2017-06-13 20:47

カモは反原発派?、東京電力の詐欺的新電力プラン(笑)


6月1日、東京電力が水力発電した電気だけを販売する新電気料金プラン「アクアエナジー100」の販売受付を開始した。通常の電気料金よりも1~2割ほど高いが、CO2を排出しないエコ電力を売りに、3万件の契約獲得を目指すそうだ。

東京新聞によると、東電の担当者は「消費者から『高くても再生可能エネルギーを使いたい』という意見が寄せられ、この価格であれば十分受け入れられると判断した」とのこと。東京電力は、「環境意識の高い人」をターゲットにしているわけだ。

しかし、その説明はウソとまでは言わないけれど、かなりの本音を隠しているのではあるまいか。東電を動かすほどだから、「高くても再生可能エネルギーを使いたい」と求めた「消費者」はかなり大勢いたと推察される。つまり組織的な声だ。

再生可能エネルギーを使いたい組織なんて、これはもう反原発団体しか考えられない。彼らはずっと「原発の電気は使いたくない」と主張している。東京電力は、反原発派の声に耳を傾け、「アクアエナジー100」を商品化したのだろう。

要は、「CO2を排出しないエコ電力」ではなく「放射能を排出しない非原発電力」、ターゲットは「環境意識の高い人」でなく「反原発派市民」が本当のところに違いない。

さて、新電力プランが面白いのはここからだ。

何と、東電は水力発電専用プランのために、発電の種類によって送電線を分けた、なんてことはしていない(当たり前)。したがって、アクアエナジー100を契約しても、実際の電気はほぼ火力発電した電気だ。ゆくゆくは原子力発電もミックスされる。

アクアエナジー100は、「水力発電された電気だけを使うプラン」ではなく、「使っている気持ちになれる」、「環境に優しいことしている気分になれる」というだけの自己満足用プランだ(笑)。割増料金は自己満足代なのである。

こんな詐欺的プランに誰が契約するか!(笑)と思うが、おそらく契約者は少なくない。実は、東電はこの事実を説明していない。公式webの商品説明にも、「発電の際にCO2 を排出しない水力発電のみの電力です」としか書かれていない。

だから、おバカな市民は「水力100%の電力」と信じて契約するだろう。もし、東電にちゃんと説明しない理由を問えば、「水力だけ送電設備を独立させるのは無理なんて常識、常識をわざわざ説明する必要がありますか?」等と言うかもしれない。

でも、それは建前で本音は違うだろう。

「本当のこと言ったら反原発派のカモが逃げちゃうじゃないですかwww」

これが本音に決まっている。とんでもない会社だな。

・・・まあ、no-risuは余裕で許すけどね!(笑)。構わんどんどんやれ。反原発派に積もる恨みもあろう、容赦なく搾取すればよろしい。ただし!。後でバレて問題になりかねないが、当然、その時の対応策まで考えているのだろうな?。




東電に「水力100%」プラン 料金は高め、燃料価格の影響受けず
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201706/CK2017060202000136.html
" 東京電力ホールディングスは一日、水力でつくった電気だけを販売する国内初の家庭向け電気料金プラン「アクアエナジー100」を発表し受け付けを始めた。同社の標準的なプランより一~二割高いが、二酸化炭素(CO2)を排出しない電力という環境への優しさを売りに三万件の契約獲得を目指す。
 料金は、例えば三十アンペアの契約で一カ月に二百六十キロワット時を使うと約九千円。標準プラン「スタンダードS」の約八千二百円より一割ほど高い。東電の担当者は「消費者から『高くても再生可能エネルギーを使いたい』という意見が寄せられ、これぐらいの価格であれば十分受け入れられると判断した」と言う。
 一方で、原油価格の上昇や円安が進んだ場合は「アクアエナジー100」のほうが安くなる可能性もある。一般的な料金プランと違い、火力でつくった電力を販売しないため、燃料費の影響を受けないからだ。"
" 東電は水力発電所を百六十三カ所保有しており、毎年、おおむね百億キロワット時超を発電。このうち一億キロワット時分を「アクアエナジー100」の契約者に割り当てる。
 今後は、ホームページで水力での発電量と同プランの契約世帯への販売量を毎月公表する。実際は発電の種類によって送電線は分かれていないが、この情報開示で「水力100%」の電気を送っていることを担保する。
 申し込みはホームページかフリーダイヤル=0120(995)333。
 法人向けにも三月から「アクアプレミアム」を販売しており、三億キロワット時の水力発電を割り当て。ソニーなどが契約している。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー
ジャンル:政治・経済

  1. 反原発
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

こんばんは。

今回の東電の販売以前に、(100%再エネ電力である)メガソーラーと契約した消費者がいるようですが、送電網に乗ってしまえばベストミックスな電気なわけで。
自分の家の屋根のソーラーのみを使うのならともかく、再エネ賦課金制度などちょっと考えればわかりそうなものですが、物事を色眼鏡を通してみる方々にはわからないようで。
  1. 2017-06-13 21:14
  2. URL
  3. koguma #-
  4. 編集

反原発脳

残念ですが、反原発脳は『高くても再生可能エネルギーを使いたい』と言いますけど、水力発電が高ければ自分達は契約しないのです。
彼らの脳と言うのは「~だから~」という論理性が無いので、非連続で良い所だけを摘まむ都合が良い思考、悪く言うと狡猾さが特徴です。でないと脱原発なぞは主張できません。
契約するのは正直で無知な善良な人だけですので腹が立つのです。
  1. 2017-06-13 22:39
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

こんにちは。
彼らは原子力発電は高コストと信じ込んでいるので安いはずの再生可能エネルギーに割増料金を払えない、東電の嘘つきガーやマスコミによるムリクリ検証で水力発電は高くない!とかの記事を出すと予測。
  1. 2017-06-14 08:16
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

To kogumaさん

こんばんは。

メガソーラーは問題続出ですね。
過渡期の問題ならいずれ解決していくでしょうけど、なかなかそれだけではなさそうな感じです。

契約するにしても、もっと業者が取捨選別され、飛びついた市民が犠牲を払ってから、ゆうゆうと契約するのが良さそうですね(笑)。
  1. 2017-06-14 20:25
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To トラウマさん

こんばんは。

その通りかもしれません。本物の反原発派は自己中なので、割高な電気料金と言う不利益は拒否しそうな気もします。

それを織り込み済みなら東電はクソですね。まあ、こんなものに騙される人に私は同情しませんけど。社会勉強の授業料ですし、馬鹿と善良は別物だと私は思います。
  1. 2017-06-14 20:28
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

たぶんですが、マスゴミはこのからくりについては気が付いても無視すると思います。
原発推進派も反対派も、東電の詐欺的プランを騒ぎ立てるメリットが無さそうですからね。

むしろ、騙されて割高料金を払ってくれた方が色々都合がよさそうで(笑)。
  1. 2017-06-14 20:32
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

だって

御返事有難うございます。
だって、東京でグリーン電力を使うといっても、内実は川崎のガス発電所の電気が流れてくるんでしょ。青森の風力電力が流れてくるはずないのは字が読めれば解る知識ですよね。新橋のすし屋で大間のマグロの料金を払い、三崎のマグロのを食べる様なもんですよね。大間ではマグロが消費しきれないから料金は貰って犬にくれてやってる状態になる。(味は同じで価格だけの話)
反原発はこの様な事を「人にやれと言うだけ」だから腹が立つんです。バカ・詐欺師と軽蔑して侮蔑しても許される、当たり前でしょ!。
東電は詐欺師的な事をむりくりやらされて気の毒だとも思えます。
  1. 2017-06-15 07:50
  2. URL
  3. トラウマ #RWLNmTs6
  4. 編集

To トラウマさん

こんばんは。

彼らは基本的に自己中ですからね(笑)。

>新橋のすし屋で大間のマグロの料金を払い、三崎のマグロのを食べる様なもんですよね

鮨屋で「お任せ握り10かん」のランチ頼んで、1かんだけ大間のマグロ握りが入ってて、でもお会計は大間のマグロ×10かん、といったイメージかと。

ところで、なぜに「新橋」なのかと。新橋、私も好きな街ではありますが。
  1. 2017-06-15 20:01
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する