2017-05-29 20:49

築地の魚卸業者の営業自粛まだ?


東京魚市場卸協同組合、東京中央市場労働組合、同市場の仲卸業者でつくる「築地女将さん会」。これら築地市場の関係団体は、築地市場の豊洲移転に断固反対を主張している。最大の反対理由は「豊洲では食の安全が守れない」だ。

同じ理由で共産党都議らも豊洲移転に反対だ。つまり、彼ら彼女らは、消費者に安全安心な食材を責任盛って供給したいから、豊洲に移転せず築地市場に留まることを望んでいる。「消費者ファースト」、というわけですな。素晴らしい、感動した!。

さて。

5月25日、東京都が築地市場の土壌汚染調査結果を公表した。米軍クリーニング場の跡地であることが世間に知られてしまい、東京都は「豊洲は徹底的に調べるのに築地は調べないのか!」といった批判を恐れ、渋々調査に乗り出した。

築地関係者や小池都知事に忖度する東京都は、豊洲以上の汚染が検出されると困るからクリーニング場直下は調査せず、豊洲と同等の汚染が検出されても困るので地下水でなく地面に近い土壌を調査した。

それでも、調査地点111箇所中30箇所から基準を超える汚染が検出された。基準の4・3倍の鉛、2・8倍のヒ素、1・8倍の水銀などが検出されたそうだ。豊洲の地下水と違い、築地は表層近くの深刻な土壌汚染が発覚してしまった。

したがって、食の安全(安心ではない)を考えたとき、築地は豊洲よりも圧倒的に危険と言える。何という事だろうか。築地は食の安全が守られていなかった。キケンなサカナだ。築地の魚介類を食べてはならない。見かけても手にとってはならない。怖いよぉ。

でも大丈夫!。築地の汚染魚介類は流通しない。

だってそうでしょう?、東京魚市場卸協同組合、東京中央市場労働組合、築地女将さん会らはみな「消費者ファースト」なのだから。直ちに営業自粛してくれるはず!。営業自粛しなければ、小池都知事や共産党都議も黙っていまい。だよね?。

東京魚市場卸協同組合 「・・・・・」
東京中央市場労働組合 「・・・・・」
築地女将さん会 「・・・・・」
小池都知事 「・・・・・」
共産党 「・・・・・」




朝日:築地市場30地点で基準超す有害物質 4.3倍の鉛など
http://www.asahi.com/articles/ASK5T575HK5TUTIL02J.html
 東京都は25日、築地市場の土壌汚染調査を市場内の111地点で実施した結果、30地点でヒ素や水銀など5種類の有害物質が土壌汚染対策法が定める基準を超す濃度で検出された、と発表した。
" 結果によると、30地点で検出されたのは同法の基準の最大4・3倍の鉛や同2・8倍のヒ素、同1・8倍の水銀など。調査結果は、小池百合子都知事による同市場の豊洲市場への移転を巡る判断に影響する可能性がある。
 築地市場では、2013年に1地点の土壌を調べたところ、環境基準の最大2・4倍のヒ素などが検出されたが、今回の調査で、有害物質による汚染がより広範囲に及んでいる可能性が出てきた。都は今後、土壌や地下水の汚染状況を詳しく把握するため、ボーリング調査を行う。結果は秋ごろまでに出る見通し。
 都は、築地市場の敷地には以前、クリーニング工場があったことなどから、汚染が疑われるとして、今回の調査を実施した。"





関連記事
スポンサーサイト
  1. 食品産業
  2. TB(0)
  3. CM(1)

コメント

引くに引けないフロント団体

まあ、日共のフロント団体は、多重加入、水増しで身動きとれません。

関係無いといいながら、党中央のロボット(笑)

しばらく眺めます。

赤い小池も緑の小池も、都議選で火傷しそうですね。
  1. 2017-05-30 03:47
  2. URL
  3. 永田町の雀 #HurUS3vk
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する