接的に政治に関与することを嫌い、無関心になっているのではないかと感じています。
  1. 2017-05-11 08:38
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

小学生の喧嘩以下ですね、付き合わされる与党の心労は察して余りあります。
最後の決め台詞、「審議が足りない」、どころか、「審議拒否」、ですからね(笑)。

野党やメディアは劣化した、そう私も考えていました。
ですが、最近は少し違うよう気がしてきました。

最初から今と同程度だった、それがまかり通ってきた、と。

マスコミは自分たちが持つ権力で直接政治を動かしたい。
それなのだと思います。今も昔も。
  1. 2017-05-12 21:23
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

必要なのは若者の政治参加より中高年の意識改革

若者の政治参加と言うか若年層の政治に対する知識・視野については例外こそいても政党の態をなしていない野党の現状をしっかりみている人が多いと思っているのであまり問題だとは私も思っていません(実際若年層程野党やマスコミへの信用は低いですし)

うちの親がもろそうなのですが、むしろ「自民は悪、それを追求する野党は正義、政府の言うことは信用できない、マスコミが絶対正しい」
と言う認識をあの凄惨な民主党政権を経験してなお捨てきれない人が中高年層を中心に多い方こそ問題でないでしょうか。
認識を改めた方もいらっしゃると思いますが昨年の参院選を見る限りまだまだ楽観視はできないと思います。

PCやスマホに触れるのは高齢者になってからは難しい方もいらっしゃると思いますが、マスコミから一方的に情報を得るだけでなくそれらで得た情報で疑問に思ったことや腑に落ちないことはネットでなくても良いので一度自分で調べるなり、違う人の意見を聞くなりして欲しいものです。
まあ、そういうことができる方ばかりならとっくに野党は消滅寸前のはずなんで現実はそう甘くないとうちの親をみて思ってます。
  1. 2017-05-18 19:48
  2. URL
  3. 倫三郎 #pOiywxxs
  4. 編集

To 倫三郎さん

こんばんは。

中高年の価値観を変えることは無理です。
一部の柔軟な中高年はどうにかなるでしょうが、普通はもう変化しないですから。

で、若者の政治を見る目や意識が中高年よりましだという現状は、日本にとって明るい要素だろうと思います。私にだって、彼らに政治を良くしてほしいという思いはありますが、それは我々大人が要求すべきことではない。心に秘めておくべき本音です。

我々は、若者のために遺す立場ですから。
  1. 2017-05-18 20:42
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

せめて5歳ごとに区切れば…

…世論調査も「60代以上」でくくるのではなく、60後半の団塊と(70歳になりつつありますが)60代前半、40代も「バブル」と「ロスジェネ」、20代だって30才に近い「就職氷河期」と前半の「就活上向き」世代では「回答傾向」が違って来るかと…

…まぁ、電話のプッシュボタンでの回答方法が「お前が40代なら4番を押せ」だから、分けないのでしょうけれど…
  1. 2017-05-18 22:39
  2. URL
  3. RIHAD! #JmHcGUZQ
  4. 編集

To RIHAD!さん

こんにちは、遅くなりました。

仰る通りでしょうけど、それら様々な人々の平均を算出するのが世論調査の目的ですから、今のままの手法がベターかと。
あと、世論調査の協力度合いや傾向は、どこのメディアの調査かにも影響されそうですね。
産経熱愛読者なら、朝日毎日あたりの名前を聞いた途端に拒否しそうですし(笑)。
  1. 2017-05-21 08:14
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

若者の政治参加が珍棒団の葬式を出す

別のブログでの提案ですが、学生運動=珍棒体操、過激派=珍棒団、内ゲバ、タイマン、どうでしょうか?
珍メットに、珍布、松明投げて、石投げて、猿以下だから珍棒団、珍棒体操。

で、本題、若者の政治参加こそが、巣くう珍棒団の成れの果てを潰すのです。

世代交代です、十年一日のコメンテーターなんて、若い世代に取り替えましょう、今の若者は政治意識も高く、心配ご無用!
  1. 2017-05-30 08:00
  2. URL
  3. 永田町の雀 #HurUS3vk
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する