2017-05-25 20:25

民進党の玉木は獣医師会の番犬


獣医学部は狭き門だ。全国にたった15大学、総募集定員は1000人未満である。入学希望者は定員より遥かに多いため、どこの獣医学部も偏差値は非常に高い。需要があるなら定員を増やすべきだが、獣医学部の新設は規制され50年も新設がない。

国や自治体は何度か定員拡大に動いた。が、その度に計画は頓挫した。獣医師会が猛烈に反発するからだ。これに屈する政治家や行政も情けないが、獣医師を聖域化し連綿と続く利権構造を死守する獣医師会は実に醜い。

獣医師会の反対理由はいつも同じ、「獣医師数は足りているから増やすな」だ。しかし、こんなものは反対理由にならない。お前らの都合に過ぎず、獣医師になるために学びたい人々の進路を断絶する根拠としては完全に破綻している。

そんな理屈がまかり通るなら、文系学部のほとんどは大幅に減員せねばならない。教育学部に入って教師を目指しても、教師の採用枠が絶対的に少ないから、多くの学生が教師を諦めたり、留年したり、薄給の臨時教師で我慢していたりする。

この場合、「ならば教員採用枠を考慮して大学の教育学部を縮小させよ」、が獣医師会の主張になるわけだ。教師だけでなく、公務員試験も高倍率だから、規制してオーハラあたりの公務員専門学校をかたっぱしから潰すべきだろう(笑)。

そもそも、獣医師会の「足りている」は嘘っぱちだ。足りているのは首都圏の動物病院くらいなもので、地方・畜産分野等では恒常的に不足している。こんな馬鹿げた主張と金で、己の利権とステータスを守ってきたのが獣医師会だ。

おまけに、文部科学省までもが獣医師会と馴れ合い、獣医学部の新設計画が発生すれば歩調を合わせて反対する有様。政治・行政・獣医師会が強固に結束した利権構造、これが獣医師業界を歪め、人々の職業・学業の自由と受益を奪ってきた。

しかし、この岩盤規制を粉砕する勇敢な政治家が登場した。

安倍総理だ。安倍総理は、経済構造改革を掲げ行動に移した。「国家戦略特区」だ。特区は総理と内閣府が主導権と決定権を持つ。内閣府が「規制緩和してあげるリスト」を示し、事業者らがビジネスチャンスに手をあげ、最終的に総理が承認する。

2016年、今治市と加計学園の獣医学部新設計画が承認された。獣医師会の利権にひびが入った瞬間である。獣医師会は反発し、文部科学省もグチグチ文句たれて抵抗したようだが、内閣府は反発を一蹴し、文科省のケツも蹴り上げて粛々と推進した。

さて、ご存知のとおり、加計学園の獣医学部計画は、愚劣な反アベ勢力から攻撃を受けている。何ら違法性はなく、疑うべき証拠も無く、経緯もwebで公開されているのに、「安倍総理の不正な働きかけがあった」、という妄想で批判を浴びている。

ちなみに、民進党はいつもの様に得意の検証チーム(笑)を発足させ、さっそく今治市へ現地視察に飛んだ。しかし、学園の敷地に入れず要人とも会えなかった。何しに行ったのかと(笑)。

民進党は、あたかも「民進党の調査に対して市長や学園が逃げた」かのように報告していたが、単に「アポ無しで突撃したから」というだけの話だ。森友学園でも同じミスをしていたが、民進党というのは本当にアホで非常識で非礼な連中だと思う。

で、加計学園獣医学部新設問題について、追及する民進党の中でも特に熱をあげている議員がいる。玉木雄一郎・幹事長代理だ。党是の反アベ戦略もあろうが、玉木にはもう一つ、加計学園獣医学部計画をどうしても潰したい理由があった。

それは、玉木が獣医学部拡充に反対する獣医師会の番犬だからだ。

親は香川県獣医師会の副会長、弟も獣医師、獣医師会から 100万円の献金を受け、また獣医師会副会長の親父を通して1000万円の献金を受け(借金らしいが献金に決まってる)、獣医師会の会合で「獣医学部新設はオレが潰す!」と豪語している。

元文科省官僚とやらが暴露した「総理の意向文書」も、民進党は今もって出所を明かさないが(これ書いてるうちに自分で出てきたけど)、文書を持ってきたのは玉木である。また、あの怪しげな文書について「間違いなく本物!」と突如口を挟んできた北村直人・元議員は獣医師会の顧問だ。

獣医師会の100万円献金が産経新聞に報じられると、玉木は「違法じゃないから問題ない」と釈明した。森友学園で、昭恵夫人が100万寄付したかどうかについて、いずれにせよ違法性は無いのに、執拗に追及していた人間の言葉とは思えない。

ダブスタ玉木は獣医学部新設を潰したかった。ズブズブの獣医師会に忖度する番犬・玉木にとって、反アベ連中による加計学園への付け火は渡りに船だったに違いない。小躍りしたことだろう。我々国民は、かように卑劣な政治家を許してはいけない。

玉木は、産経報道について「日本獣医師会の既得権益を守るためか?」とブログで反論した。カスめ。「日本獣医師会の既得権益を守るためか?」、だと?。YESに決まっているだろ。違法性皆無の加計学園に粘着する理由は他に無い。

追記

5月25日、民進党の追及チーム(笑)が獣医師会に聞き取りを行ったそうだ。獣医師会側の対応者は上で紹介した北村直人だ(笑)。獣医師会の証言概要は、民進党公式ブログにアップされているが、既得権益意識丸出しの醜い言い分が並んでいた。

民進党は、アベ潰しのために既得権益を守りたい獣医師会と手を取り合うわけだ。おい江田、何とか言ってみんかい。ところで、どうして玉木を連れて行かなかった?。民進党議員は、ブーメランが刺さるとすぐお隠れになる(笑)。




ブロゴス:私が質問したのは、日本獣医師会の既得権益を守るためか? (玉木雄一郎)、より一部抜粋
http://blogos.com/article/224547/
2012年末の衆議院選挙の際には、日本獣医師会政治連盟から100万円の献金をいただきましたが、関係法令に基づいて適切に処理されており、何の問題もありません。
私が、国家戦略特区での獣医学部新設を叩くために、献金をもらったとの指摘がありますが、そもそも、献金を受けた民主党政権時代(2012年)には、国家戦略特区制度がまだ存在していません。国家戦略特区法が施行されたのは、第2次安倍内閣成立から約1年後の2013年12月13日です。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:民進党
ジャンル:政治・経済

  1. 民進党
  2. TB(0)
  3. CM(3)

コメント

こんにちは。
インターネットの発展でマスコミが報道しない事実(、玉石混合ですが)がすぐに明らかになる良い時代になりましたね。
友人、関与、意向、本物、圧力と云うフレーズを切り貼り脅迫文のようにつなぎ合わせて恣意的に報道し規制改革に反対する勢力の報道をしないマスコミには反吐が出ます。
獣医師会と玉木議員行もちゃんと報道すれば議員辞職や獣医師会の粉砕もあり得る話ではないかと思います。
  1. 2017-05-26 08:30
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

ネットの発達は本当に素晴らしいですね。つくづく、昔と比べて良い時代になったと思います。まあ、マスゴミにとってはイバラの時代でしょうけどね(笑)。

獣医師会と玉木議員の関係、報道する度胸のあるマスコミはなさそうですね。マスゴミ様の力なんぞその程度なのでしょう。たぶん、産経あたりが申し訳程度に報道してくれるかと。
  1. 2017-05-26 18:21
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

玉木は番犬にもならなかった

永田メールまっしぐらと、私は思います、族議員やある団体が陳情や請願はあるべきですが、癒着はもう害毒です。

玉木が番犬なら、狂犬病の予防注射したのでしょうか?

虚言病か、つける薬がない。
  1. 2017-05-30 06:48
  2. URL
  3. 永田町の雀 #HurUS3vk
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する