2017-05-15 21:02

子供の貧困報道、「奨学金で教師の夢を断念」は事実か?


沖縄タイムスが、流行の「子供の貧困」をテーマに記事を書いていた。貧困な子供が何人か登場して苦境を訴えていたが、その内の一人、奨学金地獄に陥った「ユウセケ君」の話は釈然としないものだった。ユウスケ君の状況は以下のとおり。

・生活保護の母子家庭で育つ。

・教師を夢見るも進学費用が無く諦めていた。

・奨学金を知り県内の大学に進学。

・借入額は上限いっぱい12万円/月を48ヶ月間。

・3年生のとき返済額を知り愕然、教師を断念し県内企業狙いに転向。

・返済額は奨学金500万円+利息280万円。

・返済計画は3.3万円/月を20年間。


いかがだろう。何かおかしくないか。

まず、借り入れ総額は500万円でなく576万円だろう。返済額は780万円でおおよそ合っているが、利息分は280万円でなく200万円である。「ボクは貧困の被害者です」とアピールしたいのだろうが、こういう姑息なサバ読みは感心しない。

次に、返済額を知った時期だ。記事によると、ユウスケ君は大学3年生のときに、奨学金説明会で手渡された明細書により、返済額780万円の現実を知ったとされる。は?、何言ってんの?(笑)。返済総額など、最初から分かっていたはずだ。

借入れ総額は掛け算ができれば計算できるし(12万円×48ヶ月)、利息は当然公表されているし、最初に返済プランも説明されるだろうし、説明されなければ自分から確認を求めるだろう。「3年生のとき知った」との主張は、実にウソ臭い。

そして、最も理解しがたいのが、「返済がきついから教師を断念して、就職先は県内企業を選ぶことにした」という説明だ。夢のために借金して進学したのに、その借金がきついから夢を諦めるとか、本末転倒も甚だしい。アホかと。

百歩譲って、その説明に経済的な合理性があるのなら、まだ理解する余地はある。しかし、とてもじゃないが合理性は見出せそうに無い。確かに返済は厳しいけれど、教師になれば十分にやっていけるだけの給与は確保できるはずだ。

教師の初任給は19万7千円、4.2ヶ月分のボーナスも2年目から満額支給される。以後、基本的に給与は増え続ける。また、残業代代わりに自動的に4%上乗せされるし、通勤手当や住宅手当もあるし、福利厚生もそれなりに手厚い。

この条件で、月3万円の返済は夢を断念せざるをえないほどの負担と言えるのか。沖縄の平均年収は全国でもワースト1位なのだが、教師以上に儲かる一流企業が県内にどれほどあって、そこにユウスケ君が内定を得られる見込みはどれほどあるのか。

記事には「県内の大学に進学」としか書かれていないが、沖縄県内で教育学部があるのは琉球大学だけだ。教師になるために進学したと説明している以上、ユウスケ君の進学先は琉球大学の教育学部で間違いあるまい。

琉球大学も悪い大学ではない。普通の国立大学だ。しかし、県内の一流企業を狙う場合は本土の高学歴者達と席を争うことになるし、教育学部であることも就職に有利とは言えない。志望動機も所詮は金だ。ユウスケ君に勝ち目はあるのか?。

はっきり言おう。no-risuは疑っている。

ユウスケ君が教師の道を断念したのは、単にユウスケ君の実力不足だからではないのか。教師だって狭き門だ。大学3年生になり、自分は教師になれそうにないと悟った。でも、それを素直に認めるのは恥ずかしい。多額の借金も背負ってしまった。

だから、奨学金と貧困に責任転嫁して自己正当化に走ったのではないか。本当は、自分の実力不足が原因で教師になれないだけなのに、「貧困と奨学金のせいで夢が絶たれました!」と被害者面しているだけではないのか。

もし違っていたら、ユウスケ君には申し訳ないエントリになったと思う。しかし、もしユウスケ君が事実を述べているのなら、悪いことは言わない、今からでも夢である教師を目指すべきだ。ひょっとしたら、もう手遅れかもしれないが。




沖縄:千円ちょうだい」働けぬ病の父、気遣う男児【沖縄 子どもの貧困】、より抜粋
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/22479
▽奨学金返済780万円
 返済予定額780万円。大学3年の奨学金説明会で、手渡された明細書を前に、県内の大学に通うユウスケ(23)は頭を抱えた。
 高校生のころ両親が離婚し、パートで働く母親と2人暮らし。教師になる夢があったが、家計は苦しく、大学は無理だと諦めかけた。恩師から奨学金制度があることを教えられ、進学の道を選んだ。
 入学と同時に、有利子の奨学金を借りた。最大額の月12万円。学費と生活費に充て、それでも足りないので、アルバイトを続けた。"
" 卒業までの借入額は500万円。これに280万円の利子が付く。
 返済のため、教師の夢は諦め、県内企業への就職を決めた。入社半年後から毎月3万3千円の支払いが20年間続くことになる。「終わらないマラソンを走るような気分。人並みに結婚して家族をつくれるのかな」。暗い表情でつぶやいた。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:貧困問題
ジャンル:政治・経済

  1. 貧困問題
  2. TB(0)
  3. CM(5)

コメント

政府予算で生きて行ける沖縄で大学(琉球大学でも!仮でも!大学)生活を送ろうとする忌々しい魂胆のユウセケ(笑)君!沖縄タイムス社と、
もれなく琉球新報社と一緒にこの世から消えてなくなって欲しいです!
  1. 2017-05-16 00:46
  2. URL
  3. 三助 #-
  4. 編集

ないない(笑)

ただ単に教職に受かる実力が無かっただけでしょう。
まあ、経済的な理由から【就職浪人は出来ないから】教職は諦めて県内企業に就職しただけでしょう。よくある話です。
【】は沖タイがカット(笑)
  1. 2017-05-16 07:57
  2. URL
  3. 福岡人 #-
  4. 編集

To 三助さん

こんばんは。

すいません、ユウセケは素で間違えました、ユウスケです(笑)。

で、彼は多額の借金を背負って社会に船出するので、一緒にこの世から消えてなくなって欲しいです!は言い過ぎかと。
同情くらいはしてもいいかな、と思います。
  1. 2017-05-16 20:52
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To 福岡人さん

こんばんは。

私もそんな気がしています。
教師になるのってかなり厳しいですよね、倍率高すぎ。

就職浪人が厳しいのは当然でしょうが、実はユウスケ君、大学3年生のときに23歳さんですよ。
2年浪人したか留年したみたいです。その間の生活実態も気になるところですね。
  1. 2017-05-16 20:55
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

昔はでもしか教師だったのに

まあ、赤い沖縄の組合さん困っている人を助けてあげなよ、法律違反?沖縄には法律なんてないさー、おれがルールブックさー、教師なんて同じプリント配って、米軍反対でいいからさ、赤旗取ってね。
  1. 2017-05-30 07:40
  2. URL
  3. 永田町の雀 #HurUS3vk
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する