2017-06-08 20:49

言論弾圧するのはいつもサヨク、という話


no-risuは、新聞を買う場合に迷わず朝日新聞を選ぶ。朝日新聞の主義主張は到底受け入れられないが、自分と異なる意見だからこそ「知りたい」と思う。産経みたく、自分に近い新聞など読んでもツマラン。まあ、自分を肯定してくれるから気持ちよくはあるが。

言論サイト「ブロゴス」は、ブログ記事よりも記事に続く読者コメントを楽し場所だ。本文を書いた政治家や有識者より遥かに優れた論客も少なくない一方、気に入らない意見に対しえげつない罵詈雑言を吐いて回るパヨチン連中も同居しているのが面白い。

それらのコメントを眺めていると、あえて朝日新聞を購入するno-risuと同様の感性を持つ人が多いことに気がつく。

たとえば、ブロゴスには民進党も公式ブログを掲載しており、安倍内閣批判や自党を自画自賛したエントリを乱発している。当然、そのコメント欄にはアンチ民進党の論客が集い、民進党の間違った点・悪い点を指摘してボロクソにこき下ろしている。

もっとも、民進党に対する批判はちゃんと理由が明記されているケースがほとんどなので、批判ではなく事実上のアドバイス、ととることもできる。実際、民進党がコメント欄の意見どおりに改善すれば、支持率も急回復するだろうと思う。

面白いのが、民進党を批判する論客らは、批判する一方で、次のエントリを心待ちにしているフシがあることだ。彼らは、意見が異なるからといって民進党を排除せず、むしろ異なる意見だからこそ貪欲に求め、自分と異なる言論を楽しんでいる。

そして、そういう多様な言論を好む人々のほとんどが、テロ等準備法や特定秘密保護法など、サヨクの皆様が「言論を萎縮させる」、「多様な意見が消される」、「内心が処罰される」とヒステリックに批判する各種法案に賛成している。

「安倍政権及び支持者は言論の自由の敵」、「共謀罪」、「平成の治安維持法」と批判するパヨクの主張が正しいのであれば、これは興味深いねじれ現象だ。もっとも、正体はねじれでなくパヨクの現実無視が生み出した矛盾にすぎないのだが(笑)。

さて、一橋大で予定された、百田尚樹の講演会が中止に追い込まれた。百田氏を嫌う人々や団体が、学生や仲介業者に猛烈な嫌がらせを繰り返したからだ。「どこかの団体がイベントで暴れるかもねぇ、グヘヘ」、といったヤクザ的な恫喝までしていた。

結局、実行委員の学生は精神をボロボロにされ白旗を揚げた。この言論の自由に対する蛮行について、問題視したのは産経新聞だけ。リベラルメディアは総スルーだ。言論の自由など彼方に吹き飛び、「ネトウヨ百田ざまぁ!」と喜ぶ姿が目に浮かぶ。

言論の自由を声高に叫ぶ皆様は、いい加減に気がついた方が良い。自由を侵害しているのは自分達であることを。多様性を認めず、排他的で、差別的で、非民主的で独裁的な醜い人間性を。リベラルメディアが一橋事件を黙殺する現実を見ろ。

所詮、君らの主張する言論の自由とは、自分達に都合の良い言論のみの自由だ。それ以外の自由は認めず、積極的に攻撃し排除する。分かるか?、要するに君らの心は狭すぎるのだ。もっと心に余裕を持ち他人に寛容になりたまえ。

朝日・毎日・東京・赤旗あたりを愛読し、自己肯定感に満ちた巣に引きこもってないで、たまには産経新聞や読売新聞を購読するといい。これ、マジでおススメよ?。



産経:一橋大で予定された百田尚樹さんの講演会が中止に 百田さん怒りのツイート 「サヨク連中から凄まじい脅迫と圧力受けたらしい」
http://www.sankei.com/affairs/news/170604/afr1706040002-n1.html
" 一橋大の新入生歓迎会KODAIRA祭の実行委員会は3日までに10日に開催予定だった作家の百田尚樹さん(61)の講演会を中止すると発表した。実行委員会は中止理由を「KODAIRA祭の理念に沿うものでなくなってしまったこと」としているが、百田さんは3日、自身のツイッターで「聞くところによると、講演を企画した学生たちは、サヨクの連中から凄まじい脅迫と圧力を受け続けていたらしい。ノイローゼになった学生や、泣き出す女子学生までいたらしい」として、左派系団体から嫌がらせがあったと主張。「おぞましさに吐き気がする」と非難した。
 実行委も「本講演会を安全に実施するため、これまで幾重にも審議を重ね、厳重な警備体制を用意していました。しかし、それがあまりにも大きくなりすぎた」などと発表しており、外部からの脅迫などを示唆している。
 百田さんのツイートを受け、様々な人がツイートした。フリーアナウンサーの長谷川豊さん(41)は「学生さんたちには耐えられなかったことでしょう。かわいそうに。こんなの、戦前と何も変わらない」、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバートさん(65)は「表現の自由に対する不当な圧力。朝日、毎日、東京新聞、共同通信などは、講演中止の圧力をかけた勢力に対して最大級の抗議キャンペーンを展開しなければ、自分たちは左翼側のプロパガンダ機関だと自白したも同然です。まあ、読者を失うから無理でしょうが」と皮肉たっぷりに書き込んだ。"
" 評論家の石平太郎さん(55)も「言論弾圧をやっているのは(中略)『反権力』を旗印に自由と寛容を語る左翼たちだ。彼らの本性は習近平や金正恩とどう違うのか」と批判した。
 大学の学園祭などの講演会中止は昨年10月、早稲田大学で講演予定だった日本第一党党首の桜井誠さん(45)ら東京都知事選候補者のシンポジウムが中止となったことがある。
 一橋大のKODAIRA祭は10、11日に行われる予定だった。(WEB編集チーム)"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(7)

コメント

こんばんは。

毎日新聞の「<読売新聞>「・・・・バー」報道への批判 反論に疑問の声」という記事より。

> 服部孝章・立教大名誉教授(メディア法)は先月22日の報道については「加計学園を巡る文科省の内部文書の報道後に、スキャンダルで本質的な問題を薄めるような記事で、むしろ公共の関心事をゆがめている。問題の渦中ではどちらか一方に加担していると取られないように慎重になるべきだ。『・・・・系バー』報道は、前川氏に違法行為があったかのような印象を与える書き方をしているが、十分な裏付けが書かれていない。名誉毀損(きそん)が成立する可能性がある」と指摘する。(一部略)

政府に対する不利な記事、不利なコメントしか載せずに、明らかに「どちらか一方に加担して」いて、更に、安倍総理に「違法行為があったかのような印象を与える書き方をしている」毎日新聞がどの面下げてこんなコメントを載せられるのでしょう?
反安倍のコメントにも同様の傾向が見られますが、まさにどこかの国の「愛国無罪」と同様の精神構造なんでしょうか。安倍総理を批判するためなら何をしても許されると思っているのでしょうか?
  1. 2017-06-08 22:05
  2. URL
  3. kachikachi5120 #-
  4. 編集

まさか「出会い○バー」って言葉も不適切と判断されるとは思いませんでした(笑)
  1. 2017-06-08 22:06
  2. URL
  3. kachikachi5120 #-
  4. 編集

こんにちは。
結局日本の左翼と呼ばれる人たちは理念や主義、主張なんかなく権力という名の風車に対するただの反抗期なのでしょう。
言論の自由と叫ぶのも自分中心の言論を担保するため、多様性も自分たち少数意見を埋没させないため、平和、自由という単語は権力に反抗するための方便何なのでしょうね、だからダブルスタンダードでブーメランなのでしょう。
  1. 2017-06-08 23:11
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

To kachikachi5120さん

こんにちは。

FC2の禁止ワードは分かりにくいですね、長文だと何が引っかかったのか探すのに苦労することもしばしばです。

ご紹介いただいた毎日記事は私も反応しました。
まさしく抜粋された部分について、今夜は無理ですが明日あたりにエントリをアップする予定です。

>安倍総理を批判するためなら何をしても許されると思っているのでしょうか?

もちろんYESです。
彼らは認めないでしょうけど、間違いありませんね。現実的にそうしているのですから。
  1. 2017-06-09 16:04
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんにちは。

彼らに理念はありますよ、現実を見ないだけで。

要はガキなんですよ。自己中で頭の悪いガキ。自分が正しいと思い込み、疑問を抱かず、正しいことをするなら何をしても許されると思っているガキです。で、彼らはガキのくせにどんどん高齢化してますます醜悪になっています(笑)。
  1. 2017-06-09 16:08
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

社食の新聞を上から、産・毎・読・日・朝・東と並べ(朝と東は日の下に隠す)変えるのは私

 愚生、蔵書に「虎の門ファミリー」や「ザ・ボイスファミリー」の書籍が増え、「書棚の右傾化」が著しいです。

 愚生は「朝日」「東京」の論調に耐えられない?ので(職場で産経、読売、日経を含め、目を通してますが)「パヨク論調の確認」は「毎日」がベース。

 その「毎日」宅配は「14新版」という「13と14(最終版)」の中間版が、最寄りのコンビニはセブンが「14版」、ファミマとローソンが「13版」と所要15分で「3パターン」が手に入る環境。比べるとネタによっては論調の言い回しが微妙に変わっていたりします。
読売と朝日は共に14版(最終)のみ。

 その「毎日」、毎月26日には、「朝日」「東京」とは違い「WILL」と「Hanada」の広告が「しっかり」載ります。その日が集金日…両誌の広告代を払ってるみたいです(苦笑)事案によっては計3パターン版の入手に金使ってるし。こんな熱心な「毎日」読者いねーぞ!あーもったいない!W 

 しかし昔「女の躰」から情報取っていた「毎日」がどの面下げて…昔の新聞(一般紙)なんて基本「エログロ」でしたでしょうに。
 

 
  1. 2017-06-10 12:40
  2. URL
  3. RIHAD! #JmHcGUZQ
  4. 編集

Re: 社食の新聞を上から、産・毎・読・日・朝・東と並べ(朝と東は日の下に隠す)変えるのは私

こんばんは。

それはまた充実してますね、羨ましい。
本棚の右傾化がきになるなら、置き場所を左に寄せてはいかがでしょうか(笑)。

WILLなんてじっくり読みたいですよ、でも私にはその時間がない!。
毎日新聞は・・・ありゃ本当にしょうもないですね。
買う価値なし。
  1. 2017-06-10 19:01
  2. URL
  3. To RIHAD!さん #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する