2017-07-10 20:43

これで何回目?、東京新聞がプロ市民を一般市民に偽装して安倍批判


2015年2月28日、東京新聞は原発に反対する「市民(女性)」の声を掲載した。「東電は汚染水が海に漏れていたことを隠してきた。人の健康に直結する情報なのに、公表不要と判断したことに憤りを感じる」と述べていた。(「たんぽぽ舎からTMM:No2420」、より)

2015年4月27日には、世田谷区長選で反原発を掲げる保坂に投票した「市民(女性)」の声を掲載した。「脱原発の意思表示は大変だと思うが頑張ってほしい」等と述べていた。(東京新聞「つないだ原発NO 保坂さん決意新た 世田谷区長再選:2015年4月27日」、より)

そして2017年7月10日、新宿で行われた反共謀罪デモに参加した「市民(女性)」の声を掲載した。彼女は、「『こんな人たち』発言で安倍さんには愛想が尽きた。『こんな人たち』なりの意思表示の気持ちで参加した」等と述べていた。(当該記事はエントリ下部参照)

実は、上記の「市民(女性)」は3人とも同一人物だ。世田谷区の会社員「鷹浜美春(56)」である。おそらく、他にも掲載された記事はあるだろう。こんな偶然はありえず、鷹浜と東京新聞は明らかに懇意の関係にある。お友達であり、御用プロ市民だ。

7月10日の記事を読めば、あたかも「安倍総理を支持してきた一般市民がついに安倍総理を見限った」との印象を受ける。しかし、鷹浜は最初から筋金入りの反アベプロ市民だ。反アベプロ市民と東京新聞による卑劣な印象操作、もはや犯罪ではなかろうか。

同記事には、他にも「市民」が複数登場する。が、どいつもこいつも香ばしい奴ばっかだ。

たとえば、「政府は共謀罪の説明をはぐらかしてばかり、どこが国民に誠実か」と憤慨していた世田谷区でアルバイトしている「末武あすなろ(32)」。こいつは劇団わらび座メンバーだ。わらび座は、共産党の文化工作隊を源流とするアカ団体だ。

また、「最低賃金ギリギリの給与。アベノミクスの恩恵は届いていない」と批判した、茨城県牛久市の介護職員「森川暁夫(47)」は、在日朝鮮人の人権を守る川崎の反ヘイト活動wに取り組む差別的排他主義者である。

他に、「子供のために世の中を変えてほしい」と訴える世田谷区の団体職員「関文(あや)(43)」とやらが登場していた。詳しくは覚えていないが、名前には見覚えがある。no-risuが覚えている「市民」など、ろくな理由じゃないに決まっている。

言うまでも無く、同記事に「安倍自民を肯定する市民の声」は紹介されていない。東京新聞だけではないが、サヨクメディアによるこの手の世論誘導は卑劣極まりない。公平公正と対極の偏向と捏造であり、マスコミがマスゴミと呼ばれ軽蔑される所以である。

何が「共謀罪施行でも沈黙しない!」だ。性根の汚らしい嘘つき共め、どうせ沈黙する気も萎縮する気もなかったくせに被害者面するなカス。




東京:あす「共謀罪」法施行 でも、沈黙しない
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201707/CK2017071002000111.html
" 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の施行が目前に迫った。東京都内では九日、成立を強行した安倍政権に怒りの声をぶつけようと多くの市民が練り歩き、学者らも集会で法の欠陥を指摘。立場を超えた抗議の声が、猛暑の都心に響いた。 (小松田健一、中沢誠)
 「政府の共謀罪の説明は、はぐらかしてばっかり。なぜ必要なのか分からない。なのに、もう十一日には施行される。どこが国民に誠実なのか」。新宿区内では安倍晋三内閣の退陣を求めるデモ行進があり、参加したアルバイトの末武あすなろさん(32)=東京都世田谷区=はこう憤った。
 約八千人(実行委員会発表)の参加者は、新宿中央公園から新宿駅東口までを練り歩き、「共謀罪」廃止や改憲反対などを訴えた。「加計(かけ)問題うやむやにするな」などのメッセージを記したプラカードを掲げたり、ドラムや鈴の音に合わせてシュプレヒコールを上げたりする人もいた。
 世田谷区の会社員鷹浜美春さん(56)は、安倍首相が都議選の応援演説で「こんな人たち」と発言したことに触れ「安倍さんには愛想が尽きた。『こんな人たち』なりの意思表示の気持ちで参加した」と力を込めた。
 茨城県牛久市の介護職員森川暁夫(あきお)さん(47)は「最低賃金ギリギリの給与。アベノミクスの恩恵は届いていない」と批判。三歳の長女の保育先探しに苦労した経験を持つ世田谷区の団体職員関文(あや)さん(43)は「子どものためにいい世の中に変えてほしい」と訴えた。"





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ
ジャンル:政治・経済

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

プロ市民は原文を読まない

ちょっと脱線しますが、プロ市民は原文も読まず、イメージで騒ぎ立てる、また子供を使う、国民ではなく市民大好き、私は区民なんで無視か?
ただ最近は、Google先生に聞くと正体がわかりますが、なんでしょうか? まあプロ市民も人材がいない、新聞社も人材がいない、お互い利害関係が一致するのでしょう。


http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/
  1. 2017-07-11 01:37
  2. URL
  3. 永田町の雀 #HurUS3vk
  4. 編集

こんにちは。
昔朝日新聞を購読していたころ読者欄に76歳(だったかな)の女性の投書で
満州から帰ってきた叔父の話として
ネットで拡散している日本刀での千人切りの話と全く同じ記述の投稿がありました、おまけに年月や場所もはっきりと覚えていたらしくもっともらしく書き添えていました、文体もしっかりとしており高齢の女性とは思えない投稿でした。
ネットで事前に内容を知っていたので噴飯ものでしたがネット上の噂話を紹介するならいざ知らず自分の身内の実話として投稿すること、あえてそれを紙面に取り上げる朝日新聞にあきれ返りました。
恐らく自分たちに都合の良い、自分たちを代弁する声のみ取り上げているものと思われます、もしかして捏造もありうるのかな?
世論を操作、捏造し、世論を大義名分にする朝日の体質がよくわかりました。
  1. 2017-07-11 08:13
  2. URL
  3. kazusa #-
  4. 編集

To 永田町の雀さん

こんばんは。

プロ市民の特徴は仰る通りですね。

プロ市民とクソリベメディアは利害関係が一致する、それは間違いないし、それだけなら何も問題ない。

問題なのは、その親密な関係を隠すことなんですよね。

  1. 2017-07-11 20:14
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

To kazusaさん

こんばんは。

76歳なら色んな可能性が考えられますね。

好意的に推察すれば、朝日新聞を読んでいるうちに、記事の内容を実体験と勘違いしてしまい、投書にいたった、なんて可能性も考えられます。もちろん、捏造や仕込みも現実的な可能性だと思います。

まあ、朝日新聞やその信者らについて好意的に解釈するのは、良心の無駄遣いのような気もしますね(笑)。
  1. 2017-07-11 20:18
  2. URL
  3. no-risu #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する